ギー(GHEE)はここのところ無塩バターを使って手作りしていたんですけど、ちょうど使い切ったタイミングで、ワタンで『ベジタブルギー』を見つけたので買ってみました。

カレー大好きナホです。

ちなみに以前ギーを手作りした時のブログはこちら。

ギーを手作りしてみました

今回購入したのは、ASEEL(アシール)というブランドのベジタブルギー。

こちらのベジタブルギーの原材料はパーム油と大豆油とのこと。原産国はアラブ首長国連邦だって。原産国でなかなか見ることのない国名だな…。100gあたりのカロリーはなんと880kcal!!脂質10g、たんぱく質、炭水化物、食塩相当量はいずれも0g。いつもギーを作るときに使っている雪印北海道バターは100gあたり750kcalなので、それよりもカロリーは高いのか……まじかよ……笑 でも油ってそんなもんだよね。うちにあるマスタードオイルは100gあたり900kcalだもんね。1番初めにカロリー表記見たときにひっくり返りそうになったよね。

こちらは先ほどの反対側。黒い文字の部分はVEGETBLE GHEEのアラビア語?なのかなと思って、Google翻訳アプリのカメラでスキャンしてみたら、こんな感じに訳してくれました。

通常のギーは牛乳や水牛の乳からできているからバターで、ベジタブルギーは油から出来ているからマーガリンってことか。なるほど。わかりやすいわね。乳から出来ているギーだとベジタリアンやヴィーガンの人は食べられないけど、ベジタブルギーだったらOKということね。

蓋を開けて香りを嗅いでみたら、普通のギーと全然変わらない感じ。さすがにそのまま味見をすることはしないので、次回ビリヤニを作るときに使ってみよう。

そういえば少し前に『バターコーヒー』って流行りましたよね。ギーとMCTオイルを入れるというやつ。わたしも作って飲んではみたものの、あんまり好きじゃなかったなー。笑 ということで1回で終了したよ……ちーん。

実は普段マーガリンというものを使わないわたし。家にももちろんありません。食パン自体をほとんど食べないっていうこともあるんですが。ベジタブルギーも要するにマーガリンでしょ。購入したからこちらはまずは使ってみるけど、あまり好みじゃなかったらいつものように無塩バターでまた手作りしようと思います。

って味の違いがわかるのかどうかってとこだけどね。笑笑

धन्यवाद।

The following two tabs change content below.
NAHO WATANABE

NAHO WATANABE

代表取締役株式会社STYLEZ
セレクトショップで13年間勤務後、スカーフストールスタイリスト®として、スカーフを広める活動を行っています。その他、ショップのコーディネートや広報担当、ビジネススクールの非常勤講師なども行っています。