最近あまりにもカレーを作って食べていることが多いからか、『カレー屋さんをやらないの?』と言われることが多いナホです。笑

カレー屋さん…。憧れはありますけどね、今のわたしはひとつの場所に留まることを求めていないというか、もっと違う形で何かしたいなぁという漠然とした想いがあるのです。

言葉にするのは難しい。でも言葉で表せないとダメだとも思うんだよね。カレーを中心としたコミュニティがあったらいいなぁと感じていて。カレーを介して色んな人と繋がれる空間。カレーを作るのは、そのコミュニティの誰か。誰かが作って、カレー好きの人たちが食べる。作りたい人が作って食べたい人が食べる。そんな感じ。

そして、わたしはお肉のカレーをあまり作らないというのもあるので、野菜を中心としたカレーを作って食べられるみたいな。

6curryの存在を知ったとき『こういうのすごくいいなぁ』って思いましたよね。うん、6curryみたいな感じのことを札幌でできたら楽しいんじゃない?

<6curryについてはこちら>

6curryのホームページの中にある『食材やお酒をおすそ分けしたり、アイデアを持ち寄って新カレーを開発したり、得意なことを活かしてイベントを企画したり。みんなで作っていくことで、もっと楽しい、もっと心地のいい、一人一人の居場所になっていく』というのがいいなぁって思って。

わたしは色んなカレーを食べてみたいので自分で作るのだけれど、食べ切るのに数日かかってしまうという悩みがあるんですよね…。(最近は食べてくれる方を見つけたので若干悩みはなくなりましたが)こういう悩みを抱えている人は実は多いんじゃないかとも思ってて。自分で作ったカレーって、2食も食べると満足してもうそれ以上はいらないというか飽きちゃうというか…。

結局は誰かが作ってくれたものを食べるのは一番いいんだよね。

わかるーーー!!

いつかこのカレー作りとカレー食べ歩きの日々をいい感じにアウトプットしたいなとは考えてますよ。何かいいアイデアがある方、教えてください。笑

最後に、先日久々に食べてやっぱり好きだわと思った村上カレー店プルプルさんのカレー写真を貼っておきますね。

こちらは『まめ・野菜カレー』。わたしが思うにあまり注文する人はいないんじゃない?かと。というのも、先日行ったとき、わたしが訪問した直後の方々の注文を聞いていたけれど(カウンターに座っているとわかってしまうというのもあるけれど…)、誰も同じものを注文しなかったよね。豆好きにはたまらないと思うんだけどなーーー!

カレーはベジ派。でもねこればっかりは好みだから。強要はしませんよ。

Grazie♡

The following two tabs change content below.
NAHO WATANABE

NAHO WATANABE

代表取締役株式会社STYLEZ
セレクトショップで13年間勤務後、スカーフストールスタイリスト®として、スカーフを広める活動を行っています。その他、ショップのコーディネートや広報担当、ビジネススクールの非常勤講師なども行っています。