STYLEZ ナホのブログ☆

ナホが毎日楽しく過ごす方法をお届けします♡♡♡

カテゴリー: スパイス Page 1 of 5

毎日飲みたくなるラッサム

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

ラッサムって作ったことなかったかも

先日行ってきたナイル善己さんの南インドのカレー教室。作った4品はどれもとても美味しかったのですが、ラッサムの材料が家に全て揃ってるということに気づいたので作ることにしました。

今週はバタバタしててほとんど料理してなくて(料理教室でしたくらいかも…)、しかもちょっと疲れ気味だし、スパイスを欲してるみたい。月曜日から昨日までで4食カレー食べました。あ、なんか風邪ひきそうかも…と思った時はとにかくカレーを食べます。カレーを食べまくって風邪を撃退するのです。笑

ラッサムといえばタマリンド。一番初めにタマリンドを使って作ったのは手羽中のタマリンド煮だったなぁ。その後にパッタイを作ったら結構美味しく出来て数回作りました。豆のカレーと魚のカレーを作ったときにも入れてみたけど、改めて振り返ってみたらラッサムって自分で作ったことないかも…!

ミールスには必ずついてくるものだから、食べる機会は多いのだけれど、家ではミールス作らないからなぁ。ラッサムを作るならサンバルも作って、ポリヤルとかサブジとかも…って考えるけど、そんなにたくさん作ったところで食べ切るのが大変なんだな、これが。

ということで今回作るのはラッサムオンリーですよ。

トゥールダルがたくさん入っているラッサム

ミールスのなかでわたしが好きなものはラッサムとサンバル。お肉のカレーはなくても全然よくって、ラッサムとサンバルに、スパイスのおかずが2~3種類とバスマティライスとパパドがあったらそれで十分(というかかなり贅沢ー!)。

今回、ナイル善己さんの料理教室で習ってきたラッサムにはトゥールダルがたくさん使われてまして、おお!って思いました。わたしの知っているラッサムは、トゥールダルを茹でた時の汁を使うものだったので、トゥールダルそのものが入っているということは、絶対わたしの好きな味だーって思いましたね。

トゥールダル、好きなんですよねーといいつつ、豆全般好きなのでムングダールもチャナダルも美味しくて好きなんですが。

ローストしたスパイスの香りはとてもいいですよね。はー、しあわせ♡

トゥールダルの香りもたまらなく好き。香りって大事ですよね。香りって印象に残りますしね。

久々に家でタマリンドを使ったー!うんうん、この酸っぱい味がたまらんー!

なんか一瞬ボーっとしてたみたいでお水を入れるのを忘れてました。あぶなーーー。笑

カレーリーフを入れた瞬間跳ねすぎてビックリしました…。冷凍しているのでしょうがないんだけどね。

パクチーが入ったらだいたい美味しそうに見えるよね。

ということで完成だよーーー!

ラッサムのみを食しました。笑 4人前を作ったのですが、一気に半分食べちゃいましたね。今のわたしの体調にすごく合ってるみたい…!タマリンドとトマトの酸味がいいのかな。スパイスは好きだけど、辛すぎるものは苦手なので、赤唐辛子、青唐辛子、カイエンヌペッパーの量は若干減らして作ってちょうどいい感じでしたね。

これは毎日飲みたくなるけど、毎日作るのはなかなか大変かもなぁ。トゥールダルを茹でるのに30分以上はかかるしね。でも、色んなバリエーションのラッサムは作ってみたくなりました。トマトラッサムとかね。

久々に家でカレー作ったけど、やっぱり楽しいな。ついでにスパイスの整理もしてみたら、使いたいものがたくさんあったので、時間の許す限りスパイス料理をつくりたいな。

では、では。

Grazie♡

これから有名になるに違いない間借りカレー

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

naocoyaさんのカレー

間借りカレー、札幌でも増えてきましたような気がします(とは言っても、あまり行ったことないですけど…)。予約が必要だったり、数量限定のことも多いから特別感がありますよねー。ずっと行きたいと思っている、とある間借りカレーがあるんですけど、なかなかタイミングが合わなくて行けないままなんだよなぁ…。運とタイミングって重要。だからこそ、タイミングがバッチリ合ったときのうれしさったらたまらない。

桃子さんのお店『占い酒場パーム』を利用しての間借りカレー『naocoya』さん。naocoyaの久保さんは、普段は『Fortuna』さんというお洋服屋さんで働いているのですが、現地で習ってきた南インドやスリランカのスパイス料理のケータリングも行っている方なんです。

その『naocoya』さんのスリランカのスパイスごはんを食べに行ってきましたよ…!

以前に1度、『光の庭』のイベントでテイクアウトで販売されていたカレーをいただいたことがあるのですが、それがとても美味しかったのでまた食べたいと思っていたんです。

ちなみにその時のカレーはこんな感じ。

外で食べたんだった…!お天気も良くてサイコーでした。

ペロッと食べちゃって、もうひとつ買えばよかったって思いましたもん。

占い酒場パームさんでのnaocoyaさんの間借りカレーは今回で3回目。1回目と2回目は、既に別の予定が入ってしまっていて行くことが出来なかったんです…( ;∀;)

View this post on Instagram

今週の木曜日は🙋🏻‍♂️ スリランカのスパイスごはん naocoya vol.3 10.17. 18:00~ スリランカプレート 1300円(税別) +1 drink order ※数量限定 ※予約可 ※テイクアウト可 ※手相鑑定お休み 数量限定ですので、なくなり次第終了します⚠️ご希望の方は是非ご予約を!今回のメインはスルメイカのカレーを予定しております🦑※変更になる可能性があります。 #スリランカカレー #スリランカ料理 #スリランカプレート #カレー #カレープレート #札幌カレー #札幌カレー部 #札幌カレー巡り #naocoya #カレーあいがけ #カレー混ぜ混ぜが旨い #カレー大好き #🍛

A post shared by パーム桃子 (@noda_momoko) on

桃子さんの投稿を見ていたのですが、たまたまイベント前日に桃子さんのカレーを食べに行き(占い酒場パームさんでは桃子さんのカレーが食べられるのです)、そういえば明日イベントだよね!!ということで予約して無事に食べることができたのでした。

スパイスカレーには白ワイン派

入口のドアを開ける前からワクワク。

あー、わたしカレーとかスパイスとかホント好きなんだなぁって思う。だって、前日のお昼に南インドのカレー教室に行ってカレー食べて、夜は桃子さんのカレーを食べに行って、そして翌日の夜にはスリランカカレーを食べに来てる。もっと家が、今週頭にはミールス食べたなぁ…。かなりカレー漬けの週になってる。笑

白ワインを飲みながら待ちました。カレーには白ワインを合わせるのが好きです。というのも、わたし普段はあまりお肉が入っているものを選ばないからということもあるんですけどね。スパイスごはんと白ワインってすごく合うので試してみてー!

今回のメニューはこちら。

スリランカの料理名って名前だけ見るとわからないものが多かったで、なんとなくイメージして待ってました。

そしてやってきましたー!naocoyaのスリランカのスパイスごはん。

いやーーーん♡めちゃ美味しそう♡メニュー表と見比べながら、なるほどーと思いながらまずは一品一品の味を堪能しました。最後には、全て混ぜ混ぜして食べましたよ。単品で食べるのと混ぜて食べるのとで、味の変化があって楽しいんですよね。

スルメイカのポラタは初めて食べたけど、イカの出汁がすごく美味しかったし、豆好きのわたしはパリップというレンズ豆のカレーが一番好きな味でした。でもね、どれもとても好きな味だった…!

動画も撮っておきました。

動画観てたら、また食べたくなってきたよー。

占い酒場パームでの間借りカレーは、月に1度くらい不定期開催してるみたい。ぜひたくさんの人に食べてもらいたいなぁ。ホント美味しいから。まだまだスパイス料理を食べたことないという人もいると思うから、この機会に知ってほしいー!スパイスごはんが美味しいということをね。

次回の開催日は、桃子さんのインスタ等で告知されると思うのでチェックですよ♡

<パーム桃子さんのInstagram>

<パーム桃子さんのTwitter>

そして、今回の『naocoya』こと久保さんのインスタはこちら。

<久保さんのInstagram>

naocoyaの間借りカレー、これから札幌でもっともっと有名になること間違いなし!!と思っております♡毎回メニューが違うから、開催されるたびに行きたくなっちゃいますよね。帰り際に、久保さんと写真を撮ってもらいました。

久保さーん、ごちそうさまでしたーーー!!

では、では。

Grazie♡

ナイル善己さんの南インドのカレー教室

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

ナイル善己さんに会えたよーーー!

自宅で南インドのカレーを作るときに参考にしているレシピ本が何冊かあるのですが、そのうちの1冊はナイル善己さんの『やさしいインド料理』なんです。この中から色々作りましたね。基本的には南インドが好きだけど、北インドだとチャナマサラが好きなので一番作っているかもしれない。

そのナイル善己さんのカレー教室が札幌で開かれるというのをたまたま北海道新聞で知りまして。ソッコーで申し込みしました。どうやらこちらは毎年行っていて、今年て8回目なんですって。知らんかったわ…。

らっきょのイデゴウさんのMCで始まった今回の南インドのカレー教室。料理教室というものに参加するのは1年振りくらいかな。ちなみにわたしはカレー教室しか行ったことないけどね。笑

まずはナイルさんがインドの地図を書いて説明を。

この天井にある鏡いいなぁ。あまりこういう場所に来たことがないから、すごい画期的なシステムだ!!とひとり感動しておりました…。

今回はポークビンダルー、ラッサム、ニンジンのトーレン、フィッシュフライ、バスマティライスの5品を作りました(バスマティライスは炊くだけだけど)。

まずはナイルさんがデモンストレーションで作るので、それを見てからテーブルごとに分かれて各卓のメンバーで同じものを作っていくというスタイル。一人で参加していたわたしは、知らない方々との共同作業です!(ドキドキ)

ナイルさんのデモンストレーションはかぶりつき席でじっくりと見させていただきましたよー!イデゴウさんがお手伝いですよ、なんと豪華なんでしょう…!それから、ナイルさんがとてもお茶目でかわいらしかった!!

ラッサムに入れる青唐辛子を縦に切ってうれしそうに広げているナイルさん。笑

タマリンドとお水の分量っていつもかなり迷う所ではあったのだけれど、今日正解がわかったような気がします…。

タマリンドはいつもザルで濾していたんだけど、手でもみほぐして直接鍋に入れる方法を次回はやってみよう。こっちの方がおいしそうだもんね。

お二人がいい表情をしていたので、こちらの写真は採用で。笑

イデさんが炒めているのはポークビンダルーのホールスパイスと玉ねぎとトマト。パウダースパイスをいれたところをこちらに見せてくれました。

ナイルさんはラッサムのテンパリングを。今日のカレーリーフは、ナイルさんが自宅で育てているものを持ってきてくださったそう。テンパリングってホントいい香りがするから大好き。

そうそう、これこれ。でかいタピオカでもブルーベリーでもなくって、カレーリーフの種なんですってーーー。初めて見た!!欲しい人にひとつずつくださるとのことだったのでいただいてきました。ちゃんと育つかなぁ。これはまた改めてブログに書かねばね。

フィッシュフライの魚はイワシが台風の影響で市場に出回っていなく、アジになりました。お二人仲良くスパイスをアジに塗り付けています。

たっぷりの油で揚げ焼きみたいな感じかな。

いい色だ…!!

あとはニンジンのトーレンと、バスマティライスが出来上がってたら盛り付けて実食!!

わたしたちが各自グループで作っている間に、ナイルさんが作ったものがステキに盛り付けられていました。

やっぱりターコイズブルーのお皿に映えるね!!ステキ♡

力を合わせて自分たちの分を作っていきます

今回は、スパイスをグループごとに測って持って行くというスタイルでした。事前に準備しておくと、間違えて入れてしまう方が多いみたい。スパイスが並んでいるのを見ると、ワクワクするんだよなぁ。

わたしたちのテーブルは4人で、力を合わせて作りました…!結構、いっぱいいっぱいだったので写真を撮る暇なんてなかったー。他のテーブルの方よりも若干遅れ気味だったので、最後焦ったけどなんとか間に合いましたー。

バスマティライスがかなり少なめなのがわたしのです。好きだけどたくさん食べられないのよね。笑 ニンジンの切り方が大きいのが気になるかもですが、みんなで力を合わせて作っているということでお察しください。笑

どれが一番好きかと言われたら、やっぱりラッサムですね。ラッサム、すごく美味しかった…(もっと食べたかった…)。トゥールダルの使い方も、今までとちょっと違う感じだったので、すぐにでも家で作ってみたくなりました。

あとは塩!塩ですよ!塩をちゃんと入れよう。でも、入れ過ぎちゃうと後戻りできないから、慎重にね。ふむふむ。

サインをもらえるチャンスだったのに、本を忘れてくるなんて…。わたしのバカバカ―――!!

最後はナイルさんとイデさんと3人で撮ってもらいました。エプロン外さなければよかったー!ありがとうございました!!

ナイルさんと行くインドツアーがすごく気になったのですが、日程がダメでした…(残念…)。いつかインドに行きたい。

ホントに楽しすぎた4時間でした。来月はチャンドリカさんのスリランカカレー教室。こちらも楽しみです♡

では、では。

Grazie♡

衝撃的なリースに出合った!!

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

まさかシナモンスティックが…

スパイス大好きなわたしですが、スパイスを食べること以外にはあまり使ったことがないんですよね。スパイスは食べるものじゃん!!という固定観念があるのかもしれません。

今はシナモンとカシアの違いを色々と試したくて、色んなお店のシナモンとカシアを買いあさっていまして。お家にシナモンがあふれてます…。

お店レベルです。笑

シナモンの効能などを手持ちの本などで調べているんですけどね、シナモンについて書かれている興味深いサイトがありました。

<13 Household Uses for Cinnamon(英語サイト)>

英語のサイトなんですけど、今はGoogle先生にお任せすれば読めますからね。便利な時代になったものです…。

何といっても、このサイトのトップ画像にすっかり心を奪われました。

すごいーーー!!シナモンリース!!シナモンをこんな風に使うなんて考えたことなかった…。作りたいー!って思いましたね。

シナモンってリースによく使われるのかな?と思ってググってみたら、たくさん出てきましたわ!リースなんて自分で作ったことないからなぁ。

好みか好みじゃないかとは別として、中にはステキだなぁというものもありました。でもあまりごちゃごちゃと盛り盛りにするよりは、潔くシンプルに、一番初めの画像のようなものがとてもいいなぁって思います。(リボンはもっとシックなものにしたいけどね)

先ほどリンクを貼り付けた英語のサイトでは、『13種類のシナモンの使い方』が紹介されていました。飲食以外の用途もいくつかありましたよ。

Household Uses for Cinnamon
Scent of the Season: In a reusable squirt bottle, combine water with a few drops of cinnamon essential oil. Spray in any room to eliminate odor.

(引用:https://www.motherearthliving.com/healthy-home/green-living/household-uses-for-cinnamon-zm0z14ndzhou#ixzz3GO7oet4A

以下Google先生の訳。

シナモンの家庭用
季節の香り:再利用可能な噴出ボトルで、水と数滴のシナモンエッセンシャルオイルを組み合わせます。あらゆる部屋にスプレーして、臭いを取り除きます。

あ、これはシナモンのエッセンシャツオイルがないとダメか。

Massage Magic: This lightly scented oil can aid in a relaxing massage. Combine 1⁄2 cup almond or sesame oil, 1⁄2 teaspoon ground cinnamon and 1⁄2 teaspoon pure vanilla extract in a clean container. Shake oil gently before using. You can use it as a bath oil, as well.

(引用:https://www.motherearthliving.com/healthy-home/green-living/household-uses-for-cinnamon-zm0z14ndzhou#ixzz3GO7oet4A

以下Google先生の訳。

マッサージマジック:この香りの良いオイルは、リラックスマッサージに役立ちます。アーモンドまたはゴマ油1⁄2カップ、小さじ1杯の挽いたシナモン、および小さじ1杯の純粋なバニラ抽出物をきれいな容器に入れます。使用前にオイルを軽く振ってください。バスオイルとしても使用できます。

Google先生の訳って、どんどん進化していってるなぁ。割とスムーズは日本語。意味が通じる…!これはバニラ抽出物が手に入るかどうかだな…。

Cassia Cleaner: To make a wintry-scented all-purpose cleaner, in a large reusable spray bottle combine 1-1⁄2 cups vinegar, 1-1⁄2 cups water and 30 drops cinnamon essential oil.

(引用:https://www.motherearthliving.com/healthy-home/green-living/household-uses-for-cinnamon-zm0z14ndzhou#ixzz3GO7oet4A

以下Google先生の訳。

カッシアクリーナー:冬の香りの汎用クリーナーを作るには、大きな再利用可能なスプレーボトルに、酢1〜2カップ、水1〜2カップ、シナモンエッセンシャルオイル30滴を混ぜます。

あ……これもシナモンエッセンシャルオイルが必要だわ!!

シナモンスティックを活用するにはシナモンリースを作るか、わたしもたまに作っているシナモンティーを飲むのがいいみたいだな、きっと。そのシナモンティーについても、こちらのサイトで紹介されていました。

シナモンにはカテキンが含まれているので、吐き気を和らげる効果があるみたい。但し、妊娠中は飲んだらダメですってーーー!!さらに、シナモンには認知機能と記憶力を高めるのに役立つ可能性があるとのこと。

テスト勉強や新しい言語の語彙を磨くときは、鼻の下でシナモンのエッセンシャルオイルを振るか、脳の活性化のためにシナモンティーを飲むといいらしい…。脳の活性化のために、シナモンティーを飲みながらシナモンスティックを使ったシナモンリースでも作ってみるかな。

では、では。

Grazie♡

カルダモンレモネードを作ってみた

Ciao!!

すっかりスパイス漬けになっているナホです☆

スパイスの女王『カルダモン』

スパイスカレー作るときとチャイを作るときにカルダモンがなくちゃ始まらない。一度ホールのカルダモンを購入したら、そんなに簡単にはなくならないので『あっ、カルダモン切らしてる!!』って焦ったことは一度もないよね。

カルダモン、としか表記ないものはグリーンカルダモンのこと。ふっくらと丸みのあるものを選ぶとよいそう。カルダモンにはブラウンカルダモンというものもあって、グリーンカルダモンの3倍以上の大きさがあるんですよー!!でかーーー。

カルダモンの清涼感のある香りはクセになるんだよなぁ。たまにカルダモンが入っているケースの蓋を開けて、カルダモンの香りを嗅いでます。古代ギリシャや古代ローマでは香水や消化薬として使われていただけあって、あの香りはたまにたくさん吸い込みたくなる。笑

世界最古のスパイスのひとつで、高価なものなんですよね。その価値と上品な風味から『スパイスの女王』と呼ばれています。たしかに、上品なあの香りはキングのイメージではないよね。笑

台湾のドライレモン

以前『茶譜(チャプゥ)』さんにお邪魔したときに、台湾産のドライレモンを購入してました。レモネードを作ろうと思ったんですよね。ただ、買ってからしばらく忘れてたけど。笑

最近はとにかくスパイスについて勉強するためにスパイスの本をよく読んでいるのですが、カルダモンのページを見てみたら『カルダモンレモネード』というものが紹介されてまして。

あ!!台湾のドライレモンを使おう!!って思い出したのでした。

掲載されていたレシピを少しアレンジしてまずやってみたのはこんな感じ。鍋に軽くつぶしたカルダモン3粒とお水300㎖を入れて火にかけ、沸いたら火を弱めてお湯にカルダモンの香りが移るまで煮る。ドライレモンを2枚を加えて、2~3分煮る。最後にはちみつ大さじ1を入れて完成。

2杯分にしては300㎖ってちょっと中途半端な気が…。これは400㎖にしたほうがよさそう。色んなレシピを見てみたら、カルダモンは2粒というのがほとんどだったけど(わたしが参考にした本にもそう書かれてたけど)、わたしは3粒で行こう。笑 はちみつは『野生黒蜂蜜』を使ったのだけれど、ほんのりスパイシー感があるこのはちみつはレモネードにピッタリでした!!(さすがインド産だわ)でも、ちょっと甘すぎる気もしたのでお水の量を増やせばちょうどいいかな?

なんどか微調整して、最高においしいレモネードを飲めるようにしよう…!今日は寒かったのでホットドリンクが飲みたくて温かいまま飲んだけど、冷ましてからアイスで飲んでもいいよね。

スパイスを使ったドリンクもとてもたくさんあるので、こちらも色々試作してみたいな。チャイやラッシーなどの有名なスパイスドリンクはよく作るけど、まだまだ知られていないドリンクもたくさんありそうですもんえね。あ、そうそうタマリンドジュースとか。まだ作ったことないから今度やってみよう。

タマリンド、見た目はちょっとアレだけど味はすごく好き。

では、では。

Grazie♡

陳皮塩が爽やかでおいしい

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

陳皮を初めて買いました

七味唐辛子に使われているスパイスの陳皮。陳皮はみかんの皮を干して乾燥させたもの。『陳』は古いものを表していて、皮を乾燥させて古くなった状態のものを使うから陳皮というんですって。

陳皮だけとしてはまだ使ったことがなかったので、まずは買ってみることに。

キターーー。いきなり100gを買うという冒険をしました。よく使う他のスパイスはいつも100gずつ買うことが多いのですが、陳皮は果たしてそんなに使うのかまだわからない状態なのに。笑

袋を開けると、ふわっとオレンジの香り。ああ、この香り大好き。わたしはネロリ(ビターオレンジ)のフレグランスを使っているのですが、このほのかに苦みを感じる香りがたまらなく好きなんですよねー!

どうやって使おうか、ちょっと調べてみました。まずは七味唐辛子。自分でブレンドしたことがなかったので、近々作ってみよう。陳皮以外のスパイスは揃ってるのでね。

カレーに入れるのももちろんアリですよね。最近全然カレーを作れてないんですよねーーー(もちろん食べてはいますけど)。作ってみたいカレーはたくさんあるけど、色々追いついてなくて全然作れません…。魚のカレーが食べたい。

そして、すぐにできそうだなと思ったのが『陳皮塩』ですね。陳皮と岩塩を混ぜるだけでできるので早速やってみました。

使ったのはパウダー状になっている岩塩のヒマラヤソルト。

分量はまずはお試しということで、同量を混ぜてみました。

味見してみたら、おおお!!いい感じ!!!フリットなどの揚げ物につけて食べたら絶対美味しい思う…!揚げ物だけじゃなく、グリルした野菜や鶏肉に振りかけるだけもよさそうだなぁ。そうそう、以前イタリアの『レモン塩』にハマっていたことがあって、BBQの時にはタレではなく全部レモン塩で食べてました。これがとても美味しいのだ。

わりと何にでも合わせることが出来そうな気がする。これからの季節だったら、ホットワインに入れるのもいいし、ドレッシングを作るときに入れるのもいいね。

それにしても、柑橘の爽やかさってクセになるなぁ。香りを嗅ぐと心が落ち着く感じがしますしね。陳皮塩に限らず、陳皮を色んな料理に使ってみよう。

では、では。

Grazie♡

スパイスの容器について考える

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

スパイスを選ぶ基準のひとつが容器

スパイスってスーパーによって扱っているブランドが違いますよね。例えばウチの近所のスーパー。S&Bとハウス食品の主要なものが置いてあります。GABANも少しある感じ(GABANもハウス食品グループだけどね)。大抵の方は、S&Bかハウス食品、GABANのスパイスのどれかひとつは家にありそう…!

そして、藻岩にあるイオンに行くと、S&Bのスパイスが多分全種類あるんじゃないかなというくらいの圧巻の品揃え。他ではなかなか手に入らないものなどは、こちらで購入することが多いかも。

札幌駅の大丸さんには、朝岡スパイスがあります。透明のガラス瓶の容器がとてもステキなんですー!もし、今1からスパイスを揃えるとなったら、朝岡スパイスで揃えたい!!

朝岡スパイスのデュカも気になってます

<朝岡スパイス株式会社>

何回見てもかわいい。かわいい。

同じく札幌駅のエスタにあるジュピターでは、ユーラシア食品のスパイスを扱ってます。2年前に初めてこのスパイスを見つけたときに容器に惚れて、このシリーズを揃えることにしました。(その時点では朝岡スパイスの存在を知らなかった…)サイトで紹介されているページがなかったので、2年前にわたしが書いたブログをどうそ。笑

理想的なケースに入ったスパイスに出会えました

それから大通にある丸井さん。こちらではマスコットのスパイスがシリーズで揃ってます。ウチにもいくつか揃ってます。オールスパイスがホールもパウダーも扱っていたり、シナモンパウダーもセイロンシナモンとカシアのパウダーの2種類あるので、ユーラシア食品のスパイスでは手に入らないものをマスコットで補っている感じです。

<mascot(マスコット)>

三越と東急の食料品売り場のスパイスコーナーは、最近全然行っていないのでどのメーカーがあったか思い出せず…。近々確認しに行ってきます!!これ書いてて思ったけど、一番初めから容器で選ぶ人ってどのくらいいるんだろうねぇ。

小さい容器では収まらなくなってきた

キッチンに同じ形の容器にはいったスパイスがキレイに並んでいたらそれだけでテンションあがるーーー!そう思って2年程前からスパイスにのめり込んでいったわたしは、ユーラシア食品のスパイスを少しずつ買い集め、よく使うものたちが一通り揃いました。

ただ、集めているメーカーのもので、欲しいスパイスがない場合もあるんですよね…。そうすると結局違うメーカーのものも増えてしまうことに。そういう時は、ユーラシア食品のものでよく使うスパイスを何本か買って(わたしだったらクミンシードとかマスタードシードかな)、空いたスパイスの容器のシールをはがしてキレイに洗って、他のスパイスを入れて使ってますよ。そうすると、いちおう見た目は揃う感じなのでね。

でも、これをやっていたのはちょっと前までで、今はもっと使う量が増えてしまったのでネットで袋入りのスパイスを購入して、100円ショップで購入した口が大きいガラス容器に移し替えて使っています。やはり大さじのスプーンが入る大きさが一番便利…!せめて小さじのスプーンが入るものが使いやすいですよ。

いつ始めたんだっけとブログを辿ってみたら、約1年前でした。

スパイスが増えたので新たに保存瓶を増やしました

この時と比べたら、さらに色んなスパイスが増えてしまって整理が追いついていない感じ…。笑 先日、ようやく新たな容器を購入してきたので、近いうちに全部移し替えよう。キレイに揃うのは気持ちがいいよね。

そうそう、お塩もたくさん増えてしまったので、それを整理する容器も買わなくては…。お塩は今のところパッケージのまま保管してるのでね。

色んな方のスパイスやお塩の保存方法って気になりますよね…。こういうの取材したいなーーー。そして、いつかオリジナルの容器を作るのだ。

では、では。

Grazie♡

知らないことを1つずつ勉強していく楽しさ

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

オールスパイスをやっと使ってみました

手に入りやすいスパイスはだいたい家に揃っているんですが、まだ使ったことのないスパイスがいくつかありまして。そのうちのひとつが『オールスパイス』。

初めてオールスパイスを見たとき、全部のスパイスって一体どういうこと??と頭が混乱しました。笑 見た目はブラックペッパーを一回り大きくしたような感じ。名前の由来は、シナモン・クローブ・ナツメグの3つの香りを併せ持つといわれることからきているみたい。

別名はジャマイカペッパー(見た目はブラックペッパーだもんね)、ピメント、百味胡椒、三香子(さんこうし)。色んな呼び名があるというのは、調べてみて初めて知りました。主にジャマイカで生産されているみたいですね。

調理中に使われることの多いスパイスで、そういえばS&Bのピクルス用スパイスに入っていたことを思い出しました。

秘伝豆のピクルスを作ってみたよ

オールスパイス、使ったことないと思ってたけど使ってたじゃん。笑 ただ、単体のオールスパイスはホールとパウダー両方を買っていたのですが、つい先日まで封を開けてませんでした。

オールスパイスはハンバーグなどの肉料理やピクルス、ソースなどに使われることが多いのですが、デザートにも向いているみたいなんです。特にシナモン・クローブ・ナツメグと併用すると香りが調和しマイルドになるらしい。ほほーーー。

世界各地には様々なブレンドスパイスがあって、最近それらを調べつつ行ったことのない土地に思いを馳せて空想旅行してます。例えば、ジャマイカのジャークシーズニング。オールスパイスは主にジャマイカで生産されていることもあり、ジャークシーズニングにはもちろんオールスパイスが使われています。ジャマイカってバーベキュー発祥の地なんですね。知らなかったーん。

そして、レバノンのセブンスパイス。内容はオールスパイス、ブラックペッパー、シナモン、ナツメグ、クローブ、ジンジャー、パプリカ(フェネグリークのレシピも見つけました)みたいですが、色々調べてみたらこれに限らずといった感じですね。クミンやコリアンダー、カルダモンが使われているものもありました。

とりあえず、オールスパイスが入っていたらシナモン・クローブ・ナツメグの3つの香りはするからジャマイカやレバノン料理っぽくなるんじゃないかな……。(とか言いつつ、バーベキューはまだしも、レバノン料理は食べたことないわー!笑)

オールスパイスはたまたまマスコットのものを買ったのですが、マスコットのサイトのオールスパイスのページを見てみたら気になるレシピを見つけました…!

それは『ホットアップルジュース』。マグカップにアップルジュース150ml、オールスパイス(ホール)3粒を入れ、電子レンジ(500w)で2分加熱するだけですって。おおお!!カンタン!これから寒くなってくるので試してみよう。

きっと珍しいスパイスを買ったとしても、一度だけ使ってあとは棚の奥に追いやられて数年後に発掘されるパターンの人が多いような気がするんですよねぇ…(まー、以前はわたしもそうでしたから)

だから、スパイスをもっと気軽に使ってもらえるように、自分が気になったことを発信していきたいと改めて思ったんですよね。わたしもまだまだスパイスについて知らないことが多いので、ひとつずつ調べながら学んでいくのが楽しくて。

そうそう。封を開けたオールスパイスはホームベーカリーで焼く食パンに入れたのでした。ブレンドの割合を色々と調整中なのです。

では、では。

Grazie♡

フルーツポマンダーを作りたい

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

魔除けのフルーツポマンダー

スパイスの本を読んでいると、クローブのところでよく紹介されているのが『フルーツポマンダー』というもの。魔除けの玉とも言われているみたい。オレンジなどの柑橘系のフルーツにクローブを刺して作るもの。クローブは独特の渋みをおびた強く豊かな香りがあって、抗菌効果が強いんですよね。

S&Bのサイトには、フルーツポマンダーの作り方がありましたー!

<フルーツポマンダー>

オレンジにクローブを刺していって、最後にシナモンをまぶすんだー!これはとてもいい香りがしそう…!オレンジの香りっていいですよね。柑橘系の中では、オレンジの香りが一番好き。

オレンジにクローブを刺したクローブオレンジはこんな感じのものですよ。

フルーツポマンダーをGoogle先生で調べてみたら、『フルーツポマンダー  ゴキブリ』『フルーツポマンダー 気持ち悪い』『フルーツポマンダー  カビ』って……。ちょっ……。オイ!!ひどい言われようじゃないかーーーい!!

わたしは一番はじめに見た時、かなり心躍ったんですけどね。クローブがいっぱい刺さってる!!ナニコレー?!とは思ったけど、さすがにゴキブリには見えなかったよ。笑

ポプリとして玄関やクローゼットに吊るしたり、クリスマスの飾りにしてもよさそう(ウチはクリスマスツリーとか飾らないけど)。

いい香りのするオレンジで作りたいなぁ。愛媛のおいしいみかんで作ったらとてもいいものができそう…!

スパイスのこういう使い方をもっとたくさん知りたい。カレーはもちろん好きなんだけど、スパイスってカレーだけじゃないよというのを広めたいんですよね。そのためには、やはりいろんな国に行ってみたい。最近はそんなことを考えてます。

スパイスのブレンドについて勉強していると発信していたら、来月とても今日のある講座があるよと教えてもらったので行ってきます。楽しみだなぁ。今月はナイル善己さんのカレー教室にも行く予定なので、ますますスパイス漬けになりそうです。

では、では。

Grazie♡

シナモンとカシアってどちらもシナモン??

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

シナモンはセイロンシナモンだけだと思っていた

まだ、今ほどスパイスにどっぷりハマる前から自宅にあったスパイスといえば、ブラックペッパー、シナモンシュガー、一味唐辛子くらいでしょうか。当時はトーストにシナモンシュガーを振りかけてよく食べてましたね。あとはカプチーノに振りかけたりするくらいかな。料理にシナモンを使うということはほとんどなかったと思う。

今はシナモンシュガーではなくシナモンスティックとシナモンパウダー、両方とも常備してます。逆にシナモンシュガーは買わなくなりました。シナモンパウダーと砂糖を混ぜればいいだけじゃんってことに気づいて。笑

わたしの中で『シナモン』と認識していたものって、セイロンシナモンのことだったと知ったのはこの1~2年くらいです。

セイロンシナモンは原産がスリランカ産。今でもスリランカ産のものは最高級品と言われています。ほのかな甘みを感じる深い香りで、甘みを引き立てる役割が強いんですよね。甘い香りではあるけれど、甘いわけではない。コーヒーや紅茶に添えられているのは、数回かき混ぜて風味をつけるためのものですからね。(でもあれって使い方わからないという人が多いような気がする……。まさか食べる人はいないと思いますが。笑)

いつの日かのサッポロファクトリー内の喫茶店にて

もうひとつ、チャイニーズシナモンと呼ばれているのがカシア。シナモンと同じかと思いきや、植物の種類が違うんですよね。でも、香りはとても似ているのでインド料理ではあまり区別しないで使われることもあるみたい。

カシアの原産はインドのアッサム地方からミャンマーにかけての地域。ベトナム産のものが最高品質だそう。甘みと渋みを感じる強い香りがするんです。わたしが今ハマっている南インド料理DALさんのシナモンティーはカシアを使っていて、確かに甘みと渋みの両方を感じるんですよね。カシアはセイロンシナモンと比べると、やや繊細さに欠けるところがあるので、セイロンシナモンの方が上質と言われているみたい。

初めて作ったシナモンティー

まー、好みだとは思いますけど…。

シナモンパウダーとして売られているものは、セイロンシナモンだけの場合と、セイロンシナモンとカシアが混ざっているものなどもあるみたいなので、会社によって違うみたいですね(一般的にはカシアのほうが価格が安いことが多いです)。割合が書いてあることはほとんどないと思うので、味の違いを確かめたい時はスティックを買ってミルで挽くのが一番いいかも。

シナモンって摂取しすぎると肝臓障害を引き起こす可能性がある『クマリン』という成分が含まれているみたいなので食べ過ぎには注意みたいですよ!!セイロンシナモンとカシアを比べると、カシアの方がクマリン濃度が高いらしい…。好きというとふんだんに使いたくなるけれども(それはわたしだけかな?)ほどほどにしなきゃね。ふむふむ。こういうの気になるよねー。もっと調べてみたいな。

結局、セイロンシナモンもカシアもどちらもシナモンとして扱われることが多いけど、わたしは作るものによって使い分けをしていきたいなぁと思ったのでした。

今日のブログは、さっき作ったカシアのシナモンティーを飲みながら書いてました。ああ、香りがたまらない…!

では、では。

Grazie♡

Page 1 of 5

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén