STYLEZ ナホのブログ☆

ナホが毎日楽しく過ごす方法をお届けします♡♡♡

カテゴリー: スパイス Page 1 of 8

タイのスパイスから知る料理

タイ土産を頂いたので、タイ料理を作ってみようと思いましてね。でも、意外とタイ料理のことを知らないな…ということに気づきました。

スパイス大好きナホです。

いくつかいただいたお土産のうちのひとつはこちらのスパイスでした。

タイカレーのスパイスセット。トムヤム、グリーンカレー、レッドカレー、イエローカレー、マッサマンカレーは聞いたことある…!でも、知らないカレーが2つありました。こうやって改めてみてみると、タイのカレーの種類って結構たくさんあるんだね。

知らないカレーのひとつは『Khao Soi(カオソーイ)』。調べてみたら『揚げカレーラーメン』とのことでした。揚げた麺が入っているココナッツミルクがたっぷり入ったカレーラーメンって、内容を知ったらめっちゃ美味しそうじゃん!!

そして、もうひとつが『Panang Curry(パナンカレー)』。こちらは甘さと辛さが絶妙なカレーだそう。両方とも食べたことがないので、ぜひこちらのスパイスを使って作ってみようと思います…!このミックススパイス、袋に詰めてる順番がスパイスの色が隣同士にならないようになっていてキレイでした。

スパイスと一緒に簡単なレシピも同封されていました。

英語だけどレシピだったらなんとなくわかるわ…。でもね、すんごいざっくりだし、このコピーの品質ったら……。学校でもらうプリントみたい。笑 レシピのアバウトさは自分の好きなように作ってねーという感じなんだろうなぁ。チャンドリカさんのスリランカカレー教室を思い出しました。

不思議なことにトムヤムのレシピだけは、なぜか3か国表記で日本語もあり。残念ながら文字が切れてますけど。笑

こういうお土産をきっかけに、まだ自分が作ったことのない料理を作ってみるのとかって楽しそう!!レシピはググれば色々出てくるもんね。いい時代だなぁって思う。

タイ土産は他にも色々と頂いたので、料理を作ったら紹介していきますねー!タイに行って毎日パクチーまみれになるのも楽しそう。基本的に東南アジアの料理は好きなので、毎日スパイス料理でもきっと飽きることはないんだろうなぁ。

では、では。

Grazie♡

オシャレなペッパーミルをようやく買ったよ

ホールのブラックペッパーを何種類か買っていたけれど、使う分だけをミルサーで挽くのはちょっとなぁ…と思っててまだ使ってませんでした。

スパイス大好きナホです。

ブラックペッパーとミックスペッパーはGABANのミル付きのケースのものを中身を入れ替えて使っているのですが、気に入ったものを見つけたら新しくしたいとずっと思っていたんです。

これはこれでかわいいんですけどね。ペッパー以外のスパイスは、基本的にはそのままカレーに入れるか、ミルサーでまとめて挽いて使うことが多いので大きめのケースに入れて保管しているのですが、ペッパーは使う分だけ使うときに挽きたいのでミル付きのケースで保管したいんですよね。

そうしたらちょうどいい感じのペッパーミルをAmazonさんで見つけました!!

HAILIX ミル ペッパーミル スパイスミル 胡椒ミル, 胡椒ひき こしょう 黒コショウ 岩塩 塩コショウ 手動ミル セラミック ソルトミル 塩ミル 粗さ調節可能 ステンレス製 調味料挽き 2in1両用タイプ 調理用品

新品価格
¥1,349から
(2020/1/24 23:24時点)

2in1タイプなので1本に2種類のスパイスを入れることが出来るんです。まずは早急に入れたいスパイスが4種類ありまして。自由が丘の『レピス・エピス』さんで購入したスパイス達です。

カンボジア産のカンポット・ブラックペッパー。

こちらはカメルーン産のペンジャ・ホワイトペッパー。

インドネシア産のキュベベブラックペッパー。

インド産のアッサム・ブラックペッパー。

早速入れてみました。

木製のミルとは違って中身が見える安心感とスッキリしたデザインに惹かれました…!入れてみたらいい感じに入りましたよ。

粗さを調整できるダイヤルみたいなのが付いているんですけど、あまり変化は感じなかったかも。笑 まー、挽けていたらなんでもいいんですけどね。

ペッパー以外にも山椒やナツメグも入れてみたいと思います。

では、では。

Grazie♡

今月の『naocoya』さんもサイコーでした

わたしの月イチのお楽しみであるnaocoyaさんのスリランカのスパイスごはん。毎月占い酒場パームさんで開催されていて、今回は6回目でした。

そしてなんとなんと!naocoyaさんはお店をオープンされることになったそうで、パームさんで行う夜のイベントは今回最終回とのこと。次回はお昼にイベントをするそうですよ。

イベントの度に『お店やらないんですか??』ってお客様に言われていたみたいで(わたしも言ってました。笑)やっと…!という感じです。まだ準備中とのことなので、お店がオープンしたら行くのも楽しみだなぁ…。

さてさて、カレーが運ばれてくるまでは白ワインを飲んで待ってました。

カレーと白ワインってすごく合うの。特にスリランカのスパイスごはんは野菜がたくさんなのでさらに合うー♡パームさんに飲みに行くときはクラフトジンを飲むことも多いけど、カレーの時は白ワインって決めてます。ちなみに写真の一番右端に写っている『Le Gin』というクラフトジン、とてお美味しいのでオススメです♡

今回はこんな感じでした。

メインの海老カレー。ね、なんでエビってこんなに美味しいの…?!

メニューは

  • 海老カレー
  • パリップ(レンズ豆のカレー)
  • 水菜のサンボル(ココナッツ和えサラダ)
  • 有機タケノコのカレー
  • 雪の下人参しりしりのポリサンボル(ココナッツふりかけ)
  • 福岡農園 さつまいもテルダーラ(ピリ辛炒め)
  • 郡農園 ハヤトウリのホディ(ココナッツスープ)
  • 茄子のモージュ(揚げ漬け)
  • パパダム(豆の揚げせんべい)
  • バスマティライス

今回は四国九州のお野菜が中心だったそう。茄子のモージュって初めて食べました(バスマティライスの上に乗ってるやつ)。おいしい…。ていうか何を食べても美味しいの。はじめ一口ずつ味を確かめてから、割とすぐに混ぜ混ぜして食べるタイプです。はーーーしあわせ♡

もちろん動画も撮りました。

お隣に座っていた女性の声がめっちゃ入ってますが。笑

カウンターが満席で熱気がすごかったよ。笑 おかげで冷えた白ワインの美味しいことったら…!

にゃんず達もぽかぽかのお部屋で気持ちよさそうにしてました。

スリランカカレー、わたしももっと色々と作れるようになりたいな。南インドとスリランカ、両方ともいいよね。

naocoyaさん、今日もありがとうございましたー!!お店オープンしたら行きます!たまにお手伝いとかしてみたいなー。笑

では、では。

Grazie♡

デュカのアレンジをやってみよう

最近は歯医者さんの後に、ご近所のスープカレーを食べに行くというルーティーンが出来てます。

スパイス大好きナホです。

先日も歯医者さんの後に、スープカレーを食べに行ってきました。ご近所にある『スープカリーエソラ』さん。ここの『蘇生(SOSEI)』スープが薬膳系スパイシーで好きなんですよね。ちなみにスープは全部で4種類あるんですけど、蘇生以外のスープは注文したことがありません。一番ベーシックなものも食べたことがないです。一度気に入ったら基本的にそればかり食べるタイプなのでね。

エソラさんのもう一つの楽しみは、期間限定でサブジなどの副菜を出していたりするのですが、先日はデュカだったんですよ!!わたしの大好きなデュカ!!

3種類あってどれも食べてみたかったので全部注文することに。よくばり。笑 普段はライスなしで注文するのですが、さすがにこのときはライスを100gくらいいただくことにしました。

きたきたーーー!!この日は蘇生スープの『ラムキーマ&ビーンズカリー』の辛さ3番。わたしはこちらと『ナスキーマ』と『トウフ・キーマ・ギョウザカリー』をローテーションしてます。笑

そしてこれこれ。デュカ。スパイスふりかけと表現されていて、確かにー!って思ったよね。

左から『コリアンダーシード×ピーナッツ×パクチーのデュカ』『クミンシード×白ゴマ×岩海苔のデュカ』『パプリカ×ガーリック×アーモンドのデュカ』。色もキレイだね。まずはそれぞれ単体で食べてみて、それからライスに掛けて食べてみたらこれまたすんごく美味しい…!そして、スープカレーの中の野菜たちにもかけてみたらこれまた美味しい…!

今まで家でデュカを作るときはミックスナッツを使っていたので、このような感じでナッツの種類ごとに分けるというのもいいなって思いましたね。こうやって分けて作っていったら、ものすごく色んな種類のデュカが出来る!!アレンジは無限大だね。

この前日にスパイスラボでオリジナルシーズニングを作ったのだけれど、オリジナルデュカ作りのワークショップをやっても楽しそう!!基本的にはナッツやスパイス類を乾煎りしてミルで挽いてお塩を加えたら出来上がりだからカンタン。

こちらの3種類はどれも美味しかったのですが、特に好みだったのはコリアンダーシード×ピーナッツ×パクチーのデュカでした。クミンシードのも好きな感じでしたが、今はクミンよりもコリアンダーの方が好きになったみたいですね。葉っぱ系のサラダにオリーブオイルと一緒にかけて食べても美味しいと思う。

ナッツやスパイスの種類を分けて作るデュカ。これは自分でも作ってみようと思います。個人的にはカシューナッツが好きなので、カシューナッツでもやってみよう。外食すると色んなアイディアを頂けるので楽しいな。

では、では、

Grazie♡

薫製ブームが来ているのかな

最近『薫製されているもの』をよく見かけるようになりました。

昔からスモークサーモンが大好きなナホです。

スパイス好きとしては、先日『スモークパプリカ』のスパイスとの出会いはとても衝撃でした。

マスコット スモークパプリカ 36g

新品価格
¥928から
(2020/1/19 10:36時点)

 

スモークパプリカパウダー・ホット 70g

新品価格
¥905から
(2020/1/19 10:38時点)

 

Simply Organic (スモークパプリカ) [並行輸入品]

新品価格
¥1,790から
(2020/1/19 10:39時点)

調べてみたら各社出しているんですねー!(GABANさんのは見つけられませんでした…)

薫製の香りがするパプリカ。パプリカって辛みが少ないから、色づけとか風味づけに使いやすいんですよね。

先日作ったオリジナルシーズニングにスモークパプリカを入れたのですが、これがまたすごくいい感じで…!ここ最近は大量に頂いた卵を消費するためにゆで卵をよく食べているのですが、スモークパプリカを使ったこのシーズニングをつけて食べたらすごく美味しい!!

左がスモークパプリカ入りのシーズニング。色もキレイだよ。

そういや燻製たまごってあるよね。卵にはスモークされたものは合うに決まってるか…。笑

スモークされたスパイスといえばブラックペッパーが有名。スモークブラックペッパーは普段から使ってますがこちらもとても美味しい。

最初使った時に今まで使っていたブラックペッパーは何だったのか…って思ったよね。

そして、今日、札幌駅のキオスクで見つけたのはコチラ。

カルビーの『薫じゃがSMOKE』というポテチ。以前から販売してたのかもだけど、スーパーではお菓子コーナーをあまり見ないので初めて見かけました。量が少なめで食べきれそうだったので思わず購入。『ウイスキーオークチップでしっかり燻製』という言葉にやられました。笑

食べてみると確かに薫製の香りがしっかりして美味しかった…!なかなか病みつきになりそうな感じ。

薫製って興味はあるけどなかなか自分ではできないなー。キャンプやBBQで男性が張り切ってやるイメージかな。一斗缶の薫製器でね。

キャンプデビューすることになったら薫製器作ってみようかな…。(誰か作ってー!笑)

なんだか薫製が気になる今日この頃でした。

では、では。

Grazie♡

GABANさんのスパイス講座が楽しすぎました

『スパイスが大好き』と言い続けていたら、年に2回開催しているというGABANさんの『スパイスラボ』というスパイス講座を紹介してもらいました。昨日はその第5回目のスパイスラボが開催されたので、初参加してきましたよ。

スパイス大好きなナホです。

今回のテーマは『ナツメグとシーズニングを学ぶ』というもの。まずはナツメグから。ナツメグとメース、自宅には両方揃っているのですが、ナツメグとメースがどのように作られているのか?という所はあまり知りませんでした。

ナツメグはニクヅク科の樹木から収穫されるスモモのような果実の種の仁のこと。種の仮種皮がメース(レースみたいなやつね)。そのナツメグの歴史やグレード、収穫や乾燥、加工について色々学んできました。

ナツメグのホールと挽いたもの、メースのホールと挽いたものを比べました。この後にナツメグのでホールを挽いたものを出してくれたのですが(写真撮り忘れた…)これが1番香りが良かったなぁ。やっぱりスパイスはホールから挽いて使うのが一番ですね…!

そしてナツメグといえばハンバーグによく入れるよねということで、ナツメグなしと入っているものの食べ比べというのもあって楽しかったー!ハンバーグに絶対に入れなきゃいけないという訳ではないんですね…(ちなみにわたしはたっぷり入れる派ですけどね。笑)

お話を聞けば聞くほど、現地に行って収穫の様子などを実際に見てみたいなぁという気持ちになりましたね。

続いてはシーズニングワークショップということで、オリジナルのシーズニングを作りました。

GABANさんでも色んなシーズニングを出していて、1番人気があるのはケイジャンシーズニングだそう。

この日のために開発担当の方が考えたシーズニング3種類も味見させていただきましたが、『ワイルド』と名付けられたシーズニングが好みでした♡

説明を受けていよいよオリジナルシーズニングを作ってみることに。まずはシーズニングベースをカップに入れてから、自分好みでスパイスやハーブを足していきます。

スパイスやハーブが色々と揃っていたのですが、わたしがこの中で一番興味を持ったのが『スモークパプリカ』。燻製臭がしていい感じでした…!(写真アップで撮ればよかったな)これは自分でも買おうと思いましたね。

1回目に作ったオリジナルシーズにんぐは、スモークパプリカ、パクチー、オニオン、ガーリックを入れました。

袋に入れてシャカシャカして混ぜて完成。

茹でた鶏肉につけて味見してみました。

え…!美味しい…!初回にしては美味しく出来た!笑 ちょっと鶏肉の画がシュールだけどね。笑

2回目はディル、イエローマスタードシード、オニオン、ガーリックに。一度食べてみたら、なんか物足りなかったのでディルとマスタードは追加しました。

自分で色々と作ってみるのはとても楽しいですね。こういうワークショップはいつか自分でもやってみたいな。

そして講座のさいごにはらっきょさんのスープカレーとチョコミントアイスを頂きました。おいしかったーん♡

お土産にはGABANさんのケイジャンシーズニングとホールのナツメグを頂きました。ジャンバラヤでも作ってみようかな。自分で作ったオリジナルシーズニングも魚や野菜を焼くときに使ってみようと思ってます。あ、ポテトフライには絶対合うと思うー!ジャガイモ買ってこなきゃ。

スパイスの世界はホント楽しいですね…!もっともっとスパイスのことを知りたくなりました。そしてGABANさん、日原さん、イデさん、ありがとうございましたー!!

では、では。

Grazie♡

ポテトフライにサンバルパウダーをかけたら止まらなくなる件

ファストフードのフライドポテト。たまに食べたいって思いますけど、お店で食べることはほとんどなくなりましたね…。フライドポテトが食べたくなったらじゃがいもを買ってきて自分で揚げます。

とはいいつつも、揚げ物はたまにしか食べないナホです。

でも、なんでしょうね、フライドポテトが無性に食べたくなる時がたまにあるんですよ。そのたまにくる波が来たので、せっせとジャガイモを切って揚げました。

揚げたジャガイモにお塩をかけるだけもいいと思ったのですが、せっかくなので先日作ったサンバルパウダーをかけてみることに。

サンバルパウダーの中身はコチラ。これらをフライパンで乾煎りします。

それをミルで挽いて完成。

香りがたまらなくよいんです。やっぱりカレーリーフが入っているからかなぁ。

中くらいのジャガイモ2個にサンバルパウダーを小さじ1くらいとお塩少々かけました。手が止まらなくなっちゃってあっと言う間に食べてしまった…。ちなみに油はこめ油を使ってます。なんとなくさっぱりしてる感じが好き。

サンバルパウダーの使い勝手があまりにもよいので、またすぐに作ることになりそう。ジャガイモ以外の野菜を揚げてまぶしてみるのもいいかも。最近気になるのは里芋とか菊芋とか自分ではほとんど買ったことがない芋たち。

サンバルパウダーのレシピは香取薫さんの本に掲載されているレシピで作ってます。ほんとおすすめ♡

では、では。

Grazie♡

家庭で作れる南インドのカレーとスパイス料理

新品価格
¥1,815から
(2020/1/15 17:17時点)

 

卵とスパイスって合うんですねー

普段卵をあまり食べないわたし。生卵は苦手なので、卵かけごはんは食べないし、目玉焼きも卵焼きもごくごくまれにしか作りません…。

スパイス大好きナホです。

卵を4パックくらいいただきまして。なぜにこんなに大量の卵…?って思ったのですが、せっかく頂いたので毎日卵料理でも食べようかと。

ちょうど、ここのところハマっている香取薫さんのレシピに卵を大量消費するものがありまして。4人分のレシピで卵を8個消費するので、普段だったら多分作らないだろうレシピなんだけど、このタイミングでこのレシピを見つけるとはね。これは作りなよーって言われているような気がして(誰に?)作ってみることにしました。

『アンデー・カ・カーギナー』という名前のゆで卵入りスクランブルエッグ。初めて聞く名前の料理です。まずはゆで卵を作りました。

そういえば、普段からあまり卵を食べないこともあって、卵をスパイスを合わせて使うことがあまりなかったかも。スープカレーのトッピングに数回使ったくらいかな(割と省略しがち…)。あとはスクランブルエッグにブラックペッパーをかけて食べるくらいだったので、クミンを合わせのが新鮮に感じました。

カレーを作るようになってから冷凍庫に常備するようになったもののひとつが青唐辛子。結構出番が多いんですよね。

トマトも冷凍出来ることを知ってから冷凍庫で保存してます。生で食べることはまずないので、必ず加熱しますしね。水を入れたボウルに入れておけば皮もつるんと剥けるので便利ですよ…!

溶き卵の中にはパウダースパイスとお塩を入れて混ぜてます。卵焼きって和風のイメージが強めなんだけど、スパイスを混ぜて焼くというのがなんだかとても新鮮。色んなスパイスで試してみるのもいいかもって思いましたね。

最後にゆで卵をいれて軽く混ぜて完成。それにしても、スクランブルエッグの具がゆで卵って冷静に考えたらこれすごいよね。笑 卵好きの方にはたまらないんでしょうけど。

食べるときにパクチーをかけました。想像していたよりも美味しかった…!卵とスパイスっていい感じだなぁ。美味しくて調子に乗って2人分を一気に食べたらお腹が一杯になりすぎて超絶眠くなってしまったよね…。食べ過ぎには注意だよ。笑

これからしばらく卵料理が続きそうです。

家庭で作れる南インドのカレーとスパイス料理

新品価格
¥1,815から
(2020/1/14 23:31時点)

では、では。

Grazie♡

南インドのカレーがますます好きになっていく

香取薫さんの本のレシピで作った『えびトック』があまりにも美味しくて、他のレシピも食べたくなって作ってみることにしました。

南インドのカレーが大好きなナホです。

まず作ったのは『オクラのサンバル』。サンバルは南インドで食べられている酸っぱくて辛いカレー。サンバルパウダーは事前に手作りしておきました。もちろん、香取薫さんの本を参考にね。

オクラって実はあまり買わないもののひとつ。ネバネバは好きなんですけどね。家ではあまり食べないんですよね。そのオクラを使うというのにも惹かれました。

南インドのカレーを作るときにはたいてい使うマスタードシード。プチプチ感が好き。あまり辛くないところも好き。ただめちゃめちゃ跳ねるので、マスタードシードを使った時はコンロの周りに飛び跳ねたマスタードシードがよく転がってる。笑

 

ヒングと言うスパイス。これね、めっちゃ臭いの。笑 ジップ袋を2重にして保管しているんだけど、たまに『ん?なんか臭いな』って感じるときはヒングの香りだったりする…。ただ油に入れるといい香りに変身するからなんか憎めないスパイスなんだよなぁ…。しかしね、たいていのレシピではごく少量しか使わないので、いつまでもたくさんあるスパイスでもあるんだよね…。

そう、そして南インドの料理に欠かせないのがカレーリーフ。わたしは東京で購入してきた生のカレーリーフを冷凍しておいて、それを使ってます。ホントは家で育てたくってカレーリーフのの苗を買ってきたものの枯らしてしまいました…(やはりわたしには無理だった。笑)

南インドの料理にはこのカレーリーフが入っているものが多いんだけど、もしかしたらわたしはカレーリーフが異常に好きなだけなのかなって思っちゃったり。カレーリーフは香りも味も好き。

サンバルパウダーの中にもカレーリーフが入っているのでとてもいい香りなの。このパウダーは色々と使えそうだよ。ポテトフライにかけるだけでも良さそう。

トゥールダルも事前に茹でておいたもの。ダルって茹でるのに時間がかかるんですよね。だから今までサンバルを作ろうと思ったら、まずダールを茹でるところから(30分以上はかかる)始まるから、時間に余裕がある時じゃないと作れなかった。一気にたくさん茹でて、小分けにして冷凍保存しておけばいいというこを香取薫さんの本で覚えたので、これからそうしようと思って。すごく楽ですよ。

そしてタマリンド。タマリンドも大好きなスパイスのひとつ。酸っぱい感じは梅干しに近いけど、梅干しとは全然違う。タマリンドの感じはタマリンドでしか出せないんだよなぁ。こちらも常に切らさないようにしてます。

オクラのサンバルを作ったら、波に乗ってきた感じがしたので『ココナッツ風味のダール』も続けて作ることに。普段は2品作ることなんて滅多にないのだけれど。

使ったのはマスールダル。皮なしのレンズ豆です。

ココナッツミルクは缶入りのものだと少量使うときに困ってしまうけど、このココナッツクリームパウダーだったら使う分だけをお湯で溶けばいいのでめちゃ便利なのだ。

マスールダルは比較的早めに茹であがるところもいいんですよね。

ヒングが2回登場したので、少しずつ消費出来ていい感じだ。笑

カレーリーフは省略してもいいとのことだけど、わたしは絶対入れたい派。

マスールダルを茹でる時間が一番長くて、それ以外は割とそんなに時間が掛からないんですよね。材料を用意さえしてしまえば、案外簡単なんですよ。

いよいよ食べるよー!

お気に入りの自作のうつわに盛り付けて食べました。これはカレーを食べる用に作ったものなんだけど、とても重宝してます。そして、オクラのサンバルとココナッツ風味のダール、いずれもすごく自分好みの味に仕上がってて、自分で作ったものなんだけど、美味しすぎて嬉しくて感動しました…。

レシピ本を見て作るときは、1度目は出来るだけその通りに作るようにしてます。そうすると、自分が好きな感じなのかどうなのかがよくわかるから。なので今回もレシピ本通りに作ってみたのですが、あまりにも好みの味過ぎて感動モノでした。いいレシピに出会えるのってすごくうれしい。

手持ちのレシピ本で掲載されているものを全部作ったというものはないのですが、香取薫さんのこの本は時間がかかっても全部作ってみようと心に決めました。いやー、ホントいい本に出会えたなぁ…。

家庭で作れる南インドのカレーとスパイス料理

新品価格
¥1,815から
(2020/1/13 23:36時点)

では、では。

Grazie♡

えびが好きすぎて…♡

昨年、『とらや食堂』さんに行ったときに知った香取薫さん。先日、香取薫さんの本を購入しました。

南インドが大好きなナホです。

香取薫さんの『南インドのカレーとスパイス料理』という本。先日こちらに掲載されていたサンバルパウダーを作っておいたので『えびトック』を作ってみることにしました。

ちなみにサンバルパウダーは簡単に作れたので、自分好みの配合を見つけていきたいですね。

えび入りのカレーが大好きなんですよね。カレーのレシピ本にえびを使うカレーが載ってたらまずは作ってみます。インデアンでは今ではエビカレーしか食べなくなりましたね。笑

ただ殻が付いているのは食べるときにめんどくさいな…と思っちゃうので、殻付きと書かれていてもむきえびにしちゃう。でも小さいものだと背わたを取るのが大変なんだよなぁ…。

ここからはインスタのストーリーズに載せた画像で紹介。

ギーは買ったもののあまり使うタイミングがなかったので今回使い切れたのでよかった…!でも香取薫さんの本の中では、ギーは手作り出来る!と買いてあったので、次回からは作ってみよう。

にんにくとしょうがっていつも多く入れがち…。だって好きなんだもん。笑

久々に使ったギーはとてもいい香り。

ターメリックをまぶしたえび。家でスパイスからカレーを作るようになってから、ターメリックの消費量多めです。

最後の方は本に書いてある順番通りには入れてないけど大丈夫でしょう。笑

南インド料理にはカレーリーフが必須なんだけど、色んなレシピ本を読むと『(あれば)カレーリーフ』という表記をされているものも多いんですよね。でもね、入れた方が断然美味しい。生のカレーリーフじゃないとダメですけどね。札幌でも生のカレーリーフが手に入りやすかなればいいんだけど…。

初めて作ってみたえびトック。食べてみたらすごく美味しくてビックリ…!やっぱりえびは大好きですね。ホントは一緒にサンバルも作ろうと思ったけれど、1品作るだけで力尽きました…。笑 やはりわたしにはミールスへの道のりは遠いなぁ。

 

香取薫さんの本のレシピ、1品ずつ色々と作ってみようと思います!

それにしても、えびってホント美味しいですよね♡

では、では。

Grazie♡

Page 1 of 8

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén