ナホが毎日楽しく過ごす方法をお届けします♡♡♡

カテゴリー: お食事 Page 2 of 19

『イエティキッチン』さんでネパールを感じてきました

『ダルバートが食べられるお店があるよ』というのを人に聞いてからしばらく経ってしまったのだけど、やっと訪問できた『イエティキッチン』さん。金・土曜日の夜のみ営業ということだったので、なかなかタイミングが合わなかったのだけれど、土・日にランチ営業を始めたということを知り、車でサクッと行ってきました…!

ネパールの定食ダルバートも好きなナホです。

ダルバートという単語を知ったのは2年前の南インド屋さんの料理教室。その後自分でも何回か作ったけど、いっぺんに品数をたくさん作らないこともあってダルバートとして完成された状態で食べることはあまりなくて。今年はジャドプールの裏営業『ダバ・バクシーシ』でミランさんのダルバートが提供されてかなり美味しくて感動したし、本田遼さんの『ダルバートとネパール料理』というレシピ本が発売されてより一層ダルバートの魅力に取り憑かれました。

自分で作って食べるのも好きだけど、やはりお店にも食べに行きたいんですよね…!

看板とてもステキ…!

店内の内装もこだわりが感じられて好みな感じでした。特にブルーの壁が好きだわー!!

ネパールのはちみつも気になった!

窓辺にはホーリーバジル。お水の中にもホーリーバジルが入ってました。とてもいい香り。

さて、初訪問だったのでメニューはチキンとラムのタルカリがついた『ダサインプレート』にしました。モモも食べたいと思ったので、そちらはテイクアウトすることに。

店内にも至る所にネパールを感じる小物などが置かれてましたよ。

トイレのぞうさんがめちゃめちゃかわいいの!!

まずは、ローズラッシーから。

かわいいーーー!!ピンクの飲み物って、なんだかテンションが上がります。

そしてやってきましたよ『ダサインプレート』

目の前に出されてから『あ、ライス少なめでっていうの忘れた……』と思ったのですが、ダルバートってなんだかとてもライスが進むんですよね。だからいけそうかな、と。ライスにダルをかけて、タルカリと一緒にいただきましたが、美味しいー!全体的にスパイスは優しめだけど、アチャールはしっかり辛いものもあるのでバランスがいいんですよねー。ダルとアチャールはおかわり1回まで無料とのことで、普段はあまりおかわりしないわたしですが、おかわりしました。笑 これはダルバートの不思議で、なんか食べられるんですよ。ネパールのダルはとても好き。ジンブーが体に合うのかなぁ。

お持ち帰りしてきたモモは、家でうつわに盛り付けていただきましたよ。

わたしが訪問した前日から、形が円形に変わったそうです。わたしのモモのイメージは元々この形だった!アチャールをつけて食べるのいいね!

女性店主さんもとてもステキな方でしたー!次回はベジタリアン仕様にしてもらおうかな。野菜好きだからね。あとロースイーツも気になったんですよね。

やっぱり気になる…!小麦粉や白砂糖不使用というところには魅かれますよね。次回のお楽しみにしよう。

<Instagramはこちら>

北海学園大学のすぐ近くですよー!

Grazie♡

ほっとするひととき

ご近所の『純や』さんに、野良猫が来てましてね。それがとてもかわいくて…!

動物が好きなナホです。

この日来ていたのは、こちらの野良ちゃん。

なんか視線を感じるなぁと思ったら、じーーーっとこちらを見てました。純やさんに聞いたら、野良猫は最近よく来るそうなんですが、いつもの来るのは白と黒の2匹だそうで。こちらのベージュの猫は初めてみたい。かわいいじゃないか。

少ししたらだーっと逃げてしまったのだけど、よく来るという白と黒の野良ちゃんたちと共に、この辺りに住んでいるのかな…?この付近は比較的古い建物が多い地区でもあるので、もしかしたらネズミ退治をしてくれてるのかもしれないなとも思ったのでした。

この日の純やさんのメニューとお通し。

お通しがいつもとても美味しくて。ウニとナスを和えたもの、タイのお刺身の柚子胡椒添え、枝豆に食用ほおずき。どれも好きすぎる…。

メニューからは『甘エビを詰めた花ズッキーニのフリット 海老トマトソースとコンソメ』をいただきました。

純やさんのお料理は、盛り付けが楽しみでもあるんですよね。こちらも素敵な盛り付け。以前に自分でも花ズッキーニを調理した事があるけれど、お花に詰め物するのってなかなか大変だと思ったわ…(わたしはあまり器用ではないのでね)

もう1品はちょっとしたおつまみの中から『新じゃがキタアカリとカチョカバロ』。

皮付きのまま揚げたキタアカリの上にカリカリのチーズが乗ってるの!見た目もかわいいし、なんと言っても美味しい…。じゃがいも好きにはたまらんよー!

そして、この日飲んだワインはこちら。

最後に飲んだオレンジワインは、山形の『ファットリアアルフィオーレ』さんのもの。これ、とても好きな味だった!!どうやら人気のワインだそうです。

美味しいワインを飲みながら、美味しい料理をいただいているときに登場した野良ちゃん。癒されたー!とてもほっとした時間を過ごせました。

さ、また明日からがんばろう。

Grazie♡

未来カレーこりすさんへ

カレーの食べ歩きが好きなナホです。

先日、以前から行こう行こうと思いつつなかなか行けてなかったカレー屋さんに行ってきました。

『未来カレーこりす』さん。

実は1度訪問したことがあるのですが、その日は定休日だったのです…。火曜日は定休日ですよ、皆さん!!ということで、日を改めて訪問いたしました。

店内を入ると、通路の奥が割と広めで、予想外なイメージ。

メニューをはじめ、店内にはいたるところにリスがいましたよ。こりすさんのカレーは『ジャパニーズインディアカレー』というものだそう。わたしは初めて聞きました。メニューを見たら、カレーの種類が意外とたくさんあってちょっとびっくり。

わたしが注文したのは、『ゴア風えびカレー』。やはりえびを見かけたら食べたくなるのでね。

こちらは酸味と辛みが効いたカレーということですが、辛さは一番辛いという3番にしてみました。それでもわたしでも食べられるくらいの辛さでしたよ。

パンをお勧めされたのですが(見た目はナンのようなパンでした)、カレーを食べるときはライスかもしくはライスもいらない派なので、今回もライスに。隣の方が注文したのを見たら、まあまあ大きめのパンでしたよ。今度一口だけ食べてみたいかも。全部は食べきれなさそう…。

カウンターの上には、わたしに好きなクラフトジンがいくつか並んでいたので、夜にジンを飲みながらカレーというのもいいのかもですね…!

Grazie♡

お盆ウィークも!かりーぱみゅぱみゅ

ジャドプールのイベントにはできるだけ行かなくてはと思ってるナホです。

さー、今日から始まった『お盆ウィークも!かりーぱみゅぱみゅ』に行ってきました。

いつも月1で行っているイベントのCPPこと『かりーぱみゅぱみゅ』が今日から3日間開催されてますよー!

CPPは通常メニューでは出していないカレーが食べられるので、わたしは毎回とても楽しみにしてるんですよねー!

今日は12:30ごろに訪問したら、ちょうど入れ替え後だったようでスムーズに入店できました。ラッキー♡

完全セルフサービスのシステムなので、勝手がわからない方もいるんだろうなぁ…。店主が毎回FBで書いてますけどね。(穏やかな口調で辛口です。笑)

《お盆ウィークの営業について》8/8(土):通常営業(11時~14時LO、18時~20時LO)8/9(日):通常営業(11時~14時LO、18時~20時LO)8/10(月):ランチのみ営業(11時~14時LO)8/11(火):イベ…

Jhad Pul-ジャドプールさんの投稿 2020年8月7日金曜日

今回はこんな感じのメニューでした。スリさんのミントが効いた爽やかなチキンカレーとオクラのおかず、ミランのスパイシーな粗挽きマトンキーマカレーとナスのおかず、バスマティライスと小さなナン。今回のメニューはどれもわたし好みのものでしたー!!特にオクラとナスのおかずはベジ好きのわたしにはたまらん♡ミントが効いたチキンカレーは今度真似して作ってみたいなって思ったし、マトンキーマはかなりスパイシーなので汗だくになったけれど、また食べたくなる中毒性ありだわ。笑

わたしはいつもナンはお持ち帰りするので、ジップロックのLサイズを持っていくんですけどね。今日ももちろんナンはお持ち帰りしました。豆カレーとバスマティライスはおかわり自由なんですけど(こちらはお持ち帰りできないよ!!)、わたしは最初に盛られたものを食べるので精いっぱい。笑

食べ終わってお店を出たら、パラパラと小雨が降ってるではないですか!!ジャドプールの駐車場で一度車を擦ってからはお店の駐車場には車を停めないと心に決めてるわたしは、車を停めている駐車場まで少し歩かなければならなくて…。仕方ないので、ナンが入ったジップロックを傘がわりにしました。少し大きさもあるので、ある程度雨はしのげましたよ。笑

車から見ていた人は、ナンを傘がわりにしてる変な人が歩いてる…と思ったんだろうな。ま、いいけど。

かりーぱみゅぱみゅは13日まで。もう1回行こうかな。笑

Grazie♡

恵庭にある『アースコンテンポラリー』さんへ

恵庭のゴルフ場によく行くのですが、今年はゴルフ場でごはんを食べることもなくプレーが終わったそのまま帰宅というパターンなのでちょっと寂しい…。そこで、気になっていた恵庭は恵み野にある『アースコンテンポラリー』さんへ行ってみることにしました。

それにしてもサイコーのお天気でした!ベストスコアも出たし!まだまだ下手っぴだけどね。笑

カレーの食べ歩きが好きなナホです。

ゴルフ場からの帰り道という訳ではないけれど、せっかく近くまで行ったので営業時間を調べてみたら21:00まで営業しているとのこと。ゴルフ場から20分弱で行けるみたいだったので、ナビに住所を入力して向かうと、数年前に仕事で来たことのある場所のかなり近くでびっくり!笑 到着したのは17:00少し前でした。

調べてみて知ったのだけれど、こちらのお店は今年にの4/10にオープンしたばかりなんですね。栗山にあるお店の2号店だそう。

スパイスが並んでいる棚をみるのが好きです。笑

一人だったのでカウンター席に。奥はテーブル席と小上がりの席もあって割と広い店内。カウンターの上にはワインがたくさん並んでましたー。運転手がいたら絶対飲んでたよね。笑

メニューをざっとみたんだけど、こちらに来たらまずは『コンテンポラリーターリ』を食べると決めていました。なので他のメニューはあまりじっくり見なかったよ…。

メニューによると、コンテンポラリーターリの内容は、ダール、マトンマサラ、チキンチョイラ、アールチョカー、ネパールサラダ、パパド、ラディッシュアーチャー、ライス、ガーリックナン、ほうれん草のグリル、プレーンラッシー。

まずはプレーンラッシーが運ばれてきました。

とろっとしたラッシー。トッピングもいい感じ。カップもかわいい。

少ししてターリーが運ばれてきましたよ。

この向きで置かれたのでそのまま写真を撮ってしまったのだけれど、カレーを奥にして撮った方がよかったかもと後になってから気づいた…。笑 あと、ターリー皿がステキ。こういうブロンズっぽい色のものも良いねー!!欲しくなっちゃう。

その後に、ガーリックナンが登場。この時点で、ナンはお持ち帰りにしておけばよかったと後悔…。

辛さは3番にしてみました。いきなり一番辛いのにするのはやめようと思って。笑 食べてみると意外と大丈夫でした。次回訪問する時は4番にしてみてもいいかも。

ライスもナンもあるので、わたしにとってはちょっとボリューミーすぎた…。お腹いっぱいになりすぎてしまって(しかもナンは食べきれなかった…涙)帰りの運転がかなりめんどくさくなっちゃいましたもん。笑

ダールが好きなので、ダールと副菜たち(チキンチョイラとアールチョカーが好きな味でした)とライスが少しあればわたしは満足かな。

次回行く時は、前菜プレート、エビサデコとポテトチョカの組み合わせ、スパイシーグリル魚を食べてみたい。でもこれはワインを飲みながらの方が良さそう…。やはり運転手が必要だわ。笑

あと数回恵庭でのゴルフの予定があるので、帰り道はこちらに立ち寄るのは定番コースになりそう。単品のカレーメニューも気になるものが数品あったので食べてみたいのだ。ゴルフからのカレーとかしあわせすぎるよね…!

earth CONTEMPORARY (アースコンテンポラリー)

北海道 恵庭市 恵み野西 6-21-6

050-5456-8604

営業時間 11:00~21:00

インスタもありましたよ。

わたしは一体何を目指しているんでしょう…?

最近あまりにもカレーを作って食べていることが多いからか、『カレー屋さんをやらないの?』と言われることが多いナホです。笑

カレー屋さん…。憧れはありますけどね、今のわたしはひとつの場所に留まることを求めていないというか、もっと違う形で何かしたいなぁという漠然とした想いがあるのです。

言葉にするのは難しい。でも言葉で表せないとダメだとも思うんだよね。カレーを中心としたコミュニティがあったらいいなぁと感じていて。カレーを介して色んな人と繋がれる空間。カレーを作るのは、そのコミュニティの誰か。誰かが作って、カレー好きの人たちが食べる。作りたい人が作って食べたい人が食べる。そんな感じ。

そして、わたしはお肉のカレーをあまり作らないというのもあるので、野菜を中心としたカレーを作って食べられるみたいな。

6curryの存在を知ったとき『こういうのすごくいいなぁ』って思いましたよね。うん、6curryみたいな感じのことを札幌でできたら楽しいんじゃない?

<6curryについてはこちら>

6curryのホームページの中にある『食材やお酒をおすそ分けしたり、アイデアを持ち寄って新カレーを開発したり、得意なことを活かしてイベントを企画したり。みんなで作っていくことで、もっと楽しい、もっと心地のいい、一人一人の居場所になっていく』というのがいいなぁって思って。

わたしは色んなカレーを食べてみたいので自分で作るのだけれど、食べ切るのに数日かかってしまうという悩みがあるんですよね…。(最近は食べてくれる方を見つけたので若干悩みはなくなりましたが)こういう悩みを抱えている人は実は多いんじゃないかとも思ってて。自分で作ったカレーって、2食も食べると満足してもうそれ以上はいらないというか飽きちゃうというか…。

結局は誰かが作ってくれたものを食べるのは一番いいんだよね。

わかるーーー!!

いつかこのカレー作りとカレー食べ歩きの日々をいい感じにアウトプットしたいなとは考えてますよ。何かいいアイデアがある方、教えてください。笑

最後に、先日久々に食べてやっぱり好きだわと思った村上カレー店プルプルさんのカレー写真を貼っておきますね。

こちらは『まめ・野菜カレー』。わたしが思うにあまり注文する人はいないんじゃない?かと。というのも、先日行ったとき、わたしが訪問した直後の方々の注文を聞いていたけれど(カウンターに座っているとわかってしまうというのもあるけれど…)、誰も同じものを注文しなかったよね。豆好きにはたまらないと思うんだけどなーーー!

カレーはベジ派。でもねこればっかりは好みだから。強要はしませんよ。

Grazie♡

カシューナッツは高級食材

久保さんの『do you like』でカシューナッツのカレーが食べられるというのを知りまして。急に思い立って行ってきました。(久保さんのところは予約して行った方が確実なんだけどね…)

View this post on Instagram

.:.*本日18:30〜open / Sri Lankan cashew nuts curry…. . 先週末も沢山のご来店、ありがとうございました☺︎. 定期的にご来店してくださる方々、意外な方が来てくださったり…楽しく、ありがたい気持ちで過ごさせてもらいました〜✴︎ . スリランカで習ったカシューナッツのカレーを急に作りたくなり、作ってみました。. . ほんのり甘くて香ばしくて、お芋とはちがったホクホク感が魅力的♡ですが、次回はいつ作るかわからなく(もぅ作らないかも…)、今週あるだけのご提供になります♪ . 5月にご購入のカレーチケットは7月いっぱいはお使いになれますので、是非ご利用ください。 . 飲みもご飯もお気軽に〜. 今週もよろしくお願い致します☺︎ . . _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ . 下記の時間・要領で営業しております☺︎. . about 18:00〜23:00(22:30L.O). 〈日&月曜休み〉. . ◯引き続きテイクアウト営業もいたします。カレーチケットご活用ください!☺︎ . スリランカお弁当. おひとつ 1,200円(tax in). . お弁当ご希望の方は. ◯お名前 ◯個数 ◯受け渡し希望日時 を、 instaのDMかmessengerまたは、私にLINEで お知らせくださいませ。. . ✴︎お弁当は事前のご予約が確実です☺︎当日の営業時間中のお問い合わせは、電話〈011-500-2007〉にてお願いいたします。. . . ◯イートインご希望の方はご予約がスムーズで安心です。 . ✴︎お席の間の距離を保って営業いたします. ✴︎入店時入り口での消毒をお願いいたします. ✴︎ご予約の有無や店内状況で早くクローズする事もございます. ✴︎体調の優れない方はご来店をご遠慮ください. ✴︎店内換気につとめております. . . . . スパイスご飯とお酒のお店『do you like』 0600063 札幌市中央区南3条西7丁目6番地 狸小路7丁目内 TANUKI SQUARE 1階 tel:011-500-2007 . . . . #作りたいか食べたいを #起点にしてメニュー決めがち #火曜日のスタートは #えらくあわてがち #18時オープンすらできない泣 #みなさまいつもありがとうございます #高級食材は #もちろん美味しいけど #私はじゃがいもが #永遠にラブ #家庭料理が好き #タヌキスクウェア#狸小路7丁目 #札幌カレー #southIndianfood#南インド料理 #SriLankanfood #スリランカ料理 #southindia#SriLankatrip #homestay #hokkaido#sapporo#home

A post shared by Nao_doyou_like (@naokokubo7773) on

スパイス大好きナホです。

週替わりで南インドとスリランカ料理が楽しめる久保さんのお店。今週はスリランカ。スリランカ料理は勉強中なので、色々と食べてみたいんだよなぁ。

写真にはパパダムとキタアカリのホディが写ってないのですが、そちらもついてまーす。今回の中で特にお気に入りだったのはカシューナッツのカレーとミリスマールという魚の辛いカレー。

カシューナッツはスリランカでも高級食材であるので滅多に食べられないそう。確かに美味しいよねー、カシューナッツ。ナッツの中でも1、2を争うくらい好きかも。カシューナッツのカレーは以前に自分でも作ったことがあるのだけれど、久保さんのを食べたらあまりにも美味しすぎて、もっともっと食べたくなってしまった。笑 高級食材だから次いつ作るかわからないって言ってましたよ。

それから、ミリスマールという魚の辛いカレー。

これは久保さんのカレーの中では辛い部類に入るものかも。他のカレーと混ぜ混ぜするととても美味しかったの。

久保さんのところで美味しいスリランカプレートをいただいたわたしは、どうしてももう少し食べたくなったので翌日自分でスリランカプレートを作ることに。カシューナッツのホッダと魚のカレーは作ろうと決めてました!

カシューナッツは中華食材コーナーに売られている生カシューナッツを使ったよ。5分くらい茹でて柔らかくしておきました。

あとは材料を一気に入れてそのまま煮るだけ。カレーリーフはもちろんうちの子。今回は1号ちゃんから収穫しました。

できたできた♡汁気のあるカシューナッツのカレーだよ。

そして、魚のカレーに使うお魚はカツオを使うことに。

近所の魚屋さんで1本で売られていたものだったのだれど、半身だけ欲しいと入ったら対応してくれましたー!嬉しい!骨も皮もキレイに取ってくれて助かります!以前、自分でカレイを捌いてひどい目にあってからは、プロの方にお任せすることにしてます。笑

スリランカカレーのレシピを見ていると、スパイスをあらかじめまぶしておくことが多いですよね。トゥナパハを中心としたスパイスをフライパンでローストしてからまぶしておきました。ランペはドライのものを使いましたが、いつか生のものを使ってみたいなぁ。

ココナッツミルクなどを入れて煮込んで完成。今まで魚のカレーってサバや鰆でしか作ったことがなかったので、カツオで作るカレーはとても新鮮だったし、美味しい!!赤身魚はお刺身はそんなに好きじゃないんだけれど、カレーに入れるとすごく好きなのかもしれないということに気づかされました。

この2品の他に、キャベツのマッルンとパリップも作り、プレートに盛り付けたのがこちら。

パパダムは油で揚げたのですが、少し焦がしてしまった。まだまだ練習が必要だ…。笑

久保さんのカレーを食べるたびに、スリランカに行きたくなるし、もっとスリランカ料理について学びたくなるし、色々作ってみたくなるんです。ホント美味しくて、色んな人にとにかくお店に行ってみてー!と絶賛オススメ中。お酒を飲みながらカレーも食べることができて、色んなお客さんとお話できるのも楽しいですよー。週替わりだから毎週行きたくなっちゃうよね…!

それにしてもスリランカって魅力的だわ…!

Grazie♡

今月のかりーぱみゅぱみゅ

ジャドプールの月に1度の定例イベント『かりーぱみゅぱみゅ(CPP)』。今月も無事に行ってきましたー!笑

スパイス大好きナホです。

お昼の混み合っていそうな時間を避けて14:00ごろに訪問したところ、何と満席で15分ほど待つことに。みんな同じこと考えていたのかなぁ。笑

今月のCPPはこんな感じでした。

スリさんは『ナスが入ったカレーなの』、ミランさんは『マトンが入ったカレーなの』、そして定番のダルカレーと小皿料理はスリさんの『チキンで夏っぽいヤツ』。もちろん小皿料理も注文するよね。

カレーは左からナスのカレー、ダルカレー、マトンカレー。CPPのいいところは通常メニューにないカレーが食べられるところ。今回のスリさんのナスのカレーは、すごく好みでした…!ジャドプールの通常メニューの野菜のカレーはネルールベジクルマという優しい味のカレーなので、辛口の野菜のカレーが食べられるのっていいね!!

ダルカレーは安定の美味しさ。ミランさんのマトンは、通常メニューのスリさんのマトンよりは辛さ控えめだったから食べやすかったー。スリさんのマトンはわたしにはちょっと辛いのだ…。チキンはすごく爽やかな唐揚げのような感じでした。美味しい…。

CPPはライスとダルカレーをおかわりできるんですけどね、とてもじゃないけどはじめにプレートに盛られた量だけでお腹いっぱいになっちゃうので1回もおかわりしたことはありません…。何度もおかわりをしに席を立つ方を横目で見ながら、たくさん食べたい気持ちだけはあるんですけどね…。胃が追いつきません。たくさん食べられる人が羨ましいよ!!

ちなみにナンはいつもお持ち帰りします。ジップロックを持参して、写真を撮ったらすぐに袋にしまっちゃいます。

後からおやつとしてナンだけ食べるのもなかなかいいよ。

CPPでは知り合いに会える確率がとても高いので、行くのが楽しみなイベントでもあるんですよね。前回も今回もサプライズでお会いできた方がいて楽しかったなぁ。

美味しくて楽しいのがカレーだなぁって思うよ。

Grazie♡

久しぶりに中華もいいですね

基本的には一人で『ごはんを食べる』というだけの外食はカレーを食べに行くわたし。(お酒を飲む時は別ですが…)以前はラーメンとかパスタとかも食べに行っていたような気もするけど、最近はほぼ行かなくなりました。

ご近所のお店を色々と開拓したいと思っているナホです。

そして、一人ではほぼいくことがない外食の筆頭が中華。中華好きなんですけどね、色んなものを少しずつ食べたいので、定食でどーーんと出てくるようなお店だと厳しいよね…。でも今は街中にはおしゃれな中華のお店が増えましたよね。ワインを飲みながら中華が食べれるようなお店。行きたい。

ランチに『中華が食べたい』となりまして。久々に地元澄川の中華のお店に行ってみることに。訪問したのは『中国料理 珠華飯店』さん。

昔ながらの中華のお店です。

ランチは定食もあるよ。

食べたいものを注文してシェアすることに。一人じゃそれができないので辛いよね。

まずやってきたのが五目やきそば。ちなみにハーフサイズです。パリッと焼いた麺に具たくさんのあんがかかっていておいしーーー!!

お次はレバニラ炒め。

最近ニラにハマっているわたしは、ニラという単語に弱いらしい。笑 それから、レバーは今まであまり食べなかったんだけど、先日ジャドプールのイベントでレバーを食べたときに『あれ?レバーってこんなにおいしかったっけ?』と思ったこともあり注文。大人になると味覚が変わりますよねー。ええ、もちろん好きな味でした。

そして、魚の甘酢。

魚は断然白身派のわたし。酸っぱいものも好きなのよねぇ。美味しい白ワインと共にいただきたかったのですが、町の中華屋さんですからね…ビールと紹興酒は置いていたと思うけど、ごはんガッツリ食べるときはあまりお酒は飲まないんです…。ちなみにこちらは本日の定食のCセット。ごはんは連れに食べてもらいました。笑 スープとザーサイがセットだったのですが、写真撮り忘れた…。

最後にやってきたのは蟹チャーハン。

こちらもハーフサイズ。でもこの時点でもうお腹いっぱい過ぎてしまって、お持ち帰りすることにしました。帰宅して2時間後くらいにお腹空いたなーと思い食べたのですが、美味しかったーん!!自分ではチャーハンってうまく作れないから作らない。笑 パラパラにするのって難しいよね。

地元の方に愛されているお店のよう。お昼時、店内は満席でした。一人客からサラリーマンの3人組、ファミリーや若いカップルなど年齢層も幅広かったなぁ。

たまには中華もいいもんだ。他にも気になるメニューがたくさんあったので、たまに行きたい。澄川に住んでからもうかなり経ちますが、行くお店が限られていることもあって、他のお店をあまり知らないんですよね…。地元のお店をもっと開拓してみたいな。

Grazie♡

南インドとスリランカの家庭料理が食べられるお店

久保さんのお店『do you like』については以前にもブログに書きました。

スパイスご飯とお酒のお店『do you like』さん

オープンしてからしばらくはテイクアウトのみで営業していたのですが、今は店内での飲食もできるようになったので、わたしも2度ほどお邪魔してきました。やっぱり店内で食べるのっていいよねー!!

スパイス大好きナホです。

7/1の道新の夕刊で久保さんのお店が紹介されてました。

すごーーーい!!新聞って意外と見てる人多いですよね(失礼……笑)お問い合わせが増えるんだろうなぁ。

先月訪問した時はスリランカプレートの週でした。

ライスは赤米に変更しました。赤米好きなんですよね。家でもたまに食べてます。この日はホタテのボラタがとにかく旨味がすごくて、貝ってすごいなぁと思った日でもあります。

そして昨日は南インドプレートの日でした。

食べてて落ち着くのはやっぱりサンバルなんですよね。サンバル大好き。この日は大根となすのサンバルでした。わたしは大根だけとかなすだけでサンバルを作ることが多いので、2種類入れるのもいいなぁと思いつつ。カリフラワーやごぼう、キャベツ、ズッキーニなど、久保さんの作る料理は野菜が多く使われていて、その点も好きなことのひとつなんです。

新聞記事の中にもありましたが、現地で習った「おふくろの味」がベースになっているとのことで、いわゆる家庭料理なんですよね。南インドやスリランカの家庭料理ってなかなか食べることができないじゃないですか。多くのレストランでは日本人向けに味をアレンジしていたり、華やかな感じにしていたりすることもあるのと思うので久保さんのような素朴な感じの料理が食べられるお店ができたというのがホント嬉しいんですよね…!

アジアハンターの小林真樹さんが著書『日本の中のインド亜大陸食紀行』の中で書かれていた外食料理と家庭料理との差についての文章を読んだときに、家庭料理というものにとても興味を持ったんですよね。

インドでは料理の地方差も大きいが、外食料理と家庭料理との差もかなり大きい。不特定多数の需要を満たさなければならない外食料理はある種の定型化した、最大公約数的な料理であり刺激の強い香辛料も多用しがちである。また、ビジネスである以上当然コスト計算され利益が生じなければならない。利幅は大きいほどいい訳で、極端な話安い経費で高く売れればそれに越したことはない。一方、家庭料理はそうした制約から自由であり、純粋に食べる人を想定して作られた料理である。浄不浄の観念が強く、食に保守的なインドでは赤の他人の作った外食に対する不信感が今でも根強く、外食そのものをしたがらない人も少なくない。こうした人たちは旅先に行っても自らの家で作った料理を可能な限り持参しようとする。こうした場面にたまたま出くわし、おすそ分けしていただいた時のそれらの家庭料理の優しい美味しさは忘れられない。(p.105-106)

家庭料理の優しい美味しさ…そうそう、久保さんの料理を食べるとそれをとても感じるんですよね。毎日食べても飽きない。毎日食べられるのであれば食べたいくらいだよ…。

久保さんのお店では、色んな方との出会いがあるのもまた楽しいんです。一人でふらっと立ち寄りたい、そんなお店です。プレートは数に限りがあるので予約をしていくか、当日であれば電話をして確認してから訪問するのがベストです!

気になっている方はぜひぜひ…!

<久保さんのInstagram>

 TEL 011-500-2007

Grazie♡

Page 2 of 19

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén