Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

日本のスカーフブランド

ネットを見ていてたまたま見つけたブランド『MACOOL(マクール)』。元クリスチャンディオールのフランス人デザイナーと、日本人デザイナーによるスカーフブランドなんです。折り紙の折線の中に、日本の伝統文様などが描かれていて、素材はシルク100%で日本製とのこと。

染色は京都の工場にて、日本製の最新機械を使い染色しているんですって。オリジナルのプログラミングを行うことで、170万色以上を表現でき、鮮やかで美しい日本色が表現できるんだとか。画像で見る限り、とても鮮やかな色という印象です。

シルク100%で日本製、というだけだとなかなか差別化するのは難しいですよね。この『最新機械』というものが、一体どういうものなのか気になりますねー。

ホームページやインスタで、商品や巻き方のアレンジが紹介されていましたよ!わたしはあまり使わないんだけど、スカーフリングも販売していて、スカーフリングを使ったアレンジも多く紹介されていました。

<MACOOL ホームページ>

<MACOOL Instagram>

ステキだなぁと思ったスカーフアレンジ

NACOOLのインスタを見ていて、いいなぁと思ったスカーフアレンジをご紹介しますね。画像はMACOOLのInstagramからお借りしました。

トレンチのベルトの代わりにスカーフを巻くというもの!今は冬なのでトレンチは着れないけど、春先にトレンチのベルトを外してスカーフを巻くとかわいいかも♡(そういうわたしは、トレンチ着ないんですけどね…。笑)

今の時期だと、タートルネックの上にスカーフを巻くのもステキ。

シャツにニットを重ね着して、その上にスカーフを巻くのもいいですね。これはスカーフリングを使っていますね。スカーフ専用のものじゃなくても、指にはめるリングで代用できますよ。

あと、このスカーフのように、縁にラインが入っているものは、三角に折って使うときにラインがアクセントになるので、スカーフを選ぶ時に気にしてみるといいですよ。

首元が広く開いているニットであれば、結び目を後ろに持ってくるものステキです。

こちらはシンプルな黒のワンピースにカラフルなスカーフ。スカーフリングを使うと、とても簡単にアレンジが出来るみたいですね。(個人的には指輪で代用でいいと思っている人です…わたし。あまり大きなリングは好きじゃない…。)

ファーコートにスカーフという組み合わせも好きです。ファーとスカーフがくっついている商品というのもたまにありますよね。

最近、わたしのお気に入りの巻き方がこちら。クルーネックのニットやスウェットの首元にぐるぐるっと巻いて、結んだ先は中に入れ込むというもの。首元がとても暖かくてオシャレに見えるのでとてもオススメです。

こちらも、先ほどのと似たような感じですね。少し大判のスカーフを巻いているように見えます。モノトーンのお洋服に色を挿すのがいいなぁと思います。

いつものコーディネートにスカーフを取り入れるだけで、普段より少しワンランクアップしたような感じになれると思いますよー!

先日のイベントの時に、色んな方とお話をさせていただいたのですが、やはりスカーフをコーディネートに取り入れるのが難しい、とおっしゃっている方が多かったですよ。スカーフは好きなので、かわいいのを見つけたら買ってしまうんだけど、一度も使わずにしまってあるの…。という方もいらっしゃって、『もったいなーーーい!!』って思いました。

もっと気軽に巻いてもらいたいなぁ。

そして、色んなスカーフを見ていて、本当にわたしが欲しいスカーフというのがようやくわかってきたような気がします。動物ものがやっぱり好きだなぁ。

みなさんも、もっと気軽にスカーフを取り入れてみてくださいね。

では、では。

Grazie♡

 

The following two tabs change content below.
NAHO WATANABE

NAHO WATANABE

代表取締役株式会社STYLEZ
セレクトショップで13年間勤務後、スカーフストールスタイリスト®として、スカーフを広める活動を行っています。その他、ショップのコーディネートや広報担当、ビジネススクールの非常勤講師なども行っています。