ナホが毎日楽しく過ごす方法をお届けします♡♡♡

カテゴリー: スカーフストールスタイリスト® Page 1 of 4

ワインをギフトで贈るときに試して欲しいアレンジ

ステイホームでおうち時間が増え、最近またメルカリでスカーフを物色しているナホです。たまに、すごくお買い得でいいものがあったりするんですよ。笑

先日、ワインボトルを風呂敷で包むアレンジをネットで見かけて、それをスカーフでやってみたところ、めちゃめちゃいい感じだったんです…!

以前古着屋さんで購入した80㎝×80㎝の大きさのスカーフを使いました。ワインボトルをプレゼントするときに、このままプレゼントしたらステキじゃないですか?スカーフは再利用できますからね。

それで、このアレンジの仕方を動画で撮ったらわかりやすいんだろうなぁと思いつつも、写真でやってみました。笑 すごく簡単なのでぜひ。ワイン以外のボトルでも同様にできますよ。

①スカーフの裏面を上にして角が手前にくるように広げ、真ん中にワインボトルを置く。

②角をワインボトルの高さに合わせて内側に折り込む。

高さを合わせてみたところ

③プリーツを作ってボトルと一緒に輪ゴムで留める(写真はヘアゴムを使ってますが、クリアの輪ゴムがいいと思います)

④反対側も同様にして、同じゴムで留める。

⑤両サイドを持ち、一度後ろでクロスさせてから前で結ぶ。

片手でスマホを持っているので、見づらくでごめんなさい!脚立買わないとー!

⑥完成!!

最後はリボン結びにしてもいいと思います。大判のスカーフを使うときはリボン結びの方がバランスがいいかもですね。

スカーフ込みのギフトという感じで、人とはちょっと違った感じになるのもいいなぁと思うのです。

スカーフは古着屋さんでヴィンテージのステキな柄のものが売っていたりするので、そういうのを使うのもいいですね。

おうちに『誰かからもらったけど使ってないスカーフ』がある方!ぜひ、ギフト包装用としてスカーフを使ってみるのはいかがでしょう。人から人へ、回り回ってスカーフが旅立っていくというのもおもしろくないですか?

Grazie♡

スカーフストールスタイリスト®インストラクターになりました

2年ほど前に国際スタイリングカウンセラー協会(ISCA)スカーフストールスタイリスト®(当時はスカーフスタイリスト®でしたがその後名称変更になりました)を取得して、Fortunaさんのイベントなどでたまにスカーフアレンジをさせていただいてました。

スカーフが好きなナホです。

この度、スカーフストールスタイリスト®のインストラクターとして活動していくことになりました。最近、スカーフのことをあまりブログに書いていなかったのでもう飽きたのか?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことは決してございません。笑

詳しくはこちらのページをご覧ください。

<スカーフストールスタイリスト®認定講座>

先日2日間、澤木祐子先生がいらっしゃって、札幌で初のベーシックコースとアドバンスコースが開催されました。

初日のベーシックコース。

2日目のアドバンスコース終了後。2年前に受講したときよりもアレンジが増えていて、わたし自身もとても楽しかったー!!

昔からスカーフやストールが好きでした。首は1本しかないのに、『こんなにいる??』というくらい色々買ったなぁ…(今だったらもう少し考えて買うと思うけど。笑)

気に入ったブランドは毎シーズンどんなものが出るか気になるし、気に入ったら色違い買い(イロチ買い)したくなるし、それだけスカーフやストールって魅力的だったんですよね。

しかも、スカーフやストールって陳腐化しないので、昔買ったものたちは、今でもほとんどのものを使ってますよ。この日、祐子先生が巻いていたエルメスのスカーフは40年前のものと言ってました。むしろ昔のデザインの方がステキだったりします。多少はシミが付いたりしている場合が多いけれど(わたしが持っているヴィンテージのエルメスもそうです…)、巻いたらそんなに気にならないんですよね。

『おばあちゃんが昔巻いていたものなのよ』と言って、娘や孫に引き継がれていったりするものにとても憧れがあります(わたし自身はそのような経験がなかったので…)。

2日目の講座の後は久々に『ファビュラス』でランチをしたのですが、相変わらずステキなお店でした。食べたのは季節のガレット。リンゴが美味しかった。

今後は『スカーフストール入門講座』を多く開催していこうと思ってます。興味があるかたはぜひお問い合わせくださいねー!

では、では。

Grazie♡

インドやネパールに行きたい理由

すっかりスパイスにハマっているわたしが、今、一番行きたい国はインドとネパール!はーーー、行きたい。たまらん。行きたい。カレーはもちろん、スパイス料理も色々食べてみたいし、現地のスパイス売り場も見てみたいし、むしろスパイスの畑にも行きたいよね。食べ物だと北インドよりも南インドのほうが好きだなぁ。ミールスを食べまくるのだ。

インドとネパールに行きたいナホです。

未知なる国インド。一度行ったら人生観が変わるよ、って色んな人に言われてます。いつになったら行けるかな……インド……死ぬまでには絶対行きますから、待ってろよ、インド。笑 そして、ネパールにいったらダルバートを食べまくるのだ(そんなに量は食べられないけどね。気持ちだけ前のめり)。これまたネパールに行ったことのある方の話を聞くと、ダルバートはどこで食べてもとても美味しかったったとのこと。いいなぁ、ダルバート……。

ところで、インドやネパールに行きたいのはスパイスだけじゃなくて、現地で布を見たい、というのも理由のひとつなんですよね。スカーフストールスタイリスト®でもあるわたしは、昔からスカーフやストールなど、とにかく『布モノ』が大好きでした。

インドってインド綿が有名ですよね。綿花畑もみてみたいし。ネパールには暖かいストールがたくさんありそうなイメージ。インドもネパールも布モノに関してはカラフルなものが多いイメージですね。個人的にはスカーフやストールはカラフルな色のものが好きなので。

ティラキタさんのサイトを見ていたら、布モノもとても充実してました。

伝統的なデザイン、製法は気になりますよね。

大判ストールはインテリアに使うのもステキですが、これからの季節はアウターの上に巻くのにとても重宝しますよね…!

スカーフだけじゃなくて、ストールの巻き方アレンジもお伝えできますよ♡

『スカーフストール入門講座』は、希望者にはレッスンを行っています。1時間半ほどのレッスンで、スカーフの巻き方5種類、ストールの巻き方5種類を習得できますよ。

レッスン代は3,500円。1度のレッスンは4名様まで受講可能です。お友達などを誘っていかがですか?

詳細・お問い合わせはFacebookのメッセンジャーでお願いします♡

<ワタナベナホ Facebook>

最後売り込みキターーーーーー。笑

今日も新しい巻き方をひとつ覚えました…!これはフードのようになるんですよ!!(気になるでしょー!笑)

では、では。

Grazie♡

 

季節に合わせた柄のスカーフを巻くオシャレ

Ciao!!

スカーフが好きなナホです☆

冬に巻いたらステキなスカーフ

スカーフって素材がシルク100%やポリエステル100%のものがメインなのでシーズン問わず使えるし、柄も花柄とかペイズリー、幾何学模様のものも多いので、あまり季節を感じないアイテムなのかもしれません。

でも、春夏と秋冬で販売されるものは、それぞれ色味やデザインが違うので使い分けたら楽しいと思うんですよね。

わたしがいいなぁと思うスカーフってかわいいイラストのものであることが多いんです。例えばkinlochのスカーフ。毎回テーマに沿ったイラストが遊びゴコロがあってステキなの。

ネットでステキなスカーフはないかとたまに探しているのですが、今シーズンのCHANELのスカーフがとてもステキでした!(画像クリックでサイトに飛びます)

雪の結晶が並んでいたり。

スキー場のイラストだったり。ゴンドラがかわいいなぁ。

お家の屋根に雪が積もってる感じかな?

これは『ヘアバンド』として紹介されていたけれど、首に巻いてもステキだし、手首に巻いてもいいですよね。めちゃめちゃかわいい…。欲しい…。片面はラインが入っているというのもステキだ。シンプルなニットを着た時に合わせたいなぁ。

もちろんシーズン問わず使える柄のものもあると便利だとは思うんですが、スカーフも衣替えのような感じで冬の柄のものを巻くのってとてもオシャレだなぁって思います。

首元にギュッと巻いたらどんな柄なのかがわからないのはちょっと難点ですけどね。笑

冬はストールを巻くことが多くのなるのでスカーフの出番が少なくなりがちなんですけど、外ではストール、建物の中にいるときはスカーフと巻き分けるのもいいかと思いますよ!

ぜひ、冬にもスカーフを楽しみましょう!!

では、では。

Grazie♡

涼しさとオシャレさを兼ねてみました

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

さすがに熱帯夜は3日連続で終了した札幌。少し気温が下がっただけでも、昨夜はとても快適に過ごせたような気がします。ヒトの身体って、環境に順応していくものなんですね…。

日中は暑いのでどうにかしたい

それでも日中は30度超えになるため、北海道民にとってはなかなか辛いところ。外に出ると『あぢーーー』ってなりますもん。家の中ではタオルに保冷剤をくるんで首に巻いていましたが、さすがに外出するときにそれはちょっと…と思ったので少しアレンジしてみることにしました。

選んだのは『コシラエル』のコットンハンカチ。

<コシラエルのハンカチはコチラから買えます>

以前、青山のスパイラルでイベントをしていたときにたまたま知ったコシラエル。とにかくどれもこれもステキな柄のハンカチがたくさんあって、テンションが上がりました…!(ぜひウェブストアををのぞいてほしいです!!)

しかも大きさも54㎝×54㎝と少し大きめで首に巻くのにもちょうどいい大きさなんですよね…!

コシラエルのハンカチについて熱く語ってしまいましたが、このハンカチに保冷剤を包んで首に巻くことにしました。

ケーキなどを購入したときに付けてくれるような小さめの保冷剤をハンカチの中央に置いて、対角線上の角を中に折り込んでいきます。

こんな感じに。保冷材の部分を首の後ろにして巻くだけです。

首が隠れるくらいの髪の毛の長さがあるかただったら、あまり目立ちませんよー!

とにかく首を冷やしておくだけでも快適。あまり長い時間は持たないけれど、自宅から地下鉄駅まで歩くだけでも汗だくになるわたしにとっては、かなりいい感じでしたよ。熱中症を防ぐためにカンタンにできることなので、やらないよりはやったほうがいいよね。しかも普通に首にスカーフというかバンダナを巻いているだけに見えますから。

涼しさとオシャレを兼ねてということで。

コシラエルのハンカチはコットン100%なので自宅で手洗いできますし、なんといっても汗を吸い取ってくれるのが嬉しい。

このハンカチ、プレゼントにするのもいいかもですね♡もらったらうれしい♡

少しの間でも涼しさを求めるかた、ぜひお試しください!

では、では。

Grazie♡

ロシアのスカーフを買いに行きたい②

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

昨日に引き続き、ロシアのスカーフブランドを見つけたのでご紹介。

『Kokosha-studio』というブランド

地図を見てみたら、モスクワのボリジョイ劇場の向かいにあるホテル・メトロポールにお店が入っている『Kokosha-studio』。

ボリジョイ劇場はさすがに名前は聞いたことある…!

まー、つくづく感じるのは、自分がロシアに対してあまりにも知っている情報が少ないなぁいうことですね。

(画像クリックでサイトに飛びます)

サイトのトップページのスカーフの柄がすごく好みでした。

やっぱり『お馬さん』って鉄板だし、なんだかんだ言ってとても好き。ちょっと緩い感じのイラストが好みなんですよね。リアルすぎたりファンシーすぎるのとかはちょっと苦手……。笑 バランスって大事よね。

商品を見てみたら、いいなぁと思うものがいくつかありましたよ。完売のものもありますけどね。

スカーフそれぞれについて、デザインについての詳細が書かれているんです。Google先生に訳をお願いしたので、イマイチなところもあるのですが、なんとなくは意味が通じたかな。

一番最初のスカーフについては、寺院の底部にある幾何学模様の大理石パネルと残っている絵の断片性、漂白された壁に飛び散る光、空間を埋める目に見える空気、光と影……これらすべてがこのスカーフの構成に反映されている、みたいなことが書かれてました。(日本語絶対へんだけど。なんとなく言いたいことはわかった。笑)

こういうパッチワーク風のものが好きなんですよねー。巻いたときにいろんな表情になるところがいい。

2枚目のスカーフは、このブランドのお店があるホテル・メトロポール。メトロポールは、モスクワで最も印象的な近代的スタイルの歴史的建造物だそう。

3枚目は兵士が描かれていると思うのですが、単純に色の配色がとても好き。黄色のスカーフがずっと欲しいなと思いつつ、なかなか買えてないんですよね…(こちらも完売でした…)

ガウンのようなものもステキ。サイトには『KIMONO』という表記がされてましたけどね……(コレ、大丈夫なのかな?誤解しそうだけど……)

お土産で買うということを考えたら、やはりその土地や歴史を感じられるデザインのモノは思い出になるからいいなぁと思うんです。わたしは昔から地図柄とか好きなんですよね。

あーーー、ますます興味が湧いてきちゃうロシアなのでした。

では、では。

Grazie♡

ロシアのスカーフを買いに行きたい

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

ますますロシアに興味が出てきました

ここのところ2回続けてロシアついての講演会に行ってきたこともあって、ロシアに行きたい熱が高まっているわたし。熱しやすいタイプなんで。笑

ロシアと言えばプラトーク。プラトークとは、正方形の大判のウールストールのこと。教会に行くときには必ず被らないといけないみたいですね。

こういうのですね。色鮮やかな花柄で縁にフリンジが付いているものが多いみたい。

伝統的なプラトークを買いに行くのもいいなぁと思いつつ、ロシアのスカーフブランドってあるのかなぁと調べてみたら見つけました。

『Radical Chic』というブランド。

サイトとインスタを見てみたのですが、とてもステキなスカーフがたくさん!!

これとか超かわいいー!色も好き♡(画像クリックでサイトに飛びます)

動物好きにはたまらないやつ。色遣いもステキ♡

野菜などの食料が色々描かれているのもツボです…!

パンや卵にチーズ、珍しい野菜もありますねー。眺めるだけで元気になれそう。

インスタでは、ステキなアレンジも載ってましたよー!

ゆるっとした白のTシャツ+黒のパンツに鮮やかな色のスカーフを巻くのがとても好みだなぁ…!スカーフを3枚結んでつなげて巻くのとかステキだわー(これやろーっと♡)

きっとロシアには他にもスカーフブランドがあると思うので、もう少し調べてみたいと思います。伝統的なプラトークは1枚は欲しいけど、実際よく使うのはデザインが気に入ったスカーフだと思うんですよね。

えー、ナニコレ―?!みたいな柄にやっぱり魅かれるんですよね。色々探してみよーっと。

では、では。

Grazie♡

セールの時に買ったらよいと思うもの

Ciao!!
スカーフ大好き、ナホです☆

セールの時期ですね

7月に入ったらセールの時期ですね。数年前まではお店に立っている側だったというのが今ではもう信じられません…(セール準備も大変だったけど、人混みが苦手なわたしにとってはセール初日も辛かった…)

もともと『セールでバンバンお買い物するぞーーー!!』というタイプではないのですが、個人的にはセールで気に入ったものを見つけたら買った方がいいと思うアイテムがあります。

それは、『スカーフとストール』。

特に、シルクのスカーフはシーズン問わず使えるからオススメ!!セールだからこそ、プロパーだとちょっと高くて手が届かないというブランドを買ってみたり、普段は選ばないけど、挑戦してみたいデザインのモノなどを選ぶのもいいですよね。

あとストールは、春夏シーズンのものは、『コットンシルク』や『コットンポリエステル』などの素材が多いので、秋になって肌寒くなってきたときや、夏でも冷房ガンガン効いているところにいるときなんかにとても重宝しますよ。すごく使えるから1枚持ち歩くのがオススメ!

Faliero Sartiのストールはやっぱりステキだ

久しぶりにZOZOのサイトを覗いてみたら、TOMORROWLANDでFaliero Sartiのストールを見つけました。

(画像クリックでサイトに飛びます)

Faliero Sarti PAUSAストール

Faliero Sarti AMAZZONIA ストール

どちらも刺繍がとてもステキなストール。シンプルなお洋服にサラッと合わせて羽織るのもいいかも。もともとは結構いいお値段するので、セールだからこそこういう感じのものに挑戦してみるのもいいですよね。

1枚も持ってないよという方は、この機会にスカーフやストールに挑戦してみましょー!

巻き方のアレンジレッスンできますよ♡気になるかたはご連絡くださーい。

では、では。

Grazie♡

夏に重宝するストール

Ciao!!
スカーフストールスタイリスト®のナホです☆

POLSのコットンストール

POLSのストールについてはずっとブログに書こうと思っていたのに書いてなかったーーー!!今の時期、ヘビロテしているのがPOLSのコットンストールなんです。

手前がSサイズ、奥がMサイズ

畳むとかなりコンパクトになるサイズ感。極細コットン糸100番単糸をつかって織った繊細なストールなんです。暖かくなってきたとは言っても、やはり夜は肌寒いし、クーラーがガンガン効いているお部屋と辛いですし…。そんな時のために、バッグの中にストールを1枚入れておくととても重宝するんですよねー。

手間のストールがこちら。

白と黒の縦糸を使い分けて織られていて、半分ずつ雰囲気が異なるんです。

なので、巻き方によって色んな魅せ方ができちゃう。

そしてもう一枚の方はこちら。先ほどのよりも少し大きめのタイプ。

大好きなブルー系のボーダー柄です。

境目はこんな感じ。

先日のイベントの時に巻いていたのは、こちらの大きめのストールでした。

花束を持っているので見えづらいのですが…。三角に折って、その三角の部分を根胸の前に垂らして、両サイドを首の後ろでクロスさせて前に持ってきているだけです。

カンタンに巻くだけでオシャレに見えちゃうスグレモノ。しかも、極細コットン糸なので、すごく柔らかくて気持ちいいの。肌が弱い方でも安心して使えます。インテリアに使ってもステキですよね。

しかも、夏に使うものは自宅で手洗いできるほうがいいですよね。首に巻くので、汗を吸い取りますし…(わたしは特に汗かきなので気になります…)。こちらのストールはもちろん手洗い可能なところもうれしい。

インスタに巻いた雰囲気がわかる写真がアップされてました。

わたしは『光の庭』でイベントを行っていた時に購入したのですが、その時に見たジャガード織りのものもとてもかわいかったなぁ。

光の庭でのイベントは終了しているので、今はオンラインストアで購入できますよ。あとCOQ(こきゅう)にも置いてると思うのですが(実際に見てはいないので定かじゃないです…)。COQは南区にあるので行きたいと思いつつまだ行けてません。お天気のいい日に行ったら気持ちいいんだろうなぁ。

ちなみにこのストール、Sサイズが4,320円、Mサイズが7,560円とすごくお手頃価格なんですよ!!お値段見た時、ビックリしましたもん!!

わたしの最近のイチオシストールの紹介でした。

では、では。

Grazie♡

BURBERRYのスカーフ使いを参考にしたい

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

BURBERRYの2019年春夏コレクション

バーバリーといえば、一世を風靡したマフラーとかバーバリーチェックのスカートがありましたね。懐かしいなー。わたしは巻いたことないし、履いたことないんですけどね…。トレンチコートも絶望的に似合わなくて持ってません。笑

バーバリーは、三陽商会のライセンスブランドというイメージがあまりにも強すぎて(2015年6月に終了してますが)、ライセンスブランドがあまり好きじゃないわたしにとっては、興味が湧かなかったというのもあります。

先月の20日には丸井今井札幌店にバーバリーの道内直営1号店がオープンしたそうです(まだ見に行ってないですけど…)。バーバリーはこれから直営店をどんどん増やしていくみたいですね。きっと、一定数のファンの方がいるんでしょうね。

そんなあまり興味がないと言っていたバーバリーなのですが、リカルド・ティッシの初コレクションとなった2019年春夏コレクションのスカーフ使いに釘づけになりました!!ステキなのー!!

以下画像は、FASHION PRESSより引用。

サイドと裾にスカーフがあしらわれたアウター。リメイクして作ってみたい!!(自分じゃ作れないけど。笑)

ジャケットにスカーフがくっついているのかな?色んなアレンジが出来そう。

このパンツのハトメにスカーフが通してあるのステキですよね。すぐ真似できちゃうアレンジ。バーバリーチェックがボーダーになっているブラウスもかわいい。あとこのパンツの形がとても使えそう!

これはスカーフじゃないんですけど、このスタイリングを参考にして、シンプルな無地のワンピースに柄の違うスカーフを広げて2枚巻いたらステキなんじゃないかと思いました。柄のストールでもいいかも!

今回のコレクションで一番すてきだと思ったスタイリングがこちら。大判のスカーフを肩に垂らして、上からクルーネックのカーディガンを羽織って裾だけ見せるというのをやってみたい!って思いました。

バーバリーのスカーフを取り入れたスタイリングは、この春ぜひ真似したいなぁと思ったのでした。

札幌はまだまだ寒い日が続いているので、早く暖かくなってほしいなぁ…!早くアウターを脱ぎたいです。

では、では。

Grazie♡

Page 1 of 4

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén