『ジャンバラヤ』という言葉を発したくてお店でジャンバラヤを注文したことってあります?はい、わたしはあります。笑 いつだったか思い出せないほど昔だから、しばらくジャンバラヤは食べてませんでした。

タマネギ、セロリ、ピーマンがケイジャン料理の聖なる三位一体というのを初めて知ったナホです。

先日のGABANさんのスパイスラボでいただいた『ケイジャンシーズニング』。パッケージの裏面に『ジャンバラヤの作り方』が掲載されていたので、せっかくだし作ってみることにしました。

ただ、パッケージに掲載されていたのは材料と簡単な手順、そして炊飯器を使うレシピだったので、他のジャンバラヤのレシピいくつか調べてみることに(今、うちの炊飯器が壊れてて使えないので…。笑)。

その中で、タマネギ、セロリ、ピーマンはケイジャン料理に使われる野菜だということを初めて知りました。チョリソーを入れるレシピも多かったけど、家にあるもので作りたいと思ったので、鶏肉とタマネギ、ピーマン、ニンニク、トマトホール缶とお米で作ってみることに。

ニンニクを入れないレシピも結構あったけど、わたしはニンニク好きなのでこれは外せないよねー。ちなみにオイルはニンニクを漬けておいたニンニクオイルを使いました。

ピーマンだけじゃなくて、赤と黄色のパプリカもあったら見た目はキレイだったかも…。

鶏肉にはあらかじめケイジャンシーズニングをまぶしておきました。これがまたいい香りなんだよなぁ。

お米は研いでからザルにあげておきました。

ホールトマト缶が中途半端に残ってしまったので、どうしようかなと思ってます…。1缶使い切るほどの量を作る訳ではないので、こういう感じで余った場合にどうしようかなって思うよね。

お水を入れて沸騰したら弱火で炊いて完成…!

イタリアンパセリがあったので刻んでかけてみました。仕上がりは割としっとりした感じに。ジャンバラヤってパラパラしてるものなんだっけ?しっとりしてる感じなんだっけ?お店で食べたのが昔過ぎて正解がわからないまま食べましたが、美味しかったですよ。今度お店で食べて正解を見つけたいです…!

ケイジャンシーズニング自体にお塩が入っているので足しませんでしたが、辛みが足りない方はレッドパウダーなんかを少し足してもいいかもですね…!

シーズニングって便利だなぁ。ただお肉にまぶして焼くだけでも美味しいと思いますよ。色んな料理を作ってみるのは、最近のストレス発散だなぁということに気づきました。

では、では。

Grazie♡

The following two tabs change content below.
NAHO WATANABE

NAHO WATANABE

代表取締役株式会社STYLEZ
セレクトショップで13年間勤務後、スカーフストールスタイリスト®として、スカーフを広める活動を行っています。その他、ショップのコーディネートや広報担当、ビジネススクールの非常勤講師なども行っています。