ナホが毎日楽しく過ごす方法をお届けします♡♡♡

タグ: gopのアナグラ

ビーフニハリが美味しいのだ

先日行ってきた水野さんとgopの信さんのニハリのイベント。そのイベントに向けて、信さんがずっとニハリの試作を行っていたようで、とうとうgopの限定カレーにビーフニハリが登場するというので食べに行ってきました。

スパイス大好きナホです。

ニハリのイベントについてはこちら。

パキスタン料理『ニハリ』を語る!作る!!会へ

チャローインディア煮込み編を読みました

イベントのときに食べたのがマイファーストニハリ。ステーキなどのガッツリ牛肉はあまり好きじゃないのですが、トロトロに煮込まれたお肉は好きなんですよねー。

メインは野菜ときのこ(なめこ)の40番。1週間前にも全く同じものを食べました。笑 今日は、とある事情によりスープカレーのランチ2食目のためライスはなし。ライスなしで、野菜メインであれば意外といけた!笑

そして、ニハリはこちら。

食べてみると、お肉はホロホロでスパイシーなビーフシチューのような感じ。先日のイベントでは圧力鍋を使ってお肉を煮込みましたが、お店で出す分は圧力鍋だと足りないので、じっくりコトコト煮込んだそうです。時間かかっただろうなぁ…!

イベントで食べたときのものとは、違うニハリマサラを使っているそうなので今回の方が辛めでした。辛めと言っても激辛とかじゃないですよ。使用するニハリマサラによってすごく変わるんだなぁということを実感。お肉のこってりさを生姜が補ってくれてとても食べやすいのです。

gopの限定カレーは毎週金曜日スタートなんですが、その前日に信さんがアップするインスタは毎回とても勉強になります。(インスタ貼り付けできなくなったので、画像で。笑)

先日のイベント時に5種類のニハリマサラを味見させてもらったのですが、あともう1種類あったそうで。その他に、信さんのオリジナルの配合のニハリマサラやポトリマサラも作ってみると言っていたので、これは味の違いを確かめに通わねばならないです…!

ニハリ、まだ自分では作れていないのですが、ますます作ってみたいと思ったのでした。

धन्यवाद।

パキスタン料理『ニハリ』を語る!作る!!会へ

以前、gopのアナグラの信さんから『今度、水野さんと何かイベントやるかも』というお話を聞いていたのですが、それがパキスタン料理『ニハリ』を語る!作る!!というイベントでして、参加させてもらいました!

スパイス大好きナホです。

ニハリ……名前は何となく聞いたことはあったものの、食べたことはありませんでした。インドで生まれ、パキスタンで親しまれているイスラム教の煮込み料理のことみたいです。

水野さんがパキスタンに行って実際に食べてきたニハリについては『チャローインディア 即興料理旅行 煮込み編』にまとめられていて、今回はそちらの内容を元に、水野さんが買い付けてきたスパイスを使って、信さんが調理を担当するという何とも豪華なイベントでした。

割とゆっくりと調理していくこともあり、ニハリに使う材料などは、ひとつひとつ丁寧に見せてくれました。

骨付きのお肉。自分では使ったことがないんだよなぁ。圧力鍋を購入したから、挑戦してみたいな。

フライドオニオンを作る信さん。後半は一気に焦げることがあるからフライパンから離れられないのです。

ニハリに入れるスパイスとして特徴的なのが、ローズペタルとカース(バチパーの根)だそう。ローズペタルは知っていたけれど、カースって何?!って感じ。まだまだ知らないスパイスって存在するんだなぁ…。

ニハリマサラは水野さんがパキスタンで購入してきた5種類をみんなに味見してもらって、それぞれ投票してもらい、人気があったものを入れようということに。

このライブ感とかたまらない…!

信さんが飛行機内のCAさんのようにニハリマサラを皆さんに配布してくれました。それぞれ辛味が強いものや塩味が強いもの、ターメリック多めなものなどがありましたが、わたしが美味しいと思ったものは1番人気のものでした。お店によって配合が違いますからね、比べるのはとてもおもしろい。

圧力鍋で50分煮込んだお肉はこんな感じに。

さていよいよ実食。本来ニハリはナンなどパンと一緒に食べるものらしいのですが、今回はライスでいただきました。カレーよりもシチューに近い感じなのかなぁ。でも辛味がしっかりとあるしスパイスも入っているから、やはりカレーに近いかもしれない。あと、ニハリには小麦粉が入っているというのも特徴的ですね。

こちらの2種類は、水野さんがパキスタンで購入してきたニハリの缶詰。味見をさせてもらいましたが、右側の方が美味しかったなぁ。ニハリの缶詰が売っているというのもすごいよね。

食事の後には、水野さんと信さん、それぞれがパキスタンに行ってきた時の写真を見ながらその時のお話をしてくれました。なかなか海外旅行に行けなくなってしまった今、写真を見ながら海外に行った気分になれるというのは嬉しいですよね。

水野さんが説明しているのはニハリが入った鍋なのですが、こちらのお店は毎日1時間だけ営業するお店で、500人前のニハリを売り切るそう。すごい…!

信さんの写真は八百屋のおじさん。カッコイイしなんだかほっこりする。パキスタン人って、皆さん優しいみたいですよー!

最後には記念撮影をしてもらいました!いやー、ホント勉強になったし、楽しかった。信さんがスープカレーを作る時に大切にしているお塩の話も興味深かったですね。ニハリ、早速作ってみようと思います!!

スパイスとカレー、まだまだ知らないことがたくさんなのでわたしも常に勉強していきたいなと思った1日でした。

धन्यवाद।

さかなのカレーを愛してやみません

お肉が入っていないとカレーじゃないよ!!という方は一定層いるんだろうなぁと思ってますが、お肉が入っていないカレーだって美味しい。わたしはむしろそちらの方を好んで食べますから。

カレー大好きナホです。

定期的に通っているカレー屋さんはいくつかありますが、そのうちのひとつの『gopのアナグラ』さん。gopさんは水・木曜日がお休みなので、金曜日から1週間がスタートするのですが、その週の限定カレーが『ミーン・コロンブ』の時には、できるだけ行くようにしてます。信さんのTwitterを毎回確認して行くようにしてます。こんな感じでツイートしてますよ。

こんな感じでね、。インスタの方がもっと詳しく書いてるかな。

View this post on Instagram

「ごめん、待ったぁ?」 「いや、今来たとこ」 「うふふ、今日の私はいつもと少し違うでしょ?」 「え?何が?」 「もっとよく見てよ!」 「わかんねーけど」 「髪切ったでしょ?なんで気付かないの?プンプン!!」 などと言う男が時々いて、彼女は一日中機嫌が悪かったりするが、何を隠そう、そりゃ俺だ。 目に見える、わかりやすい所ばかり見てると、言動や行動の美しさとか、そういう本質的なものを見失うことがある、などと言ってもムダ。 そしてこういう時に、キミはすっぴんでも髪がボサボサでもカワイイよ!などと言うと、猛り狂った彼女に、ネイルをキメた爪で顔中ズタズタにされることになる。男性諸氏、ご注意! ということで、今週のザ・限定はハーブバージョンのミーンコロンブ! 前に大好評だったパセリとフェンネルの実の別バージョン! もともと大人気のミーン・コロンブに余市の畑産のフェンネル、我が家の玄関の横に生えているフレッシュタイムを加え、本質は変わらねど、打ち出し方を変えてあります! このトシになっても女心はわかんねぇな。カレーならわかるんだけど(笑)。 ①タイムとフェンネルの実のミーン・コロンブ 大人気の南インドの魚のカレー、ミーン・コロンブのスペシャルver.!! コリアンダーや赤唐辛子をローストし、パウダーにしてタップリ加えたこのメニューは、突き抜けるようなスパイスの香りが特徴。 さらに、自家製カレーリーフ、仕上げにまたまた採れたて生のタイムとフェンネルの実を散らし、さらにさらにさらに複雑にしてあります。 タイムとフェンネルの仕事は素晴らしく、清涼感、苦み、辛み、甘みなどが加わり、スパイス好き必食! ノーマルよりもスタイリッシュで都会的な味わい。ザ・限定! 酸味はタマリンドとトマト。 gopでは、ココナツは加えず軽めに仕上げてあります。 鼻に抜けていくスパイスの香りと、魚から染み出す旨味がめちゃウマ。 単体でも凄く旨いですが、スープカレーや他の副菜と合わせるとさらに複雑な味わいになり、楽しめます、オタメシアレ! すこしずつライスにぶっかけ、混ぜて食いたまえ。限定、420円。 ②ズッキーニの中東風ディップ 中東には、ヒヨコマメや焼きナスでペースト状のような料理が広く食べられています。 パンにつけたりして食べると最高に美味いですが、gopのは、ズッキーニを使ったオリジナルだぜ! ごま油で焼いたズッキーニを、ニンニクやレモン汁、炒って石臼で挽いた白ゴマなどと合わせ、ペーストにしてあります。ライスに合わせても美味いですが、さらにスープカレーを合わせるとクリーミーな風味が広がり、実に美味い! 余市のgop農園産のズッキーニは無農薬有機栽培。 120円 ③スーパースパイシースープ3 いつものレギュラーのスパイス感をオーバードライブさせたスパイス好きの為のスープ!SSSの中では、一番まとまりのある味わい。 口にするとと香ばしさと共にいろんなスパイスの香りが主張し、最後は1つにまとまって消えていきます。 ヤミツキ。100円。 ①~③の全部盛りは、いつも通り 「オール」とスタッフまで! ④大根のピックル 混ぜて楽しい味変アイテム、インド式の油とスパイスで漬けたピクルス! マスタードとヒングで香りを付けた油でにんにくと生姜を炒め、ローストしたメティ、マスタード、ターメリック、赤唐辛子、大根を加え、レモンで酸味をつけてあります。 味は強めに仕上げ、辛塩酸苦のクセになる味わい。 一口ごとにスープカレーや他の副菜と合わせると、味が強くなり、スパイシーさが増します!120円 ⑤バジタレ 強力な味変アイテム「パクタレ」。 しかし、パクチーは嫌い…という人に朗報!バジルバージョンであります! ほんの少しライスにつけ、スープカレーと合わせて口に入れると、広がるバジルの香りと旨み! 味わう楽しみを大きく膨らませるニクい奴。オタメシアレ!!60円 さてさて、今年ももう9月!コロナのおかげで外国にも行けず、店も忙しくて最近は家でカレーの練習もできていませんでしたが、久しぶりに「よし、これを作ってみよう」 というのが出てきたので、いろいろ調べ始めたトコロ。勉強だぜ! トシ取って鈍っているんで、自分自身で研がないといかん。 細く長く頑張っていくんで、これからもお付き合いのほどを。 ではでは皆さま、良い週末を!(^。^) #スープカレー #gopのアナグラ #ミーンコロンブ

A post shared by Makoto Kubota (@gopnoanagura) on

こんな感じで小話も楽しいです。笑 昨日からの限定は、タイムとフェンネルの実のミーン・コロンブ。もー、さかなのカレー好きとしては食べに行かないという選択肢はない訳ですよ。そして、gopさんのメニューにも『さかな』があるのですが、毎回仕込む量が少ないらしく、早い時間に完売しちゃうことが多いんですよね。以前早い時間に訪問した時でも、ちょうど前のお客さんが注文したもので完売ということもあったので、これはホントタイミングなんですよね…。

そして、昨日。13:30ごろに訪問したらちょうど満席で外で少し待ったのですが、1食分だけさかなが残っているというではないですか!!わーい!!ミーン・コロンブもさかなだけどいいの?と聞かれ、もちろんです!!と言ったよね。だってさかなが好きなんだもの。Wさかな、サイコーすぎる!!

今回の注文はさかなと野菜の50番、オールで大根のピックルも追加。ライスはSSサイズ。

さかなは油で揚げてあるものが入ってます。これがね、ホント美味しいの…!他のスープカレー屋さんではなかなか見かけないですよね。シーフードカレーはあるけれど、白身魚が入っているカレーはgopさんでしか食べたことないです…。

ライスは3口くらいの量。これがね、ホントちょうど良い量なんですよ。手前は大根のピックル、左奥はズッキーニの中東風ディップ。信さんは、トルコ料理っぽいものも出してくるところが好き。辛いカレーを食べる合間に食べるとちょうどいいんですよね。

そしてそしてこちらが今回のお目当てのミーン・コロンブ。略してミンコロ。今回はフレッシュタイムとフェンネルの実が入ってて、爽やかかつ後味に甘味を感じました。わーーー、好き好き♡すごく好きな味。これはね、ホントにクセになりますよ。

ミンコロもまあまあ辛いし、さかなと野菜の方は50番だけどそれでも汗が吹き出してくる感じ。(100番とか、それ以上もいけるって言ってるかたが居るのがすご…)サウナに入ってるくらい汗をかくので、食べた後はかなりすっきりします。それがgopさんのカレーなのです。あー、写真見てるとまた食べたくなってきた。もう病気ですね、こりゃ。

Grazie♡

『あおいねこ』さんのベジミールス

札幌でベジミールスを食べられるお店って、あまりないんですよね…。

ベジミールスが好きなナホです。

本日のランチ。お昼から友人と会うことになり、ランチどうする?となったときに、今日は木曜日だし、わたしが『あおいねこ』さんの間借りカレーを食べに行きたい!!と言ったのでじゃあ行こうとなりまして。(車の運転は友人がしてくれました。運転が好きじゃないわたしにとってはかなりありがたい…!)

向かう途中に今日のメニューはなんだろなぁとSNSで確認してみたら、ベジミールスではありませんか!!まじで!!!やった!!!

やっぱり南インドで一番好きなのはベジミールス!!すごくタイミングがよくてうれしくなりました。

わたしはもちろん迷わずにベジミールスランチ。友人もよくわからないから同じものにすると言ってベジミールスランチに。

じゃーーーん。

いやーーー、もう運ばれてきたときからテンションあがりました♡

サンバルは『つぼみ菜のサンバル』で、つぼみ菜というものを初めて食べたんです。九州のほうのお野菜なんですね。とても美味しかった…!今度見かけたら買ってみようと思いましたね。

ラッサムもダルもいつものようにとても美味しかったのですが、今日は特にビーツのポリヤル、ニラのウルガイ、香菜のグリーンチャトニ、アーモンドのポディがとにかく美味しくて、食べてる間多分笑顔だったと思う。間違いない。笑

友人はベジミールスを食べたのが初だったらしく、かなり喜んでくれました。しばらくの間『いやー、ホント美味しかったわぁー』って言ってましたね。これはわたしも嬉しかった。自分の好きなものを共有できるということほど嬉しいことはないですよねー!!

あおいねこさんの札幌での間借り営業も今月で最後。来月からは小樽での営業となるのですが、カレー教室も始まるので、今年はカレー教室にもたくさん通いたいな…。だってメニューを見ていたら好きなものが多すぎて選ぶのが困っちゃう感じですよ!!

初回のイカのタマリンドカレーも気になるし、その次の『タマリンド編』も気になるし、南インド風フィッシュカレーも気になるし…。タマリンド好きとしては、タマリンドを使っているものは全般好きです。でも自分で使うとなるとほぼカレーにしか入れたことないんですよね…(あ、パッタイには入れたことあった!)タマリンドのあの酸っぱさって、クセになりますよね。

あおいねこさんのカレー、ホント美味しいのでまだ食べたことがないかたはぜひ♡カレー教室も一緒に行きましょーーー!!

そういえば、あおいねこさんでミールスを食べ終わった後に、横にいらっしゃったカップルがこれからジャドプールに行くと言ってて、ミールスのハシゴすごーーー!!!と思ったのが今日一番の衝撃でした…。(ジャドプールは今日から『狂喜乱舞のミールス』が始まってますからね。わたしも行かないと!!)

では、では。

Grazie♡

1年ぶりの『あおいねこ』さんのカレー

これまでに何回かカレー教室というものに行ったことがあるのですが、そのうちのひとつが小樽の『あおいねこ』さんのカレー教室でした。それが1年ちょっと前のこと。カレーを食べに行きたいと思いつつも、小樽はなかなか遠くて行くことが出来ずにいました。

カレー大好きナホです。

朝、あおいねこさんのツイートが目に入りました。

gopのアナグラさんで間借りあおいねこさんですって!!gopのアナグラさんのお名前は知っていたのですが、先日帯広の『サンサーラ』さんに行ったときにもgopのアナグラさんの名前が出てきたところだったので、これはなんだか運命を感じ行かなければという気持ちになりまして。

どうやって行けばいいのかと調べてみたところ、交通機関を使うと自宅から1時間以上かかることが判明。でも、車だと30分かからない。そして窓の外を見るとここ数日暖かくて道路の雪が溶けてる!!これは車で行けるんじゃない?!となりまして久々に車で遠出してみることに。

冬はあまり車の運転をしたくないのですが、道路に雪がないとなると安心して走れるので俄然やる気が出ます。ナビを観ながら向かいましたけど、最後の最後、お店の周りをぐるぐる周って迷いましたがなんとか辿り着けました。笑 ナビとの相性があまりよくないんですよね、わたし。

駐車場は少し離れたところに2台分ありましたよ。

メニューは迷わず3種盛りを注文。だって色々食べたいですもんね。ポークビンダルーもキーマもお肉だけじゃなくてメインになる野菜も入っているところがいいなぁって思う。あとは豆乳チャイも注文。車じゃなかったら豆乳ラムチャイにしたかったな…。

3種盛りが来ましたよーーー!!パッと見た時にカレーの量が多めと感じました♡

カレーは手前から『大根と肩ロースポークビンダルー』『れんこんチキンキーマ』『ビーツのココナッツカレー』の3種類。付け合わせは手前から『紫たまねぎのアチャール』『りんごとレモンのウルガイ』『紅芯大根のスパイス和え』『にんじんのポリヤル』『ヨーグルト』。そしてライスはバスマティライスとななつぼしのミックスだそう。

とにかくビーツが大大大好きなわたしはビーツのココナッツカレーがとても気に入りました。とても美味しいー!!大根と肩ロースのポークビンダルーは、酸味がいい感じだったし、りんごとレモンのウルガイもレモンの酸味がいいアクセントになっていてとても好きな味でした。ごはん少な目でって言うの忘れた―――って思ったのですが、完食することができました。

食後に豆乳チャイを。

チャイは牛乳よりも豆乳派です。豆乳チャイを飲むとホッとしますね。

ポークビンダルーとビーツのカレーは辛口とあったので、大丈夫かな?と思いつつもそれほど辛さを感じなかったので、わたしもかなり辛いモノに慣れてきたんだなぁとしみじみ。

あおいねこさん、ごちそうさまでした。

あおいねこさんの1月のスケジュールが出ていたので、木曜日の間借りカレーにまたおじゃましたいな。gopのアナグラさんの通常営業の時にも行ってみよう。

わたしのように小樽はちょっと遠くて……という方にオススメです♡

では、では。

Grazie♡

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén