ナホが毎日楽しく過ごす方法をお届けします♡♡♡

カテゴリー: 飲みもの Page 1 of 5

インドのコーヒー豆がやってきた!!

clubhouseではインドやカレー関連のroomに入ることが多いのですが、たまにコーヒー関連のroomにも入ったりしてます。コーヒーとカレーが好きという方、多いですよね。

NAHO CURRYのナホです。

コーヒーは好きですけど、全然詳しくないので飲む専門。豆の種類とか浅煎りがどうとか深煎りがどうとかさっぱりわかりませーーん。笑 美味しければいいので。

そうそう、以前clubhouseのとあるコーヒーroomで、インドのコーヒー豆ってどこで売っているんですかね??という質問をしたことがあるんです。その時は、これからインドのコーヒー豆がもっと出てくると思いますよ、ということを言われまして。ネットで探してみようかな、という感じだったんです。その時ちょうど同じroomにいた苫小牧で『おうちcoffee』というカフェをされているReimiさんが、インドのコーヒーを見つけましたよ!ということで送ってくれました。

こちらはニセコにある『SPROUT』コーヒーさんで焙煎されたものとのこと。ニセコかぁ…。行きたいなぁ。

今朝、早速豆を挽いて飲んでみました。普段は面倒くさがって粉を買ってしまうんですけど、やっぱり挽きたての豆の香りはいいですよね…。

普段はあまりブラックでは飲まないんですけど、インドの香りを感じたくてブラックで飲んでみることに。ほのかに甘みを感じるコーヒーで好きな感じでした!!インドのものはやっぱ全般好きなんだなぁ、きっと。笑

苫小牧のReimiさんのお店にも遊びに行きたいし、『COFFEE KITGHEN TAPIO』さんというミールスが食べられるコーヒー屋さんもあるらしい!!なんて美味しそうなの!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

COFFEE KITCHEN TAPIO(@yukashi.coffee)がシェアした投稿

これは苫小牧ツアーに行かなくてはなりませんな!!春以降は色んなところに出かけていきたいと思います!!

नमस्ते

ココナッツジュース用のココナッツを買ってみた!

先日、NAHO CURRYの仕入れのために北大の近くにある『アジア食品楽市』さんに行ってきました。

インド料理が大好きなナホです。

目的はバナナリーフを購入すること。楽市さんでは、冷凍のバナナリーフが売られているんですよね。NAHO CURRY の初回でもバナナリーフを使用したのですが、その時は楽市さんで扱っているというのを知らず(まだ北区店はオープンしたなかったし…)、BASE経由で福岡県にあるアジア食品のお店から購入したのですが、福岡から北海道までとなると送料だけでかなりの金額に…。もちろん本体のバナナリーフよりも送料の方がかなり高くなってしまいました。笑

なので冷凍でも札幌市内でバナナリーフが購入できるようになったというのはかなり嬉しい…!状態もそこそこよかったですよ。

その時に、目についたのがココナッツジュース用のココナッツ!!わーーー、こんなものも売ってるんだー!と嬉しくなりました。そういえば昨年の秋頃に来店した時にも青パパイヤが売っていたなぁ。

ということでやっぱ買うよね。

じゃん。アミアミとラップに包まれて、ストロー付きで売られてました(外してから写真撮っちゃった…)。上の部分に穴を開けてストローを挿してジュースを飲むのですが、この穴を開けるというのがね、なかなか大変だったーーー。

包丁のあごでガシガシやって、それからドライバーでもガシガシやって何とか開いた!!

付属のストローはちょっと短いやつだったので、家にあった長いストローを使いました。飲んでみると、めちゃめちゃうまーーー!!普段からココナッツジュースは好きで紙パックで売られているものを購入して飲んでいるのですが、ココナッツから直接飲んだのは初めてでした。なんかいいねー!これぞ南国のココナッツジュース。毎日飲みたいよ!!(いや、毎日飲むには高すぎる…)

また次回見つけた時は、買ってみようと思います。かなりおすすめですよー!!

नमस्ते

ホットのスパイスドリンクばかり飲んでいた1日

普段は朝にコーヒーを飲むことが多いのですが、今日は朝からclubhouseを聴きながらチャイを作りました。

スパイス大好きナホです。

今日のチャイのスパイスは、カルダモン、カシアシナモン、クローブにフレッシュのジンジャーというシンプルなスパイスで、豆乳を使ったソイのチャイ。ジンジャーと茶葉を多めにしました。なんとなくそんな気分。ホールスパイスを使って自分で作るのがいいところは、その日の気分によってスパイスの分量を変えられるところ。

clubhouseで話してて思ったけれど、自分が思っている以上にチャイの作り方って知られていないんだなぁ…。そもそも、スパイスが家にない!というところからのスタートだもんね。スパイスが当たり前にある生活に慣れすぎてしまって、そういう時代のことをすっかり忘れてしまっていた…。

あ、、、写真は撮り忘れたよ。笑

そのあとに作ったのはクミンティー。以前書いたブログを貼り付けておきますね。

クミンティーが美味しいのです

1ℓの水と大さじ山盛り1のクミンシードがあればできちゃうクミンティー。最近、これまたclubhouse内での会話なんだけれど、カレーを作る時のクミンシードについての話がとてもためになったんですよね。他のスパイスと一緒に使う時は、クミンの量が以前よりも少なくなっている気がしますね。クミンって主張が強いんですよねー。でも単品で使うクミンは好きですよ。スパイスが好きになったきっかけはクミンシードからだし、シンプルにクミンだけを効かせたものは、ずっと好きな気はする。

あ、こちらも写真撮り忘れた…。今まで段ボールで保管していたスパイス類を新しく購入したラックに移動する作業をしながら、気づいたら作ったクミンティーは全て飲んじゃってました。無意識って怖い。笑

そして、最後に作ったホットドリンクはカルダモンレモネード。こちらも以前書いたブログを貼り付けておきますね。

カルダモンレモネードを作ってみた

今回はフレッシュなレモンを使ったのと、蜂蜜ではなくアガベシロップを使ったのでブログで作ったものとはちょっと違う感じにはなったのですが、優しい味でとても飲みやすいんですよねー。

最近購入した、VISION GLASEの使っていなかったものに入れてみました。かわいい。レモンは本来輪切りの方が見た目がいいけれど、ビリヤニ用にカットしたものが残っていたのでそのまま使ったよね。

チャイからのクミンティーからのカルダモンレモンティー。全てスパイスが使われているものだけれど、それぞれ全然違う感じのものなのでいくらでも飲めちゃう感じ。スパイスを使ったホットドリンクはまだまだ種類はあると思うので、色々と試してみたいですね。

それにしても最近clubhouseからカレー屋さんの情報をたくさん得ているのに、なかなか東京と関西へカレーを食べに行けないのが残念すぎる…。涙

धन्यवाद।

中国のジンがあることにビックリ

以前から友人にオススメされていたBARにやっと行ってきたのですが、他のお店ではあまり見かけないものを楽しんできましたよ。

スパイス大好きナホです。

行ってきたのは『アウル&ルースター』さん。

せっかくなので、自分の好みを伝えていくつかオススメしてもらいました。1杯目に選んだのは、チェコのボロヴィッカというフルーツブランデー。ジュニパーベリーのお酒を蒸留したもの(と言っていたような気がする…)。ジンみたいだけど、ジンではないというね。

飲み方はロックで。ロックで飲むのが1番好きだからね。飲んでみると、ほんのり甘さを感じる。ものすごく甘いというわけではないよ。ジュニパーベリーが使われているから、香りはジンっぽいのにジンでは無いという不思議さ。

続いてはわたしの好きなジンをお願いすることに。飲んだことが無いような珍しいものがいいなぁ…というリクエストに、中国で作られているジンを紹介してくれました。え??そもそも中国でジンが作られているということにビックリ。まー、国土が広いですし、スパイスと採れるでしょうからね、ありうるか。笑

『巷販小酒』という名前みたいですが、なんて読むんでしょうね…。ホワジャオが使われている少し熟成させたものをいただきました。もう1種類の方は、スパイス感がもっと強いみたいなんですが、カクテルに使った方が良いみたいですね。

まだまだ飲んだことのないジンはたくさんあるなぁ…!

そして最後はアブサンでシメることに。アブサンも好きなんですよねー。4種類ほど紹介してもらったのですが、その中から2種類が気になったので、ハーフショットでいただくことに。

加水されていくと白濁していくとのことで、その過程が見れるのも楽しい。

白濁具合を競うコンテストがあると聞いてビックリ。専用のグラスも見せてもらいました。なんか色んな世界があるんだなぁ…。わたしは向かって右側のものが好みでした。

アブサン用のスプーンも素敵。フランスのアンティークショップなどに行ったら置いていることが多いみたいですね。

ジンもアブサンもカレーと一緒に飲んでもおいしいお酒だなぁって思うんですよね。ああ、カレーが食べたくなってきたよ…。笑 アブサンとカレーを楽しむ会というようなイベントをやったら楽しそうだなぁ。ハーブやスパイスが好きな人は、きっとジンとアブサンが好きな人が多そうな気もしますからね。あーーー実現させてみたい!!

धन्यवाद।

また新しいミルクを試してみましたよ!

先日オーツミルクを買ってみたことをブログに書いたのですが、今度はまた違うミルクを買ってみました。

先日書いたブログはこちら。

オーツミルクを買ってみたよ

ミルクが好きなナホです。

今回試してみたのは『137℃ degrees』のウォールナッツミルクとピスタチオミルク。

いつも行くスーパーで売っていまして(なかなか珍しいドリンクが置いてあるので嬉しい…!)、早速飲んでみました。

まずはピスタチオミルク。

こちらはピスタチオにカシューナッツをブレンドしたミルク。ピスタチオとカシューナッツは、わたしが好きな2大ナッツではないですか!!飲んでみると、ピスタチオの香りの中にほのかに甘さを感じる。甘味はココナッツ花蜜が入っているからみたい。原産国はタイなので、なるほどーって思ったよ。

ウォールナッツ(クルミ)をローストして作られたミルク。こちらにもココナッツ花蜜が入ってるので、ほんのり甘いよ。個人的にはピスタチオミルクの方が好きかなー。

今回はそれぞれ単体で飲んだのだけれど、次回はカフェオレにして飲んでみたいな…。

100mlあたりのカロリーは、ピスタチオミルクが56kcal、ウォールナッツミルクは59kcal。ココナッツ花蜜が入っているので、オーツミルクよりはカロリーがは高いかな。ま、今は食べたもののカロリー計算をしていないので、全然気にしてませんけどね。笑

なかなか美味しいので、見かけたらぜひ飲んでみてー!

धन्यवाद।

137degrees ピスタチオミルク

価格:983円
(2020/12/15 22:52時点)
感想(0件)

 

137degrees ウォールナッツミルク

価格:983円
(2020/12/15 22:52時点)
感想(0件)

 

オーツミルクを買ってみたよ

最近アーモンドミルクやライスドリンクを飲んだりもしているのですが、先日『オーツミルク』というものを見つけたので買ってみました!!

以前書いたアーモンドミルクとライスドリンクについてのブログはこちら。

牛乳や豆乳じゃないミルクもいいね

新しいモノが好きなナホです。

いつも色んな商品を見つけるのはマカリイズマーケット。何かないかなぁと見て回るのがとても楽しい!!

そこで見つけたのが、マイナーフィギュアズのオーツミルク。

パッケージがこれまたかわいすぎるでしょ!!こういうイラスト好きなんだよなぁ。

ネットだと6本セットでの販売となるみたい。

マイナーフィギュアズ 有機JAS認証 バリスタ オーツミルク 植物性飲料 砂糖不使用 プラントベース 1000ml x6本入 Minor Figures Organic Oat Milk

新品価格
¥5,183から
(2020/12/13 22:30時点)

100mlあたりのカロリーは

  • エネルギー 48kcal
  • たんぱく質 0.2g
  • 脂質 2.1g
  • 炭水化物 9.5g
  • 食塩相当量 0.1g

だそう。アーモンドミルクよりはカロリーが高いですね。

グラスに注いでみると、ほんのり黄色がかった色味で、飲んでみるとクリーミーで甘い…!砂糖が入っているわけではないのに、こんなに甘いのー?!とビックリしましたよ。カプチーノやラテのように泡立てることができるみたい。

こちらの『マイナーフィギュアズ』は、イギリスで生まれ、イギリスとオーストラリアを拠点としているブランド。スペシャリティーコーヒー業界の経験から、コーヒーに合う植物性の乳製品の代替品を開発したみたいですね。

有機オーツミルクは、食物繊維が豊富で低GI、糖質が少なく、クセもなく、オーツ麦の香ばしいコクと風味が特徴。甘いと言っても、すっきりした甘さという感じです。

個人的に飲んだ感じは、オーツミルクは豆乳よりも好き!!牛乳以外のミルクは結局豆乳を買ってしまうことが多いのだけれど、たまにはオーツミルクもいいかも…(ただ、豆乳と比べるとお値段が高めなので、毎日飲む物としてはちょっとどうかなぁ…という気もします…)

マカリイズマーケットだと1本単位で購入できるので、気になるかたはぜひー!!

धन्यवाद।

ブルーアガベシロップを使ったラッシー

以前アガベシロップを使った豆乳クリームというものを作ってみました。その時のブログはこちら。

豆乳クリームを作ってみたものの…

わたしには油が多すぎて、もったり重く感じてしまってこれ以来食べてません…。笑 しかし、この時使っていたアガベシロップを砂糖や蜂蜜の代わりに使ってみようと思い、別のアガベシロップを購入してみましたよ。

調味料が好きなナホです。

前回購入したのはダークと呼ばれるタイプのものでしたが、今回はオーガニックのブルーアガベシロップ(色は薄いもの)にしてみました。

有機ブルーアガベシロップ 330g – テルヴィス

価格:680円
(2020/12/10 13:44時点)
感想(0件)

ブルーアガベはテキーラの原料ね。アガベシロップは砂糖の1.4-1.6倍の甘さがあるみたい。ほとんどのアガベシロップはメキシコが南アフリカが原産らしく、こちらはメキシコ産でした。

今回は何に使うのかというと、ラッシーです!!実は前回のNAHO CURRYでラッシーで提供しようとしたのですが、容器をもっていくのを忘れてしまい提供できず…。なので次回は必ず出したいと思ってまして、ラッシーの試作もしてました。

ラッシーの甘味はいつも蜂蜜を入れていたのですが、蜂蜜は溶けにくくてちょっと大変だったんですよね…。ミキサーを使えばいいんでしょうけど、わたしは容器に材料を全て入れて全身でシェイクして作りますので。笑

それで今回甘味をアガベシロップにして、スパイスはスパイスの女王カルダモンのみにするというラッシーを作ってみたところ、これがとても美味しくできました…!

使うヨーグルトや牛乳によっても味が変わるとは思いますが、わたしはどちらも生乳100%のものを使用してます。ちなみに今回使った牛乳はこちら。

アガベシロップの良いところは、冷蔵庫に入れても固まらず、冷たいものにもよく溶けるところ。蜂蜜だと、冷えると固まってしまうから、取り出すのも大変だったもんなぁ。

ということで、NAHO CURRY vol.3ではラッシーを提供できるようにしますのでお楽しみに!!クミンティーかフェンネルティーかシナモンティーも作りたいとは思ってる…(欲張ったらダメだよね。結局どれもできなくなるから。笑)

धन्यवाद।

身体が温まるジンジャーレモンティー

寒くなると温かい飲み物がいつも以上に恋しくなりますよね。あ、でも夏でもホットの飲み物を飲むことが多いんだった(お酒以外はね…笑)

スパイス大好きナホです。

時間に余裕があればチャイを作るんですけど、ティーバッグや工芸茶などはお湯を注ぐだけで美味しいお茶が飲めるので常備してます。

こちらは頂き物の『ジンジャーレモンティー』

ティーバッグと共に、乾燥の輪切りレモンが入っているんです…!

パッケージもかわいいですよねー。

お湯を注いで乾燥レモンを浮かべるだけでいいので楽ちん…!

こちらの紅茶はスパイシーな国産生姜に、農薬・化学肥料を使わずに栽培された奈良県月ヶ瀬産の茶葉を焙煎し香ばしく仕上げた”焙じ紅茶”を合わせたものみたいです。生姜って美味しいですよねー。身体も温まるし、自分が料理で使う時はいつも多めに入れちゃう。

レモンは瀬戸内レモン。商品に瀬戸内レモンって書いてあると、なんかとても気になります。確かに美味しいですしね。国産レモンの安心感ね。

こちらの商品を製造しているのは山口県にある『光浦醸造』さん。サイトを見てみると、味噌や醤油をはじめ色んな商品があって見てて楽しいー!調味料好きなので、色んな地域の調味料を試してみたいって思うんですよね。

SNSも素敵な感じですよ。

<光浦醸造Instagram>

<光浦醸造Twitter>

気になる方はぜひ…!

FLTジンジャーレモンティー[光浦醸造]6パック入り

価格:1,296円
(2020/12/7 23:40時点)
感想(0件)

धन्यवाद।

チャイを久々に作って思ったこと

カレーの食べ歩きが好きなわたしは、食後にチャイを注文することが多いです。色んなお店のチャイを飲み比べるのも楽しいですしね。

スパイス大好きナホです。

チャイは家でも淹れるのですが、ここ最近はカレー作りの方に専念しすぎててすっかりチャイから遠ざかっていたんですね。先日久々に家でチャイが飲みたいなぁと思い、淹れてみることにしました。レシピをちゃんと確認すればよかったんですけど、今まで何回も作ってるし工程もそんなに難しくないから思い出しながら淹れてみたんです。すると……

『あれ?なんかあまり美味しくない……』って思っちゃって。

ここ最近は人が淹れてくれた美味しいチャイを飲んでいたから特にそう感じたのかも。

でも、自分で毎日ように淹れていた時期には自分で淹れたチャイが美味しいと思って飲んでましたし。しばらく淹れなかったことにより、腕が鈍ったなーって感じましたね…笑 やはり継続することって大事。なんか悔しいのでまた毎日自分でチャイを淹れて飲もうかなって思いました。夜にラムチャイを飲みながらリラックスするのもよさそうですし。

自分で淹れたチャイが美味しくないと感じた翌日、もう1度色々と気をつけながら淹れたチャイは前日のものよりぐっと美味しくなってました。

ちなみに、お店のチャイで好きなのはジャドプールの甘いチャイ。訪問した時には必ず飲みますね。

アッサム CTCの茶葉も大量に購入しましたよ。もう業者かよ…!笑

一時期はネパール山椒を入れるチャイにハマっていたけれど、最近作っているのはシンプルな感じかな。カルダモン、セイロンシナモン、クローブ、ブラックペッパー、生姜スライス、シナモンリーフ。お砂糖はジャガリー。もっと美味しく淹れられるように練習しますねー!

धन्यवाद।

『Kinoole』で飲んだクラフトジンまとめ

クラフトジン好きにはたまらないお店『Kinoole』さん。お店にあるジンを全種類飲んでみたいと思ってますが、飲んだものを忘れないように記録しておこう…!

クラフトジンが好きなナホです。

この日の1杯目はこちら。

キュロのピンクジン。ネットの商品紹介にはこのようにありました。

フィンランド産ライ麦100%を使用したスピリッツに、ストロベリー、リンゴンベリー、ルバーブ、バニラ、ジュニパーをメインボタニカルに18種類使用、少量の砂糖を配してバランスよく仕上げたピンク色のジン。
ヴァニラとストロベリーの甘さとリンゴンベリーとルバーブの酸味のバランスが良い。
トニックウォーター割ではストロベリーとヴァニラが心地よく、新鮮な森の雰囲気とリンゴンベリーの風味。
ピンクグレープフルーツのスライスを添えてお楽しみください。

使用ボタニカル:ディル、アンジェリカ、カシス・バーク、レモン・ピール、コリアンダー、カルダモン、リコライス、ハイビスカス、オリス、ジュニパー、エルダーフラワー、ストロベリー、リンゴンベリー、ルバーブ、ヴァニラ、ヘザー、バジル、クミン。

ほんのり薄いピンク色合成着色料を使用していないボタニカル由来の色合いだそう。写真だとわかりにくいけどね。キュロはピンクじゃないやつは飲んだことある!とても飲みやすい。

2杯目はこちら。

LASTという名のまるで飲む香水を思わせる華やかなジン。こちらのサイトがとてもステキ。

<LAST-それはまるで、飲む香水。>

香りもとても華やか。結構好きな感じ。ボトル

3杯目こちら。

オランダの世界初のブラックトマトを使用したブラック・トマト・ジン。カンペン蒸留所近くで栽培されたオーガニックのブラックトマトに、数滴の海水を使用して造られているそう。詳しいレシピやボタニカルの種類等は非公開なんですって…。

初め『トマトのジン?!』ってどうなの??思ったのですが(トマトあんまり好きじゃないのでね)トマトの青臭さはなくとても飲みやすかった!

4杯目はこちら。

GIN Bel Air(ジン ベル・エール)。これはストレートでいただきました。パリで唯一の蒸留所『ディスティレリ・ド・パリ』のもの。

仏領レユニオン島の新鮮なボタニカルを使いパイナップルやパッションフルーツなどのトロピカルフルーツと自生の蘭やシナモンなどの甘いスパイスのニュアンスを行き来する、非常に豊潤で複雑かつエレガントなジンです。エキゾチックな香り、新鮮なシトラス、力強いウッディーなノートへと移り行く連続性が魅力。

仏領レユニオン島のボタニカルは伝統的に香水に用いられるそう。香りがとてもよかったなぁ…!

最後5杯目はこちら。

コッツウォルズのワイルドフラワージン。赤い色がとてもキレイなの!!こちらもストレートでいただきました。香りはオレンジっぽい感じで、わたしの好きなやーつ♡サイトではこのように紹介されてました。

The finest ingredients

ジュニパー、コリアンダー、アンジェリカの風味を特徴とするロンドンドライジンを原料酒として、これにコーンフラワー、ラベンダー、オレンジ、ルバーブルートから抽出したエッセンスを加えました。

Tasting Notes

Nose: オレンジの花の爽やかな香りと、ジュニパーのほのかな香りを特徴とした、夏の草原を思わせるフローラルの繊細な香り

Palate: ラベンダーのかすかなフローラル風味と、口に広がる甘く新鮮なオレンジの味わい

Finish: 口にほのかに残るほろ苦いマーマレードとのバランスが取れた、ドライですっきりとした爽快な後味

やっぱりオレンジなんだー!自分が好きなものはわかるらしい。笑

今回飲んだ5種類の中だとやはり一番最後のワイルドフラワージンが一番好みでした…!
蒸留酒は体調に合うらしくあまり酔いません。この日はワインをグラス4杯くらい飲んだ後に行ったのですが、一緒に行った人は若干引いてました。笑笑 ま、好きだからしょうがないよね。スパイス好きは絶対クラフトジンにハマると思うよー!まだ飲んだことがない方はぜひ!そして、まだまだKinooleには飲んだことのないジンがたくさんあるのがすごい。
धन्यवाद।

Page 1 of 5

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén