Ciao!!

スカーフ大好き、スカーフスタイリスト®のナホです☆

アレルギー体質なんです

昔から、肌が弱かったんです。母親によると、小さい頃は、風邪はあまりひかなかったけれど、皮膚科に行くことがとても多かったと聞いたことがあります。すぐ炎症を起こしてしまったよう。今は、昔ほど弱くないとは思うのですが、一度食器用洗剤で指にものすごい湿疹ができてからは、使うものに気を付けています。フロッシュにしてからは、かなりよくなりました。

小学生くらいの頃に発覚したのが、魚卵アレルギー。魚卵を食べると、喉の粘膜のかゆみ、湿疹、息苦しさに襲われます。大量に摂取したら、アナフィラキシーショックを起こして、死に至る可能性もあるかもですね。北海道に住んでいながら、イクラが食べられないというのは悲しいものですよ。だって、みんな「美味しい、美味しい」って言うじゃないですか。あと、よく日本食のお店で、お料理にイクラがトッピングされていることが多くて困ります…。イクラ自体を取り除いたとしても、そのエキスが付いてしまっているものを口にいれてしまった時点で、体はアレルギー反応を起こしてしまうんですよ…。

ある程度大人になってから気づいたのは、金属アレルギー。高校を卒業してすぐにピアスの穴を開けたのですが、真鍮にメッキなどのピアスをするとかゆくてかゆくてたまらなかったんです。もしかして金属がダメなんじゃないかって、その時に気づいて。初めのうちは「みんなそうなのかな」って思っていたんですけど、そうではないんですよね。ただ10kや14kなどは大丈夫なので、そのようなものを選ぶようにしています。

フープピアスが好き

以前、友人の結婚式に行くときに、どうしても合わせたいと思ったネックレスがありましてね。素材は真鍮。確実にかゆくなるのはわかっていて、それでもやっぱりそのネックレスが良くて意を決して付けていったけど、やっぱり数時間で首の回りが真っ赤に腫れてしまいました…。オシャレは我慢というのを一番体感したときかも。笑

あとは、生タマゴも体調が悪くなるから食べないようにしているし、生のジャガイモもダメな時があります(加熱したら大好きなのにね)。抗生物質の薬で、まぶたがものすごく腫れてしまったこともあります…。こう考えると、やっぱりアレルギー体質って大変だよなぁって思います。

代替品を見つけて楽しめばいい

わたしのアレルギーって、小麦アレルギーなどとは違って、日常生活ではある程度気を付ければなんとかなる程度のものなんです。というのも、目で見て確認できるものだから。(でも、イクラが乗っかっていたものを取り除いて出されたりしたら、気づけないけど)

なんでこんなアレルギーの話になったかというと、以前にも書いたことがあるのですが、金属アレルギーでネックレスが付けれられない代わりに、スカーフを巻くようになったということがあるからなんです。シルクのスカーフは、肌に優しいですからね。肌が弱い方には、ホントオススメです。そういえば、アクリルやポリエステルなども、直接肌に触れるとかゆくなっちゃうから避けるようにしているんだった、わたし。

アレルギーだから○○ができない、で終わるんじゃなくって、じゃあ代わりに○○にしようって考えるようにしたいですよね。楽しく。アクリルやポリエステルが肌に直接着れないのなら、間にコットンの洋服を一枚挟めばいいだけのことですしね。最近、こういう風に考えるのをサボっていたような気がして…。できない、できないって言い訳ばかり考えていたような気がするんですよ。

だから2月はがんばりたい。というか、がんばらないと、と思っているところです。色々とね。

ではではー!

Grazie♡

The following two tabs change content below.

NAHO WATANABE

代表取締役株式会社STYLEZ
セレクトショップで13年間勤務後、スカーフストールスタイリスト®として、スカーフを広める活動を行っています。その他、ショップのコーディネートや広報担当、ビジネススクールの非常勤講師なども行っています。

最新記事 by NAHO WATANABE (全て見る)