実は約3ヶ月ほど前に購入していたのに、その存在を忘れてしまっていたものがありましてね。旅行用のスーツケースのポケットに入れたままだったことを思い出しました!大丈夫。賞味期限までまだかなり日にちがあったよ!

NAHO CURRYのナホです。

それは『kiitos』のメイド・イン・鹿児島のビーン・トゥ・バーのチョコレート。2種類購入してました。

パッケージも形もすごくかわいいの!!おしゃれ!!

上は『ベトナム バリアブンタウ』カカオ70%のクランチタイプ。味の説明には『ベリー系の酸味、干し柿のようなとろみ、最後はブラックペッパーなどのスパイスような味わい』とありました。

包装紙の内側に文字が…!”kiitos”とはフィンランド語で”ありがとう”の意味だそう。

ひとかけら食べてみました。このクランチタイプはザクザクとした食感がいい!!酸味は少しだけ感じましたね。干し柿はちょっとわからなかった…笑 味を感じるのってなかなか難しい。スパイス感は感じられるんだけどね。

きび砂糖の優しい甘味が、海外産のよくある甘ったるいものとは違ってぱくぱく食べられちゃう感じ。

もうひとつの『ベトナム』は、オンラインショップでは売られていなかったので説明がわからないのだけれど、食べるとなんか海外の独特な雰囲気を感じる味でした。表現が難しいーーー。笑 なんだったけかなぁ、この感じ。うまく表現できない。古いお屋敷の香りみたいな?(何それ)

こういう包み方を見るとね、学生時代の授業中に回ってきた手紙がキレイに折り畳んであったりしたことを思い出すよね。あ、学生時代だけじゃなくて、社会人になってからも仲の良い同期宛に、よく手紙を書いていたなぁ。(しかも仕事中に。裏紙のメモ帳とかにね。笑) 数年前にクローゼットの奥にある段ボールの中に捨てられずに取っておいたそういう手紙たちがごそっとあって、読み返してみたらあまりにも面白すぎて全然片付けが進まなかった記憶がある…。結局その手紙はどうしたんだっけ?そのまま戻したのかな?

今はそういう手紙のやりとりがSNSに変わったけれど、手書きすることが好きだから手紙のやり取りもたまにはいいかもなぁって思っちゃった。

チョコレートから、手紙の話になっちゃった。

『手紙の折り方』でググってみたら、折り方を説明しているサイトがありましたね。懐かしい!!と思いながら見ちゃいました。

たまには手紙でも書こうかな。それにチョコレートやドリップパックのコーヒーを添えたりするのもいいかも…!

नमस्ते

The following two tabs change content below.

NAHO WATANABE

代表取締役株式会社STYLEZ
セレクトショップで13年間勤務後、スカーフストールスタイリスト®として、スカーフを広める活動を行っています。その他、ショップのコーディネートや広報担当、ビジネススクールの非常勤講師なども行っています。

最新記事 by NAHO WATANABE (全て見る)