Ciao!

スカーフ大好き、スカーフスタイリスト®のナホです☆

 

 まち玉ねぎとは…??

今朝、淡路島のお洋服屋さん『オルフェウス』のまちこさんにお願いしていた新玉ねぎが届きましたー♡

 

まちこさんが売っている玉ねぎだから『まち玉ねぎ』。なんてかわいいネーミングなのだろう。

あ、でも作っているのは『野口ファーム』さん。同封されていたお手紙からも、とても丁寧に育てられているのが伝わってきました☆

今回、まちこさんからこの玉ねぎを買おうと思ったきっかけになったのは、こちらのブログでした。

 

<「まちこさん、玉ねぎ売ろう!」>

 

お洋服屋さんが新玉ねぎ売ってるの?あれ、つい先日電器屋さんからもスパイシースープカレーセットを買ってたよね?どういうこと?って言われそうですが…。

今は、本業とは関係ない「好きなもの」も売ってしまう時代なのですー。お洋服屋さんが玉ねぎを売ったらダメとか、電器屋さんがスープカレーのスパイスを売ったらダメだって誰が決めたのでしょう?

あ、でも売れるものなら何でも売ったらいいという訳ではないですよ。あくまでも、それは「愛が込められている好きなもの」じゃなきゃいけないと思う。

今回、淡路島の新玉ねぎを売っていたまちこさんや、スープカレーのスパイスを売っていたしのぶさんのそれらに対する愛をSNSの発信を通じて知っていたから、わたしは購入したのですから。

 

早速食べてみました

夕方出かける予定だったので、夜ごはんの時にいただこうと思っていたのですが、やっぱりどうしても食べてみたくなって、まちこさんオススメの薄切りスライスでそのまま食す、というのをやってみようと思ったのです。

………が。

えーと、我が家には『スライサー』はありませんので、なんとなく薄く切ればいいやと思って包丁で切ったら…。

『くし形切り』になってましたとさ。ありゃ。

この前、しのぷさんのスープカレー作った時の切り方だったな、これ…。

とうことで、急きょ、こんな感じのメニューになりました。

 

カリフラワーと一緒にトーストしましたよー。火が通ると甘味が増すのが淡路の新玉ねぎなんですって!

確かに、甘いです!そしてね、真っ白でとてもキレイなのーーー!

次こそ、スライスした玉ねぎを食べようと思います☆

あ、明日スライサー買いに行こう。そうしよう。

 

これからできるだけ毎日新玉ねぎ料理をしてみるよ

はい。えーと。知ってる方は知ってますが、わたし料理は決して得意じゃないです…。

まー、薄切りの仕方をすぐに思い出せないくらいですからね…。

でも、グーグル先生やクックパッド先生に『新玉ねぎ レシピ』って聞いてみたら、色々出来てきましてね。どれも美味しそうなんですよー!

気になるのがいくつかあったので、順番に試してみようと思います。

まずは、既にくし形切りになった玉ねぎがあるので、『新玉ねぎ、アスパラ、カマンベールチーズのソテー』や、『新玉ねぎと豚肉のソテー』とか作ってみようかな。あと、ベーコンと一緒に軽く炒めるだけでも美味しそう。

サラダだったら、ツナやスモークサーモン、生ハム、ワカメ…etc.と合わせるとかね。

色々楽しめそうですー♡考えるだけでワクワクしますね。

しかもね、北海道で淡路島の新玉ねぎを食べれる機会ってあまりないですし。(少なくともうちの近所のスーパーでは、ほとんど北海道産や佐賀県産のたまねぎしか売っていないような気がする…)

淡路島の新玉ねぎが美味しいって、今回初めて知りました!

旬のものは旬のうちにいただかなきゃね。

SNSってすごいね。そして、こうやって『つながりの経済』を体験することがとても楽しい。

毎日食べて血液サラサラにしたいと思います☆

 

まちこさん、ありがとうございました♡まちこさんのブログはこちらです☆

<お洋服大好き♡♪オルフェウスまちこのブログ♪>

 

このかつら、被ってみたいです♡

 

あと、このサイトがとっても面白いのでぜひ見てみてくださいなー☆

<おっタマげ!淡路島>

わたしも「たまねぎカツラ」を被って「おっ玉チェア」に座って記念撮影したいです!!

 

今日のコーディネートはこちら

大好きなサロペット

 

白シャツにサロペット、スカーフはネクタイ風に結んで、足元は赤のrepetto。

サロペットやオールインワンなど、上下つながているお洋服が大好きなのです。

こちらは、インナーに合わせるものによってか雰囲気を変えられるので、気に入っていますよ☆

 

最後までお読みいただきありがとうございます☆

では。では。

Grazie♡

The following two tabs change content below.

NAHO WATANABE

代表取締役株式会社STYLEZ
セレクトショップで13年間勤務後、スカーフストールスタイリスト®として、スカーフを広める活動を行っています。その他、ショップのコーディネートや広報担当、ビジネススクールの非常勤講師なども行っています。

最新記事 by NAHO WATANABE (全て見る)