STYLEZ ナホのブログ☆

ナホが毎日楽しく過ごす方法をお届けします♡♡♡

カテゴリー: 飲みもの Page 1 of 3

カルダモンレモネードを作ってみた

Ciao!!

すっかりスパイス漬けになっているナホです☆

スパイスの女王『カルダモン』

スパイスカレー作るときとチャイを作るときにカルダモンがなくちゃ始まらない。一度ホールのカルダモンを購入したら、そんなに簡単にはなくならないので『あっ、カルダモン切らしてる!!』って焦ったことは一度もないよね。

カルダモン、としか表記ないものはグリーンカルダモンのこと。ふっくらと丸みのあるものを選ぶとよいそう。カルダモンにはブラウンカルダモンというものもあって、グリーンカルダモンの3倍以上の大きさがあるんですよー!!でかーーー。

カルダモンの清涼感のある香りはクセになるんだよなぁ。たまにカルダモンが入っているケースの蓋を開けて、カルダモンの香りを嗅いでます。古代ギリシャや古代ローマでは香水や消化薬として使われていただけあって、あの香りはたまにたくさん吸い込みたくなる。笑

世界最古のスパイスのひとつで、高価なものなんですよね。その価値と上品な風味から『スパイスの女王』と呼ばれています。たしかに、上品なあの香りはキングのイメージではないよね。笑

台湾のドライレモン

以前『茶譜(チャプゥ)』さんにお邪魔したときに、台湾産のドライレモンを購入してました。レモネードを作ろうと思ったんですよね。ただ、買ってからしばらく忘れてたけど。笑

最近はとにかくスパイスについて勉強するためにスパイスの本をよく読んでいるのですが、カルダモンのページを見てみたら『カルダモンレモネード』というものが紹介されてまして。

あ!!台湾のドライレモンを使おう!!って思い出したのでした。

掲載されていたレシピを少しアレンジしてまずやってみたのはこんな感じ。鍋に軽くつぶしたカルダモン3粒とお水300㎖を入れて火にかけ、沸いたら火を弱めてお湯にカルダモンの香りが移るまで煮る。ドライレモンを2枚を加えて、2~3分煮る。最後にはちみつ大さじ1を入れて完成。

2杯分にしては300㎖ってちょっと中途半端な気が…。これは400㎖にしたほうがよさそう。色んなレシピを見てみたら、カルダモンは2粒というのがほとんどだったけど(わたしが参考にした本にもそう書かれてたけど)、わたしは3粒で行こう。笑 はちみつは『野生黒蜂蜜』を使ったのだけれど、ほんのりスパイシー感があるこのはちみつはレモネードにピッタリでした!!(さすがインド産だわ)でも、ちょっと甘すぎる気もしたのでお水の量を増やせばちょうどいいかな?

なんどか微調整して、最高においしいレモネードを飲めるようにしよう…!今日は寒かったのでホットドリンクが飲みたくて温かいまま飲んだけど、冷ましてからアイスで飲んでもいいよね。

スパイスを使ったドリンクもとてもたくさんあるので、こちらも色々試作してみたいな。チャイやラッシーなどの有名なスパイスドリンクはよく作るけど、まだまだ知られていないドリンクもたくさんありそうですもんえね。あ、そうそうタマリンドジュースとか。まだ作ったことないから今度やってみよう。

タマリンド、見た目はちょっとアレだけど味はすごく好き。

では、では。

Grazie♡

ジュニパーベリーをハーブティーにいれてみた

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

ジュニパーベリーをやっと使ってみたよ

買ったけど使っていなかったスパイスのひとつ、ジュニパーベリー。わたしが最近ハマっているジンの香りづけに使われているスパイス。

一粒食べてみましたが、そのまま食べたら美味しくなかった。笑 いやー、そもそもスパイスってそのまま食べると味がしないものもあるんですよね。スパイスには味をつける効果はないので…。

香りはジンの香りそのもので、苦みと甘みの混ざり合った風味。ソーセージ、生ハム、マリネ、ザワークラウトなどに使われるみたいですが、なんかもっと簡単に使える方法はないかなぁと調べてみたら、いいなぁと思うレシピを見つけました。

<すっきりさわやかハーブティー>

このハーブティーにはジュニパーベリーとレモングラス、ペパーミントが使われているのですが、レモングラスとペパーミントは家になくて…。でも、ジュニパーベリーをハーブティーに入れるというヒントをもらったので、他のスパイスなどを入れて作ってみることにしました。

使ったのはこちら。ローズバッズ、スターアニス、カルダモン、そしてジュニパーベリー。分量ですか?テキトーです。笑

お湯を入れて5分ほど抽出して完成。ジュニパーベリーが入るととてもスッキリ!!森林の中に行ったような感じ。バラ茶はたまに飲むんですが、こうやって他のスパイスを入れて変化をつけるのもいいかもですね…!

ジュニパーベリーは臭み消しにもなるそうで、シカ肉の料理にもよく使われるみたい。なかなか自分でシカ肉の料理を作ることはないですけどね。あ、シカの角はたくさん欲しいけど。笑

いつものハーブティーにジュニパーベリーを足してみるのも、いいかもー。

では、では。

Grazie♡

バタフライピーのお茶に出合ったよ

Ciao!!

ブルーが好きなナホです☆

『なつぞら』終わっちゃいましたね

昔から朝ドラにはあまり興味が湧かなくて観たことなかったんですよね、今年の春までは。4月から『なつぞら』が始まり、2週目までは観てなかったんですけど、十勝が舞台になっていることを知り3週目から観はじめました。

それからは1度も見逃すことなく最後まで見届けましたよ。

何度もTVの前で泣きましたね…。じいちゃんのセリフには弱かったなぁ。自分のおじいちゃんの記憶はあまりないのだけれど。そして、十勝の雄大な景色を見るたびに、ロケ地巡りをしたいという思いが膨らんで。北海道に住んでいるのに、行ったことのない場所が多いんですよね。十勝に限らず、もっと道内旅行をしたいなとも思いましたね。

先日、帯広競馬場にある『とかちむら』に行ったときに、これは!!という『なつぞら』関係のお土産を見つけました。

青い色のフルーツティーですって!!この青い色はバタフライピーですね。バタフライピーとはチョウマメというマメ科の植物のこと。お花に青色色素が含まれているんです。飲んでみることにしました。

ティーバッグの中には乾燥パインやパパイヤが入っていました。とてもいい香り。1分ほどおくととても鮮やかなブルーになりましたよ。

青い食べ物って食欲が減退すると言われていますよね。わたしはそうは思いませんけど。ネモフィラカレーも食べてみたいですもん。笑

今回はホットで飲みましたが、濃い目に入れてソーダ割りやオレンジジュース割りもオススメなんですって。これはやってみたい!!

レモン果汁を入れると紫色に変わるみたい。これも今度やってみよう。

こちらの『十勝あおぞら茶』、オンラインショップでも購入できるみたいですよ。

<青いお茶 バタフライピー レモン果汁で変色 アレンジティーにおススメ 角切りフルーツ入り>

なつぞらは終わっちゃったけど、十勝の空を思い浮かべながら飲みたいと思います…!

では、では。

Grazie♡

ハマナスってバラ科だったんだ…

Ciao!!

お茶にハマりつつあるナホです☆

ハマナスの花がバラ茶なのね

身近にあるものに限ってあまり知らないことって多いなって思うんです。北海道の花である『ハマナス』の花。わたしが小学生の時、北海道で『はまなす国体』が開催されたのですが、みんなで同じ衣装を着て、確か『大地讃頌』を踊ったような……懐かしい思い出です。

そのハマナス、先日『茶譜』さんに行ったときにお茶として売られているのを見つけました。

『あれ?これってローズバッズと見た目が一緒…』と思い、お店の方に聞いてみたらこちらはハマナスの花、メイクイの花ということ。そう、ハマナスはバラ科なんですねー。実は初めて知りました…!

メイクイ茶は通称バラ茶と呼ばれているんですね。調べてみたら、ハマナスの実はローズヒップティーになるということも知りました。今まで全然興味がなかったハマナスですが、一気に興味が湧いてきちゃった。笑

メイクイ花には、ビタミンA、C、B、E、Kが豊富に含まれているんですって。へーーー。さらに、タンニン酸も含まれていて、内分泌を改善して、血液循環を促進するそう。なんだか色々と身体によさそうなんだね。

自分の好みのハーブティーに一つ加えるだけでもいいと聞いたのですが、メイクイ茶だけで飲むのなら2粒をグラスに入れてお湯を注いで寝る前に飲むといいですよと教えてもらったので早速やってみました。

お好みではちみつなどを入れてもいいそうですが、わたしはこのままでいただきました。すごいカンタンだし、いい香りで癒されるし、お茶っていいなぁ…!

お店では家ではなかなか飲めないものを

ちなみに先日お店で飲んだのは『紫娟茶(シケンチャ)』という黒茶。黒茶は脂肪分解効果が一番高いとメニューに書かれていて、『これだ!!』って思って選びました。生プーアル茶で、アントシアニン、フラボノイドや亜鉛を多く含むので女性には嬉しい感じですよ。結構苦いと言われましたが、意外と大丈夫でした。

この茶器セットと砂時計を購入しないとなかなか家で飲むのは難しそう…。なので、お店に飲みに行くのが一番いいね。

家ではしばらくメイクイ茶とシナモンティーの日々が続きそうです。

お茶って楽しいね。

では、では。

Grazie♡

野生黒蜂蜜のハニーラッシー

Ciao!!

はちみつ大好き、ナホです☆

インドの野生黒蜂蜜を食べてみたよ

先日購入してきたインド産の『野生黒蜂蜜』。ブログにも書いたアレです。

ハニーハンティングで採集された黒蜂蜜

味見はしていたのでどんな味なのかはわかっていましたが、はちみつだけじゃなくて他のものと合わせた時にどんな感じになるのか楽しみにしていました。

ドレッシングにも使ってみたいのですが、まずはすごくカンタンに出来る『ハニーラッシー』を作ることに。

ちょうど賞味期限間近のヨーグルトと牛乳があったからというのものありますけどね…。笑

普段作るラッシーには、クミンかカルダモンかシナモンを入れることが多いのですが、この野生黒蜂蜜は味見をした時に少しスパイシーさを感じたので、まずはスパイスを入れずにこのはちみつだけの味を堪能しようと思いまして。

無糖ヨーグルト100gと牛乳100mlに野生黒蜂蜜大さじ2をミキサーで撹拌して氷を入れたグラスに注いで完成…!

スパイスは入っていないはずなんですが、ほんのりスパイシーなところが美味しい。

不思議だなぁ。危険を冒してはちみつを採集してくれた方々に想いを馳せて味わいました。

今度ははちみつの量を変えてみたり、少しスパイスを入れたりなど、色んなアレンジを楽しみたいと思います。

ラッシーとチャイは甘い方が好き

ラッシーとチャイは自宅でよく作るんですが、今、食べたものを記録しているのでカロリーが気になるところではあるんですよね。

でも、ラッシーもチャイも、砂糖を抜いてしまったら『なんか違うな』って思うんですよ。普段カフェラテは砂糖なしで飲んでいるので、決して甘くないものが飲めないと言う訳ではないのですが、ラッシーとチャイに関しては甘くないと『それ』を飲んだ感じがしない。

インドには行ったことがないので、現地で飲んだ味がどうのこうの…とは語れないのですが、でもきっとラッシーもチャイも思いっきり甘ったるいんだろうなぁって想像してます。

暑い国で甘ったるい飲み物を飲むの。どんな気分になるのかな。

暑いところは苦手だけれど、インドに行ったら甘ったるいラッシーとチャイを飲みたい。

いつになるかわからないけどね。

それまでは、色んなレシピをかき集めて、色々と試してみたいな。

では、では。

Grazie♡

初めて作ったシナモンティー

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

南インド料理DALさんのシナモンティー

先日、帯広の『南インド料理DAL(ダール)』さんを訪問したときにシナモンティーを作るためのカシアを購入してきました。

こんなにたくさんのカシアを購入したのは初めて…!カシアはクスノキ科の木の皮を乾燥させたものでシナモンとは親戚。アメリカなどではカシアをシナモンと称していることもあるので、世界中でシナモンと相互に使われているみたいです。

シナモンよりもざらざらしてて少し厚みがあって、香りは強いけど味はやや繊細さに欠けている感じでしょうか。

シナモンティーはダールさんでは飲まなかったのですが(ラムチャイを飲んだのでね…)、すごく興味がありまして。だってシナモンティーって飲んだことないし、作ったこともなかったのでね。作り方も載っていたのでこれは買って帰って作るしかないなと思って。

水1ℓに対して使うカシアは20g。デジタルスケールで測ったあと、手で細かく割りました。意外と簡単に割れるんですよね。

生姜の薄切り1枚とブラックペッパー2粒も入れました。沸騰してから10分。

できたーーー!!この時点で、カシアのいい香りがたまりません。ここから1時間~一晩おいた方が美味しいと書いてあったので、1時間おくことにしました(早く飲んでみたくてたまりませんでしたけどね)。

やっと飲めるーーー!!ということで、飲んでみたらビックリ!!まず、香りがとてもいいのと、甘みを感じる味。あ、砂糖は入ってませんよ。なのに、すごく甘みを感じるんですよ。不思議。

カシアは下痢や吐き気、おなかの張りなどにも効果的だそう。

カップ1杯だけじゃ足りなくて、結局作った1ℓを飲み干してしまいました…。

スパイスティー、やっぱりおいしいなぁ。クミンティーとかフェンネルティーも好きだけど、シナモンティーはちょっと別格かもしれません。

またすぐ作らなきゃーーー!!

しばらくシナモンティーにハマりそうです♡

では、では。

Grazie♡

初めましてのローズバッズ

Ciao!!
近頃ローズづいているナホです☆

ローズバッズが届きました

昨日のブログに『ローズウォーター』のことを書いたのですが、その中に『ローズバッズ』を注文中と書いたのですが、ちょうど届きました♡

食用の小さいバラです。見た目がとにかくかわいい!!実物を見るのは初めて。袋を開けるとふわーーーっといい香り。上品で柔らかい香りがします。

スケイルさんのレシピは桃を買ってこなきゃ作れないので、その前に何か他のものを作ってみようと調べてみたら『アイスローズティー』というのを見つけたので作ってみることにしましたよ。水出しなので、すごく簡単にできるみたい。

用意するのはローズバッズ10個と水1ℓ。

ローズバッズ10個はつぼみからガクを取り除いて、花びらだけを使います。

水1ℓに花びらを入れて2日ほど冷蔵庫で置き、花びらを取り出して飲むんですって。2日後楽しみだわ―――♡飲むといい気分になる気がする…!

ガラスのボトルだったら、見た目ももっとかわいいんだろうなぁ。今までは家で1ℓ以上のお茶などを作ることがほとんどなかったので、ガラスのボトルは持ってないんですよ。これから何度も作ることになりそうだから買ってみようかな。

こういうのとかシンプルでいいかも。

iwaki(イワキ) 耐熱ガラス ジャグ・1000 (ホワイト) 1L K294-W

新品価格
¥1,412から
(2019/8/19 16:35時点)

そして桃とリンゴ酢も買ってこなきゃ。ローズバッズを使うレシピはネットではほとんど見つけられなかったので、スケイルさんのレシピってすごいなって改めて感じているのであります。早く作ってみたーーーい!!

では、では。

Grazie♡

スパイスの本は何度も読みたくなる

Ciao!!

スパイス大好き、ナホです☆

想像する時間が好き

スパイスカレーとかスパイス料理のレシピはネットで色んなものを見ることができるけれど、やはり本を手元に置いておきたいと思うタイプ。というのも、時間があるときにパラパラと眺めたりできるし、色んな本を見比べたりすることができるところもいいんですよね。

時間があるときは『よし、これを作ろう!!』と思い、すぐに材料を買いに行ったりするけれど、バタバタする日が続いたりすると全然作れないこともあるので、そういう時はカレーの本を眺めながら『美味しそうだなぁ…』と想像する時間も好きだったりします。

Twitterで知って先月購入していた『料理通信8月号』。

実は購入してからはしばらく開いていなくって(一緒に何冊かまとめて本を購入していたので、そちらを先に読んでいたんですよね…)、つい最近読み始めたのですが、これがホントおもしろくて…!

『この1冊スパイスからカレーを作れるようになります。』とありまして。スパイス初心者からスパイス大好きな人まで幅広く楽しめる感じなんです。スパイス界の有名人もたくさん出ていますしね。

作ってみたいカレーとかつけあわせやおつまみがたくさん載ってまして。ホント眺めるだけでもしあわせな気分に浸れます。カレーは正義だ。

夏のスパイス・ドリンク

スパイスを飲み物に使うのも好きなんです。チャイやラッシーは普段からよく作るのですが、それ以外のレシピも色々と掲載されていて、材料を揃えて作ってみたいものもいくつかありました。

その中で、『スパイスバザールアチャカナ』のラムチャイが掲載されていたので、気になったので作ってみることにしました。レシピの半量で作ってみたんです。

いくらレシピの半量で作ったとはいっても、かなりの量だなということに気づきましたが……。ま、いっか。笑

ラムチャイは今まで作ったことがあるラムチャイの中でもラムの量は多め。いつもはチャイには砂糖を入れるので、砂糖を入れないチャイというのも新鮮でした。

スパイス関連の本を色々と見ていると、食材をこれに替えて作ってもいいかもということがなんとなくわかってくるんですよね。それを考えるのも楽しいんです。

まだまだスパイスについては知らないことも多いので、時間がある限りは色々と作ってみようと思います。考えるだけじゃなくて、やっぱり実際に作って食べてみるのが一番だもんね。

作りすぎたチャイはポットに入れて冷蔵庫へ入れたので、明日は朝から晩までチャイを飲んで過ごそうと思います。笑

保存版の料理通信8月号はこちらからどうぞ。

料理通信 2019年 08 月号 [雑誌]

新品価格
¥1,008から
(2019/8/11 23:08時点)

では、では。

Grazie♡

『パンにあうお茶』を飲んでみました

Ciao!!

飲み物が好きなナホです☆

10日連続の真夏日を記録した札幌ですが、今日は雨。そして立秋ですね。暦の上では今日から秋になるということもあり、雨ということもあって秋の空気に変わったような気もします。ただ若干蒸し蒸しはしていますけどね。

佐賀の嬉野のお茶

佐賀県は行ったことはないのですが、嬉野はお茶が有名だということは知っていました。先日、お土産でいただいたお茶のネーミングがとてもいいなぁって思いまして。それは『パンにあうお茶』というもの。

わたし自身は、それほどパンが大好き!!という訳ではないんですけど、こういうネーミングだと合わせて飲んでみたくなりますよね。名前の力はすごい。

一般的にはパンと一緒に紅茶を飲むことはあっても、日本茶を飲むことはあまりないイメージ…。わたしは普段ならカフェラテを合わせることが多いかも。でも『パンに合う』と言われたら、試してみたくなっちゃいます。いつも家にパンがある訳ではないので、今回はまずそのまま飲んでみますけど、次回はパンを買ってこなきゃ…!

このお茶は紅茶・ほうじ茶・緑茶のブレンド茶。お砂糖を加えて甘くしたり牛乳でミルクティーにしてもおいしいと書いてありました。カフェにいくとほうじ茶ティーラテとか緑茶ラテなどのメニューがあるのに、なぜか自宅ではあまりやろうと思ったことがないんですよね…。それだけ日本茶に砂糖や牛乳を合わせるというのに少なからず抵抗感があるのかなぁ。

ターコイズのカップに入れてしまったので色がわかりにくいのですが、紅茶だけだと濃くなりそうなのをほうじ茶と緑茶もブレンドしてあることでスッキリ飲める印象でしたよ!胃もたれしにくいのでモーニングにもオススメだそう。

パンは『バターが香るパンによく合う』とのことなので、クロワッサンとかが合うのかなー?次回はクロワッサンと合わせてみようと思います!!

このお茶は『相川製茶舗』さんのもの。嬉野にあるお店は写真で見てもとてもステキな雰囲気!!佐賀を訪問する際にはぜひ行ってみたいですね。

では、では。

Grazie♡

『アイラン』を飲んでみたよ

Ciao!!

お塩大好き、ナホです☆

熱中症予防によさそうなドリンク

気持ちのよいお天気だった札幌。晴れの日はとても好きなのですが、暑すぎるのは苦手なわたし…。かと言って冷房の風もとても苦手です。わたしの中で心地よく過ごせるのは気温は20~25度くらい。30度を超えてしまった日には、口を開けば『暑い…』としか言わなくなり、一気にテンションダウンします。笑

基本的には飲み物はお水かコーヒー(カフェラテorソイラテ)を飲むことが多いです。熱中症予防として『経口補水液』がよいと知ってからは、手作りの経口補水液を飲むこともあります。

経口補水液については以前ブログにも書いてます。

手作りの経口補水液がおいしい

あとは、スパイス好きなのでチャイやラッシーを作って飲むことも多いのですが、いずれも甘くして飲むことが多いので、甘くないものでさっぱりする飲み物は何かないのかな?と思っていた時に、SNSで偶然とあるドリンクを見つけました。

トルコの塩ヨーグルトドリンク『アイラン』

ヨーグルトドリンクといえばわたしの中ではラッシーなのですが、このアイランというドリンクは基本的にはヨーグルトに水とお塩を混ぜたものだそう。水の代わりにキュウリの汁やニンニクを入れたり、更に黒コショウで味付けしたりする場合もあるみたい。

わたしもシンプルなレシピで『アイラン』を作ってみました。ヨーグルトと水、各100㎖と塩小さじ1/4をミルサーで混ぜただけです。

泡泡のドリンク

シンプルなレシピだけあって、美味しい塩を使うのがポイントだと思うんです。今回使ったのは『奥能登 海水塩』。非直火式低温製法の最近のお気に入りのお塩です。

見かけたレシピでは、お好みでレモン汁を入れたり、はちみつで甘みをつけてもよいと書かれていました。違うお塩を使ってみたり、レモン汁を入れてみたりなど色んなアレンジをしてみるのもいいかも…!

それにしても世界には色んなドリンクがあるもんですね。タピオカミルクティーの次にはチーズティーが流行ると言われてますけど、チーズティーはまだ飲んだことないです…(どんな味なのかあまり想像がつかない…)。

カフェも好きだけど、お家でドリンクを飲みながらまったりする時間も好きだったりします。1杯のドリンクを、ちょっとだけ手をかけて作ってみるのもいいものですよ。

では、では。

Grazie♡

Page 1 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén