STYLEZ ナホのブログ☆

ナホが毎日楽しく過ごす方法をお届けします♡♡♡

カテゴリー: ファッション Page 1 of 9

CELINE(セリーヌ)の2019-20年秋冬コレクションがかわいすぎる

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

CELINEの2019-20年秋冬コレクション

先日行われたセリーヌの2019-20年秋冬コレクション。シフォンのような柔らか素材のスカーフづかいにかなりキュンキュンしました♡

以下画像はVOGUE JAPANのサイトよりお借りしました。

このコーディネート、ホントステキですよね。そう思った方、とても多いんじゃないかと思います。このままの雰囲気で真似したいですもん。(このまま着れるものなら着てみたいですけど…)着丈眺めのテーラードジャケットにプリーツのキュロット。足元はロングブーツ。ロングブーツはもう何年も履いてないけど、久しぶりに履きたくなっちゃいました。

ハットとスカーフの合わせがとてもステキ。小物は色を統一するとスッキリ見えますよね。

スカーフって基本的に柄物が多いので、柄物のトップスが着れない…と思う方が多いと思うんですけど、こんな感じにストライプ柄に柄物スカーフを合わせるのは、それほどうるさい感じにならないのでとてもオススメです♡

ブルゾンのキャメルとスカーフのパープルの組み合わせもいいですよね。色合わせの参考にしたいコーディネートです。

こちらもハットとスカーフの色をブラウンで合わせていますね。このグレーのマントコートがかわいすぎる!!!

こちらは一番初めのコーディネートとほとんど似ているものなんですけど、スカーフとキュロットの柄が違うと雰囲気が変わるものですね。

このコーディネートも好き過ぎます♡ツイードジャケットにデニムを合わせるコーディネートが好きなんですよねーわたし。それにスカーフを合わせて、ロングブーツにデニムをインするのも今年の冬やりたいな…。このロングブーツすてきですよね。内側がボアになっているのとかたまりません♡

最後はこちら。柄のコートに柄のワンピース(ブラウス+スカートかもしれません)に柄のスカーフ。全部柄物だけれど、とても品よくまとまってますよね(さすがセリーヌ!!)ワンピースとスカーフが両方ともチェーン柄なので統一感があるんだと思います。(ベルトのバックルもですね)

取り入れたいスカーフアレンジ

今回こちらのコレクションで使われていたスカーフは、ストールのように細長いタイプのスカーフと思われます。それをボリュームが出るように片結びにしたり、リボン結びをあまりキレイに整えない感じにしているように見えました。

これからの春夏シーズンに取り入れるとしたら、薄手のウールシルクとかシルクカシミアの柄物のストールを同じような雰囲気で巻いてあげるとステキだと思いますよ!わたしもこの巻き方は早速取り入れたいと思います!!

それにしても、エディ・スリマンってやっぱすごいわ…!

では、では。

Grazie♡

客室乗務員の制服って憧れるものですよね

Ciao!!
スカーフ大好き、ナホです☆

堀ちえみさん出演の『スチュワーデス物語』

数日前に、堀ちえみさんが舌癌だという報道がされとてもビックリしました。明日手術とのこと。無事に手術が成功して、また元気な姿を見せてほしいですね。それにしても、始まりは『口内炎』からだったというので、それまたとてもビックリしてしまいました。口内炎…あなどれないな。そして、ますます食生活には気をつけたいなと思った次第です。

その堀ちえみさんが主演していたドラマ『スチュワーデス物語』。1983年から1984年にかけて放送されていて、当時リアルタイムで観ていたとしたら小学校1年生か。うーん、再放送で観たのかな。でも小学生の時に観たというのだけはハッキリと覚えているんですよね。

印象的だったのは堀ちえみさんが自分で『ドジでノロマな亀』と言っていたことと、義手である片平なぎささんが口で手袋を脱ぐシーン。あれ、マジで怖かった。トラウマレベル。

映像探してみたらありましたよ。

わたしの記憶では片平なぎささんの義手は真っ白だった記憶なのですが、グレーっぽい色だったんですね。風間杜夫さんも若いなーーー。やっぱり何度観ても怖い…。

そうそう、このドラマ、JALが舞台になっていることもあって、もちろん制服も当時のJALの制服なのですが、この制服、今見てもホントかわいいなぁって思うんです。

6代目の制服で、デザイナーは森英恵さん。このドラマをみて当時スチュワーデスになりたい!!って思った女子が全国にどれだけいることか…。

ちなみにこの写真の真ん中の制服ですね。ちなみに左から5代目、6代目、7代目の制服だそう。スカーフの巻き方によって全然印象が違いますよね。そうそう、そのことにも気づいてほしいなーって思ってしまうわたしです。(スカーフすごいよ!!笑)ミニスカートのもなかなかかわいい。こちらのデザイナーも森英恵さんとのことです。7代目は肩パットもりもりで強そうな印象。時代ですね。

2020年に新しい制服になるようです

現在の制服は10代目でデザイナーは丸山敬太さん。2013年から現在の制服だそう。

ジャケットを着ても脱いでもサマになるデザイン。新しい制服の候補3案が公開されていて、明日(2月22日)までサイトでアンケートを募集しているみたいです。

まずデザインA。花柄のスカーフと袖口が印象的。華やかな感じですね。

デザインB。3つの中では一番シンプル。細いラインと細いベルトも上品な感じ。

デザインC。ふんわりしたお袖が特徴的だけど、作業をするのにはあまり向いていなさそうな気も…。ふんわりしたお袖のものを着ていたら、手を洗う時とか、テーブルの上の遠いところにあるものを取るときなんかにお袖が気になりません?スカーフのデザインは一番好きなんだけどな。

詳しくみたい方はこちらをどうぞ。

<みんなのJAL2020 新制服プロジェクト アンケート編>

どの制服が選ばれるのかも楽しみですけど、6代目の制服の復刻版でもいいんじゃない?って思っちゃったわたしなのでした…。だって、あのボーダーの感じとかかわいいんだもん。あれは着てみたいよねー。帽子も被ってみたいし。

5代目、6代目の制服がかわいかったばっかりに、7~9代目の制服はちょっと地味だったよなぁって改めて思うんですよね。詳細を知りたい方はこちらを。

<制服の歴史>

JALはやっぱり赤をポイントに持ってきてほしいと思うので、今回の3案は結局どれが選ばれてもいいとは思うんですけどね。スカーフにも赤は取り入れてほしいですね。

では、では。

Grazie♡

スローファッションの気になるブランド

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

1枚のお洋服を長く着ること

ファストファッションが拡大して、お洋服を『使い捨て』する人が増えたことで衣料品ゴミの増加の問題やクリーニング店の利用が減っているという話をよく聞きます。

わたしは、ZARAなどのファストファッションでたまにお買い物をしますが、1回着て終わりというようなことは全くなくて、数年間着るんですけどね。ま、着れますし。選ぶものとか日常のお手入れ方法によるとは思いますが。購入するものはシンプルなデザインのものが多いですね。

もともとお洋服は『長く着る』ということを前提に買うことの方が多いです。アパレルで働いていた時は、新入荷の商品を片っ端に買うということもありましたが、今はアパレル業界で働いている訳ではないので、以前にも増して1枚の洋服を購入するときに『素材』と『デザイン』をより気にして、長く着ることを考えるようになりました。(最近は『Keisukeokunoya』が多いなぁ)

この、『1枚のお洋服を長く着る』という『スローファッション』の動きが出てきているんですよね。わたしにとっては、今さらですか?という感じではあるんですが…。笑 まー、ファストファッションがこれだけ拡大したから、その反動ではあるんでしょうね。

EILEEN FISHER(アイリーン・フィッシャー)の新業態

確か昨年の秋頃の日経MJの記事で、アメリカのアイリーン・フィッシャーが、2018年8月にスローファッションの新業態をブルックリンにオープンしたとありました。

アイリーン・フィッシャーの製品は、環境に配慮した高品質素材を使ったシンプルなデザインが特徴で、価格も決して安くはないもののリーマン・ショック以降にアメリカでアパレル消費が後退した時期にも業績を伸ばしたきたそう。

アイリーン・フィッシャーのインスタを見てても、シンプルでステキなお洋服やシューズなどが多いです。

新業態の『Making space(メーキングスペース)』では、通常のコレクションに加えて、自社製品の古着を回収して再生した『リニューコレクション』も販売しているとのこと。この『リニューコレクション』は、洗濯・補修した中古品と、中古品を解体して生地に戻し新製品に作り替える再縫製製品とに分かれ、中古品は新品の約1/3の価格、再縫製製品は、その時手に入る素材をパッチワークで組み合わせた1点もので、価格は冬物ジャケットだと700ドル前後とのこと。

この『再縫製製品』の1点ものには非常に興味がありますね。オンラインストアでは中古品の販売は行っていましたが、さすがに1点ものは掲載していないみたいですね…。どんな感じなのか気になるなぁ。

2009年から自社製品の古着回収と再生プログラムを実施したきたアイリーン・フィッシャー。古着1着をギフト券5ドルと交換し、累計で80万点を回収したそう。回収品の5~6割は中古品として販売し、残りは再縫製製品かフェルトとして再生するみたいです。

わたしが今まで『1枚の洋服を長く着る』と言っていたのはあくまで自分1人での話。でも、このアイリーン・フィッシャーの仕組みは、1枚のお洋服を洗濯・補修、もしくは作り直すことでお洋服の価値を維持し、人から人へと渡し、長く着てもらうというもの。わたしが思っていた『スローファッション』よりもさらに進化していました。

アイリーン・フィッシャーは、お洋服のライフサイクルに責任を持つことによって、欠陥のあるアパレル業界の穴を繕い、持続可能性のための新しい基準を設定している、というようなことがサイト書かれていました。すばらしいなーーー。

<EILEEN FISHER Where others see waste, we see possibility.>

このブルックリンにあるお店、いつか訪問してみたいですね…!いつか必ず。

では、では。

Grazie♡

MUVEIL(ミュベール)のスカーフコレクションがかわいい

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

MUVEIL(ミュベール)がかわいくて

スカーフプリントの商品がやっぱり気になるわたし。そういえば、以前からネットを見ていて気になっていたブランドがありました。

それは『MUVEIL(ミュベール)』。

今期はスカーフプリントの商品がたくさんあるんです。どれもとてもかわいいんですよねー。画像クリックで、MUVEILのオンラインショップに飛ぶようになってます。

まずはワンピース。

スカーフコンビニットワンピース(前)

スカーフコンビニットワンピース(後ろ)

ワンピースのいいところって、1枚でコーディネートが完成するところ。しかもこちらは前からみたらシンプルなところが好き。 背面の切り替え部分にはドロストになっているので、絞るとシルエットに動きが出てステキ。欲しいなぁ。

スカートもいい感じ。

スカーフパネルスカート

トップスはスカートの柄に入っている色を合わせたらステキですよね。グリーンが最近気になるわたしは、このスカートのトップスにグリーンを合わせたいなぁって思います。イエローもすてきだなぁ、きっと。

それから、カーディガンも。

バックスカーフカーディガン(前)

バックスカーフカーディガン(後ろ)

パールボタンがとても上品。後身頃にスカーフが使われているのですが、ワンピース同様ドロストのデザインになっていて絞ると雰囲気が変わっていいですよね。
トップスもステキなのがありました!

スカーフコンビ半袖プルオーバー

わたしもたまにウエストにスカーフを巻いたりするのですが、これはウエスト部分にスカーフがドッキングされているんですって!めちゃ便利だね。後ろでひとひねり加えた巻き方になっているので、前で結んだり、後ろでリボン結びをしたりと色んなアレンジができそう。

上にジャケットを合わせたら、オールシーズン着れそうですね。

もうひとつ、トップス。

衿スカーフTシャツ

こちらは首元にスカーフが付いているタイプ。便利は便利だけど、首元に付いているのだったら、手持ちのスカーフを巻けばいいかな、って思ってしまいました。笑 ま、かわいいけどねー。

最後にこちらも。

スカーフプリントバッグ

スカーフプリントの小物はアクセントになるからステキ。お洋服に取り入れるのはちょっと…という方でも、バッグだったら持ちやすいですよね、きっと。持ち手の長さを調節できるというのもポイントが高いなぁ。

やっぱりスカーフプリントが使われているものってワクワクします。身につけるだけで華やかになりますしね。着るだけでステキに見えるものが多いので、気になる方はぜひ取り入れてみてくださいねー!

では、では。

Grazie♡

ZARAパトロールしてきました

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

スカーフプリントが目に留まりました

先日、大通に行ったときに少しだけ時間があったのでZARA札幌IKEUCHI ZONE店に立ち寄ってみました。滞在時間は多分10分もなく、しかも店舗1Fフロアの半分くらいしか見ていないのですが、それでも目に留まったのはスカーフプリントのものたち。

気になったものを、オンラインショップで確認してみました。画像クリックでZARAのサイトに飛ぶようになっています。

まずは、ワンピースから

チェーン柄プリント地ワンピース

鮮やかな配色のこちらのワンピース。入口入ってすぐのディスプレイで使われていて、とても目を引きました。いやー、かわいい。着たい。(けど、さすがに前面にスカーフプリントだと派手すぎるかしら…)似合う方にぜひ着てもらいたいなーって思う1着ですね。

お次はこちら。

チェーン柄プリント地ワンピース

チェーン柄って好きなんだよなぁ。ネイビー地なので、落ち着いて見える感じ。ただ1枚で着るには丈が短そう。上にプルオーバーのニットを合わせて、裾だけ見せて、ボトムはスキニーパンツでもかわいいかも。

コンビ素材プリント柄ワンピース

このワンピースは実物は見なかったのですが、部分的にスカーフプリントが使われているのがツボです。これ、とてもかわいい。形もよさそうですねー!

そして、ワンピースの最後はこちら。

チェーンプリント柄コントラストワンピース

これは着たいですね!とても好きな感じ。前身頃の半分のスカーフ柄は、裾がヒラヒラしているので動くたびに揺らめく感じですね。袖口のスカーフ柄のバランスも好き。これだったら、全面スカーフ柄ではないので、柄に抵抗がある方でも着やすそうですよね。近いうちに試着しに行ってみよう。

ブラウスやシャツも

パッチワーク風のシャツを店頭で見かけてかわいいなぁと思いました。

ストライプ柄コントラストシャツ

ストライプ×スカーフプリントという柄×柄がたまらないです。しかも袖口のスカーフプリントにはベルト柄が使われているところにキュンとしますね。

チェーン柄パッチワークブラウス

このブラウスは配色が好みーーー。ネイビーとブルー系にはやっぱり惹かれる。

チェーンプリント柄トップス

そしてこちらのキャミソールトップス。1枚じゃ絶対に着れないけど、黒のタートルの上にベスト風に着たり、上にジャケットを羽織るのであればとてもステキだと思うのー。

チェーンプリント柄ブラウス

このコーディネートはしてみたいですねー。上にジャケット羽織りますけどね。グレンチェックのジャケット羽織ったらかわいいだろうなぁ。ブルー×イエローの配色って爽やかですよね。

ZARAにはまだまだ他にもスカーフプリントの商品はたくさんありましたよー!ZARAをチラッと見るだけでも、トレンドを把握出来て楽しいですよね。

今年の冬もスカーフプリントからは目が離せないですねー。わたしも、今度はゆっくりと見に行こうと思います。

では、では。

Grazie♡

同じ服なのに毎回違う服を着てるように見られる理由

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

服を買わなくなったなぁ…

セレクトショップの販売員を辞めてから4年ほど経ちました。学生の頃からの十数年、わたしのお給料の毎月の支出で一番多くを占めていたのはお洋服でした。よくあるお給料のほとんどを服に注ぎ込むってやつです。笑

でも今は、色んなことへ興味が湧いていることもあって、お洋服を買うことが本当に少なくなりましたね。陶芸教室や料理教室など、知識を得るためにお金を使うようになったからということもあります。でも、スカーフは別。好きですもん。お気に入りを見つけたら購入したくなります。

服を買わなくなって気づいたことと言えば、着る服は決まってくるということ。着回ししやすい服ばかり着てますね。もともとお洋服の着回しを考えることは好きなので(仕事でしたし)、最低でも1着のお洋服に対して3パターン以上の着回しは考えています。

着回しのことを考えると、必然的に残ったのはシンプルなお洋服ばかり。今の時期、着回しているトップスは、

  • クルーネックのニット
  • クルーネックのスウェット
  • ボートネックのカットソー
  • ゆったりしたデザインのVネックのニットカーディガン

だということに気づきました。

クルーネックのニットとVネックのニットカーディガンはそれぞれハイゲージのものとローゲージのものを持っていますが、どちらもデザインはいたってシンプル。

基本的には、この4種類のデザインのトップスとインナーを着まわしているのですが、『いつも違う服を着てるねー』と言われることが多いんですよ。実際は数枚を着まわしているだけだから、そういう風に見られるのはうれしいですね。

なぜ違う服を着てるように見られるのか?

トップスは基本的には無地のモノばかり着てます。(ボーダーのカットソーは別ね)でも、ボトムはたまにチェックや太ストライプの柄モノとか、ギラギラしたスカートとか穿いたりします。

それでも、上下とも無地のパターンが一番多いんですよ。

何で変化をつけているかというと、スカーフなんですよね。手持ちのスカーフは色がはっきりしたものとか、柄が印象的なものなどが多いので、お洋服を無地にした方が引き立つというのこともあるからなんですが…。

巻き方のアレンジ一つで、スカーフに目が行くことが多いからか、着ている洋服まで違うものに見えるみたいです。不思議。笑

なんかわかりやすい写真がないかなーって思って探したら、ブルーのローゲージのVネックカーディガンを着た3日分の写真があったので載せますね。印象的なカーディガンなので同じモノだということはわかりすいのですが、合わせるスカーフを毎回変えています。

この日のボトムは写っていないのですが、たしかダメージデニムを合わせていたはず。

大判のスカーフをボリュームが出るように巻いています。

2番目のコーディネートと全く一緒なのですが、ウエストにネクタイをベルト風に巻いています。

同じ服でも合わせるスカーフによって雰囲気は変わることはちょっとわかっていただけたらうれしいな。

なので、合わせる小物を変えてあげるだけでも、雰囲気が変わるので試してみてくださいねー!

歳を重ねるごとに『いいモノを長く着たい』という気持ちが強くなってきたんですよね。だからなおさら、いいモノを買って、たくさん着たいんですよね。そういう考えの方も多いんじゃないかなーって思っています。

では、では。

Grazie♡

カシミアストールの時期がやってきた

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

128年ぶりに遅い初雪だった札幌

昨日は、やっと初雪の便りが届いた札幌。八剣山ワイナリーでも夕方から雪が降ってきました。シーズン初めの雪の日の車の運転は、とにかくゆっくりになるよね。慣れるまで怖いものー。ま、慣れても冬はあまり運転したくないわたしです。

そして今朝、起きたら大粒の雪が降っていました。

https://twitter.com/naho_watanabe/status/1065021711165272064

とうとう冬がやってきたなぁという感じ。冬はね、首元に大判のカシミアストールを巻くのが定番。ストールはカシミアが一番好き。というか、ここ数年は冬はカシミアしか巻いてないな…。

Johnstones(ジョンストンズ)のストールが有名だけど、もうかなりメジャーになってしまったら、一気に熱が冷めたわたし…。笑 わたしはずっとBEGGのカシミアストール数枚を愛用しているので、Johnstonesは持っていないんです。それで、一時期欲しいなぁって思っていたけど、メジャーになりすぎると嫌になってしまう…(何このめんどくさい感じ。ニューバランスのスニーカーの時と一緒だ)

定番のチェックは持っているので(ブラックウォッチやロイヤルスチュワートとかね)、ちょっと変わったチェックがいいなぁ…なんて思っているんです。

そうそう。ちょうど家に『ヴァルカナイズマガジン』の冬号が送られてきました。ヴァルカナイズのカタログはいつもとてもステキで楽しみにしているわたし。眺めているだけでワクワクするんですよねー。

今回も好きなモノが満載のカタログでした。

カタログの中で目に留まったのがこちらのストールブランド。

『JOSHUA ELLIS(ジョシュアエリス)』というブランド。英国最古のテキスタイルブランドとして、1767年に創業したブランドらしいです。(カタログでは1771年創業とあるけど、色んなサイトを見たら1767年創業って書いてあるんだよなぁ…。どちらが正しいのかな?)

『JOSHUA ELLIS(ジョシュアエリス)』の気になる商品たち

ZOZOを見たら、セレクトショップでは結構取り扱いしているみたいですね。いいなぁと思った柄をいくつかピックアップしてみました。(画面クリックで詳細ページに飛びます)

このグレー×ライトブルー×ネイビーの配色とかたまらない!!まぁ、とにかくブルーが好きなんでね。

何かと最近気になる色であるイエロー。イエロー×ネイビー×カーキの配色だと、合わせやすそうな気がする。どうやらユナイテッドアローズ別注カラーだそう。さすがです。

こういうシックな感じも好き。これだと男性もOKでしょ?彼氏や旦那様と兼用で使うのもいいかもですー!(あ、彼女と奥様と兼用でも)

ZOZOでブランド検索したら、商品の詳細を見るまでどのショップが扱っているものかってわからないじゃないですか。それでも、『あ、いいな』と思うものがかなりの確率でユナイテッドアローズであることが多いから、やっぱりすごいなぁと思うのであります。

そんなこんなでジョシュアエリスが気になったときにパッと目に留まったのがこちらのツイート。

タイミング良くてびっくりしたけど、こういうことって結構あります。気になりだしたら、なんだか情報があつまってくるということね。それにしても東京いいなー東京。すぐに見に行くことができるじゃんか!!お近くの方はわたしの代わりに行って来てくださいましーーー。

こんなステキなブランドで、ジョンストンズの大判ストールよりも少し安価(とは言っても高いけどね!!52,000円だからね)なのがビックリだよ。いやいや、ジョンストンズが高すぎだわ。だって66,960円て………。どんどん値段が上がっていくね。ジョンストンズ、恐るべし…。

男性のみなさん、クリスマスギフトにぜひ♡

では、では。

Grazie♡

コレクションから取り入れるスカーフアレンジ【NO.2】

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

バランスよくっていうのはなかなか難しいんだよね

一度スカーフの記事を書き始めたら、毎日スカーフのことを続けて書きたくなる。でもホントは、バランスよく色んなことを書いていきたいと思っているのだけれど。気分が乗らない時は、全く書こうと思わないからね。難しいね。

このブログを書き始めてからは特に、『自分がいいと思うモノやコトを紹介したい』という気持ちがとても強くなりました。いいモノってたくさんあるけど、知られていないことが多いなぁって思って。

スカーフは大好きだし、たくさんの人に巻いてもらいたいと思ってます。スカーフを1枚取り入れるだけで、ぐっとオシャレに見えるよーということを感じてもらいたいですしね。

でも、スカーフだけじゃなくて、もっと色々なものを紹介したくて…。だからこのブログってかなり雑多な感じになってるかもなんだけど、『自分がいいなぁと思うモノ・コト』についてしか書いていないから、読んで共感していただけたら嬉しいなぁって思っています。

『TOD’S(トッズ)』2019年春夏コレクション

今日、ご紹介するのはTOD’S。レザーが多く使われているブランドですが、ラインがキレイなモノが多いんですよね。レザーだからこそあの感じが出せるんだろうなぁ。とてもステキなデザインのワンピースがありましてね。コットンで丈がもっと長ければ欲しいなぁって思ったり(ZARAがきっと作ってくれるでしょう…。笑)。

多くのスタイリングの首元に小さめのスカーフが巻かれていたのですが、スカーフというより、チョーカーの先端にスカーフがくっついているものみたいですね、多分。

以下、画像はコチラよりお借りしました。

ジャケットに使わているオレンジとスカーフが同じパターン

ジャケットの柄とスカーフの柄が(多分)同じパターン

ジャケットに使われている色のスカーフを巻くパターンとジャケットの柄と(多分)同じ柄のスカーフを巻くパターン。柄に柄でも同じ柄ならスッキリ見えます。

トップスとスカーフの色が同じパターン

 

トップスとスカーフの色が同じパターン

ボトムとスカーフの色が同じパターン

ボトムの柄の色とスカーフが同じパターン

トップスと同系色、またはボトムの同系色(柄に使われている色)のものを巻くパターン。こうやって見ていると、配色の勉強になるなぁって思うんです。特にベージュ~茶色のコーディネートは、自分ではまず着ることがない配色なんでね…。

スカーフとサンダルが白のパターン

スカーフとサンダルが黒のパターン

 

スカーフとバッグがオレンジのパターン

スカーフとバッグが白のパターン

そして、シューズやバッグなどと色を合わせるパターン。小物の色を揃えたらスッキリまとまりますよね。

 

わたしが一番きゅんとしたスタイリングはこちら。オレンジとブルーの配色が好きなんですよね。ブルーのスカーフの色がライトブルーなところもかなりツボ。すてきだなぁ…♡

今回紹介した画像で巻いていたスカーフは、1つ以外は全て無地のタイプでしたね。無地のスカーフって実はわたしは持っていないのですが、ちょっと欲しくなっちゃいました。探してみよーっと。

では、では。

Grazie♡



『POLS(ポルス)』のネクタイがかわいすぎる件

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

テキスタイルブランド『POLS』

10/16~11/4まで『光の庭』で行っていた『POLS』の展示会。10月後半はなんだかバタバタしてて全然顔を出せなくて、終了日の2日前にようやく見に行くことができました。

ホントは早めに行って、ブログでも紹介したかったのですが…。

『光の庭』のインスタを見るたびに、絶対かわいいだろうし、わたしが好きなやつだなーきっと…。という確信はあったのですが、実際に見てみると、ホントに目が♡になり、商品たちには釘付けになって、どれを買おうかと悩みに悩んでしまう有様でした。(買い物する予定じゃなかったのに…!)

あ、店内の写真、取るの忘れた…。

『POLS』は、創業1901年の先染め織物メーカー「丸萬」(兵庫・西脇市)と、テキスタイルデザイナー梶原加奈子さんとのコラボレーションにより2015年に誕生したブランドなんです。

<POLSホームページ>

『POLS』の特徴は、先染め糸によるジャガード織りというところ。伝統とモダンが融合された織り布が、とても魅力的なんです。

『光の庭』では、ストールやネクタイが展示されていたのですが、その中でも特に気になったのがネクタイなんです。

https://www.instagram.com/p/BpD1uHIHCFy/

https://www.instagram.com/p/BpQwYCxHuiY/

https://www.instagram.com/p/BpbHv6hnQ9h/

https://www.instagram.com/p/BpgFKfdHc5d/

https://www.instagram.com/p/BptPD6dnD_w/

https://www.instagram.com/p/Bpv3LAjn77Z/

https://www.instagram.com/p/Bpv3NSoH6dQ/

ユニセックスで使えるネクタイ。ネクタイは男性だけのモノじゃないですよね。そうそう、スカーフだって女性だけのモノじゃないのと一緒。

柄がとてもたくさんあって、悩みに悩みました。だってどれもとてもステキなんですもの…!

悩みに悩んで購入したのはこちら

どの柄もとても捨てがたく、悩みに悩んだあげく購入したのは、ターコイズブルーとイエローのフリンジが特徴的なこちら。

首にかけて一度結んだだけです

全ての柄と配色が好みな感じでした。フリンジ部分もかわいいし、シルバー×ネイビーのストライプもネイビー×ブルーの格子柄もわたしの好きなモノが詰まっている感じ。

色んなアレンジができますよー。

ネクタイ結びをしてみました。左右を逆にするだけで、雰囲気を変えられます。

ベルトにしてもステキ。ふわっとしたシンプルなワンピースにベルトにしてあげるといいかもー。

ただ首に掛けてあげるだけもサマになります。ジャケットスタイルにいいですよね!

お気に入り過ぎて、しばらくは巻き続けると思います。笑

一緒に正方形のストールも購入したのですが、それについてはまた次回。

こういうオシャレなネクタイをしている男性がいたら、『そのネクタイステキですね』って声を掛けたくなります(っていってもなかなか勇気が出ないことが多いけど)。ステキな巻物(ネクタイ、スカーフ、ストール)をしている方にはどうしても目がいってしまう。自分が巻物好きだから、特にそこを見てしまうということもあると思うんですが。

わたしはお洋服はシンプルなものを着たいんです。最近はユニクロでもいいと思ってますもん。でも、巻物はね、やっぱり別です。手が込んでいるものとか、作り手の熱やこだわりが感じられるものとか、肌さわりがめちゃめちゃいいものとか…。

みなさんも、身に付けるものどれかひとつには『こだわり』を持ってほしいなぁって思うんです。

『なぜそれを選んだのか?』という話を聞くのもおもしろいですよね。

ということで、また明日。

では、では。

Grazie♡

コレクションから取り入れるスカーフアレンジ

Ciao!!

スカーフ大好き、ナホです☆

WWDのTREND BOOK

WWD  JAPANの定期購読者に年に2回送られてくる『TREND BOOK』。これを見るのが好きなんですよね。すごくわかりやすくまとまっているから。

表紙は『LOEWE』のルック

まずはこれをパラパラっとみて、『お!』と思ったブランドがあったら、ネットで検索して色々見てみるというパターンが多いです。

特にスカーフが使われているブランドには目が行きますね。

今回の2019年春夏コレクションでは、スカーフはもちろんスカーフをイメージした模様を取り入れているブランドが数多くありましたよ!

CHLOÉ(クロエ)2019年春夏コレクション

まず、スカーフ柄のお洋服がたくさん使われていた『CHLOÉ』。

これは、ベルトにスカーフがくっついているみたい。バックスタイルがヒラヒラしててかわいい。手持ちのスカーフでアレンジできそうですね。

スカーフをトップスのようにするのはステキですよね。ボトムも柄物にするのはハードルが高いけど、ボトムを無地にしたら普段でも取り入れやすいと思います。ジャケットスタイルの時にぜひ取り入れてみてほしいです。

こちらはスカートがスカーフ柄。ひとつの柄ではなくて、色んな柄が組み合わさっているのがいいですよね。パッチワーク風が好きなわたしはきゅんとします♡

こちらのワンピースには一部分にスカーフ柄が使われています。こういうの好きだなぁ…。

そして最後はコチラ。トップスの袖の形がかわいいー!そしてやはりパッチワークの柄の配置とか配色が絶妙ですよね。ステキだなぁ。

スカーフをリメイクしてスカートを作ってみたいなぁ…と思いました。スカートにもチューブトップにも出来るような感じのイメージ。首にも巻こうと思ったら巻けちゃうみたいな。

裁縫は得意ではないですが、『こういうのが欲しいなー』というのを考えるのは得意です。笑 アイデアは出すので、誰か作ってくださーい!笑

では、では。

Grazie♡

Page 1 of 9

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén