以前ネットのレシピで見かけて気になっていた『パールクスクス』。気になったらとりあえず買ってみるタイプです。

珍しい食べ物が好きなナホです。

わたしが購入したのはこちら。

パールクスクスは別名イスラエルクスクスとも言われていて、通常のクスクスと同様セモリナ粉から作られている小さな顆粒のパスタ。クスクスよりは粒が大きくて、名前の通り確かに小さめのパールみたい…!ちなみにこちらはチュニジア産でした。チュニジアは小麦とオリーブの生産が盛んみたいです。

乾燥した状態はこんな感じ(こちらで100g)。

茹でるとぷっくりと膨らんでモチモチになります。標準ゆで時間15分と書いてましたが、もう少し少なめでもいいかも。お好みですけどね。

『パールクスクス レシピ』で検索すると色々なレシピが出てきますが、基本的には刻んだトマトやきゅうり、紫玉ねぎとドレッシングを混ぜ合わせるというものが多いですね。

個人的には生のトマトやきゅうり、玉ねぎが苦手なので別の野菜を使ってサラダを作ってみました。家にあったクレソンともものすけかぶに、ドレッシングはオリーブオイルとレモン汁、そしてデュカを使いました。デュカはミルがあるとカンタンに作れるので、ササッと作りましたよ。

デュカを作ってみました

お塩の量はお好みで調整してもいいかもです。小さじ1だとちょっと多いかなと思ったので、今回は小さじ1/2強にしてみました。

デュカはエジプトでよく食べられているスパイスで、オリーブオイルと一緒にサラダにかけるととても美味しいんです!そして、チュニジアには『ハリッサ』と呼ばれる調味料があるみたいで、その中身はオリーブオイル、唐辛子、クミン、キャラウェイ、コリアンダーを混ぜたものだそう。わたし食べたことあるかなぁ。どうだろう。多分好きに違いないけど。笑

手作りしたデュカにはクミンとコリアンダーを入れているので、間違いなくパールクスクスのサラダに合いましたよ…!

パールクスクスはサラダの他に、スープに入れたり、朝食用シリアルとしてお召し上がりくださいって書いてましたね。朝ごはんによさそうですね。

他にも色々な食べ方を試してみようと思います…!

では、では。

Grazie♡

The following two tabs change content below.
NAHO WATANABE

NAHO WATANABE

代表取締役株式会社STYLEZ
セレクトショップで13年間勤務後、スカーフストールスタイリスト®として、スカーフを広める活動を行っています。その他、ショップのコーディネートや広報担当、ビジネススクールの非常勤講師なども行っています。